お金を借りる友達、友達からお金を借りる時のそれぞれの対応方法は?

お金借りる 友達

友達とのお付き合いの中では、お互いにお金の貸し借りの話が出ることもあるかと思います。

 

あなたからお金を借りる友達の場合や、反対にあなたが友達からお金を借りる場合など。

 

できればそういった話はしたくはない(聞きたくはない)ところですが、お金の貸し借りに関する話は予期しないところで突然やってくるものです。

 

そこで今回は、

 

1:お金を借りる友達の心理や本音の部分は本当のところどうなのか?

 

2:友達からお金を貸してほしいと頼まれた時の対応方法

 

3:あなた自身が友達からお金を借りる時に意識したほうが良いこと

 

というように「お金を借りる友達(1と2)」と「友達からお金を借りる(3)」という場合のぞれぞれの状況に関する内容をお伝えしていきます。

 

まずはじめに、「あなたからお金を借りる友達」に関する内容からご紹介します。

 

お金借りる 友達

 

もし、「あなたが友達からお金を借りること」に関する内容をご覧になりたい場合は、

 

・友達からお金を借りる必要があなたにできた場合

 

上記↑をクリックしていただくことでその内容の記事まで飛ぶことができますので、あなたの状況に合った記事をお読みになってください。

 

それでは「あなたからお金を借りる友達」に関するお話からさせていただきます。

 

お金を借りる友達の本音ってどうなの?

お金借りる 友達

お金を借りることが躊躇なくできる友達の心理が理解できないということってありますよね…。

 

本当にお金に困っている状況であるのならまだしも、

 

・困っていないのに困っているふりをする

 

・お金を貸してほしいことを軽い感じで言ってくる

 

・お金を借りている立場なのになぜか常に上から目線(時には図々しさまで感じる)

 

などの行動を取る友達っていますよね。

 

そんな友達を見るたびに、

 

『何でそういうことができるのか、もう本当に分からない…。』

 

というお気持ちになられているのではないでしょうか。

 

お金を借りることが躊躇なくできる友達の本音ですが、一言で言えば、

 

・あなた(もしくはあなた以外の対象者)に甘えている

 

ということになります。

 

ただ、この「甘えている」ということについてもう少し細かく見ますと、あなたに対して言葉どおりに甘えているということの他に、

 

・あなたをナメている可能性がある

 

ということも含まれます。

 

本当はその友達本人にとっては良くないことではありますが、あなたに対してただ甘えているだけというのはある意味まだ可愛げがあります。

 

他の人には頼みづらくてもあなたには頼むことができたりする、ということでの「甘えている」ということならまだ良い方です。

 

ですが、あなたをナメている場合の友達の本音は、

 

・お金を返してほしいとキツくは言ってこないだろう

 

・最悪、友達でなくなっても構わない存在

 

・職場での付き合いなら、仕事を辞めた時点で関係なくなるから適当に関わっていれば良い

 

・銀行などのように審査や保証人とか必要ないから楽にお金を借りられる

 

・あわよくば、お金を借りたことをうやむやにできるかもしれない

 

などのようなことを思っています。

 

もしかしたらこういった話を聞いて、

 

『そこまでは言い過ぎ(考え過ぎ)じゃない!?』

 

とあなたは思われるかもしれません。

 

ですが、残念ながら本当です。

お金を借りる友達の特徴とは?

お金借りる 友達

上記でお伝えした話は実際に言われていることでもありますが、私自身も実際に聞いたことがある話です。

 

私自身が聞いた話の中では、先程お伝えした友達の本音のところでの、

 

・『お金を返してほしいとキツくは言ってこないだろう』

 

・『銀行などのように審査や保証人とか必要ないから楽にお金を借りられる』

 

などのような本音の部分を持っている方が特に多い傾向にありました。

 

上記の2つのような考え方を持っている方は、まずお金を借りる時点で、

 

・気が弱そうな方

 

・話しの聞き分けが良さそうな方

 

のどちらか、または両方に該当する方を自分の周りにいる人達から見分けます。

 

そのようなタイプに該当する方からお金を借りることにより、

 

・返済をキツく言われないので、お金を借りた後が比較的面倒なことにならない

 

・聞き分けが良い人であれば、万が一の時は泣きつけば良い

 

・お金を借りる際の都合の良い存在にできるかも

 

・気が弱そうな人なら、もしかしたら返済をうやむやにできるかも

 

と考えている傾向が強いという特徴があります。

 

このような考え方を本当にしているので、もうこれは人に甘えているというよりは「完全に人をナメている」と言えます。

 

だからこそ友達であってもお金を借りることが躊躇なくできるんです。

 

あなたが『なんでそんなことができるの?』と思うようなことを平気で行うことが…。

 

そもそも相手から見た場合、あなた自身が友達だと思っていても相手はあなたを本当の友達だとは思っていない可能性が高いです。

 

本当にあなたが大切な友達であれば、あなたに対して上記のような考え方を持つようなことはありませんし、お金を借りること自体しません。

 

仮にあなたからお金を借りることがあったとしても本当に困った状況の時のみであり、頻繁にお金を借りようとはしません。

 

もちろん、軽い感じで言ってくることもまずありません。

 

あなたを大切な存在として思っているのなら、

 

・自分よりも下にあなたを見る

 

・あなたの気持ちや都合などを考えない

 

・都合の良い存在のようにあなたを利用する

 

ということはしないはずです。

 

実際にあなたご自身の場合はどうでしょうか?

 

あなたにとって大切なお友達がいらっしゃる場合、あなたはそのお友達に対してこれまでお伝えしてきたような考え方や接し方をされるでしょうか?

 

本当に大切な存在であれば、相手を悲しませたり困らせたりするようなことはしないと思いますがいかがでしょうか。

こんな言葉を言ってくる友達には気をつけて!

お金借りる 友達

何のためらいもなくお金を借りることができる人には常套文句という決め台詞があったりするものです。

 

以下にその常套文句をお伝えしていきますので当てはまる友達がいた場合はご注意ください。

 

近いうちにまとまったお金が入るから

 

・給料やボーナスが入るからであったり、

 

・定期が満期になるから

 

というようにまとまったお金が近いうちに入るのでそれで返済するというのは、まさに借金癖のある人の常套文句です。

 

もちろん実際に生活をしていく中では、予期しない出費が重なってお金が必要になることもあります。

 

ですが、『近いうちにまとまったお金が入る…』というようなことを本当に借金癖のある方はよく使います。

 

そのため、そのような返済方法を理由にお金を貸してほしいと言ってきた時は十分にご注意なさってください。

 

お友達が普段どのようなお金の使い方をしているのかを振り返ってみることが大切です。

 

旅行に行きたいからお金を貸して

 

『旅行に行くためには〇〇万円必要だからお金を貸して。』

 

という理由でお金を借りようとする人もご注意ください。

 

本来であれば、旅行をすることが分かっているなら前もってその旅行代金を積み立てておくことができますよね。

 

ですが、この方はその旅行代金の積立をしていない訳です。

 

急遽旅行に行くことが決まったという場合もあるかと思いますが、自分の趣味のために使うお金を友達からは普通借りようとはしません。

 

自分の趣味ということで言えば、旅行以外の場合でも同じようなことが言えます。

 

私達(俺たち)は友達だよね

 

お金を借りるときに『私達(俺たち)は友達だよね!』という台詞を言ってきた場合も要注意です。

 

これも人に甘えている、もしくは人をナメている人間が言う典型的な常套文句です。

 

この台詞を言う人はお金を借りる時点で、

 

・返済を求められたら上記の言葉を使ってなんとかやり過ごそう

 

と思っている傾向が強いです。

 

ひどい場合には、そもそも借りたお金を返そうという意識が低いこともあるくらいというか、むしろそう思っていることがほとんど…。

 

このような人は大抵の場合、返済を求めると逆ギレします。

 

場合によっては、まだ借りたお金を返していないにもかかわらず新たにお金を貸してほしいと言ってくることも…。

 

それでこちらがちゃんとお金を返してほしいことを伝えると、

 

『私達(俺たち)は友達だよね?違うの!?』

 

というようなことを言ってきます。

 

まぁ、友達だから大目に見てよってことなのですが、

 

・お金を借りておいて返済の催促をされたら逆ギレする

 

・借りたお金を返していないのにまた借りようとする

 

・「友達だよね…」という台詞を言っておけばなんとかなる

 

という行動や考え方は、大切な存在であるはずの友達に対してはまずしないのではないでしょうか。

お金を貸してほしいと友達から言われた時の断り方は?

お金借りる 友達

あなたご自身はお金を貸したくはないと思っていても、友達からお金を貸してほしいと言われることもあるかと思います。

 

その場合の断り方を以下にお伝えしますのでご参考になさってみてください。

 

あなた自身に貸せるお金がないことを伝える

 

貸せるだけのお金をあなたご自身にもないことを伝える断り方です。

 

『私も生活が大変で余裕がないから』

 

『自由に使えるお金がないから』

 

など、どうしてもお金を貸すことができないということを伝えることで相手に対して強い断り方をしなくて済みます。

 

ですが、人によってはそれでもお金を貸してほしいと言ってくることもあるかと思います。

 

ひどい場合だと、『貯金を崩してでも貸してくれない。』と言ってくる例もあるくらいです。

 

もし仮にそのようなことを相手が言ってきたとしても、あなたは何があっても絶対に貯金を崩したり借金をしてまでお金を貸してはいけません。

 

そんなことをさせる友達は本当の友達ではありません。

 

相手がそれでも粘り強くお金を貸してほしいことを言ってきた時はハッキリと断ってください。

 

お金の貸し借りは絶対にしないようにしていることを伝える

 

『普段からお金の貸し借りそのものをしないと決めている。』

 

これは分かりやすいくらいきっぱりとした断り方となります。

 

このような言い方はキツく聞こえるため、もしかしたらあなたはこういった断り方をされるのを躊躇されるかもしれません。

 

ですが、あなたの意志を明確に伝える手段としては最適です。

 

明確に伝えることで、相手の方はあなたからお金を借りようとするのは止めようと考えることに繋がりやすいです。

 

断る時以外にも、普段からあなたはお金の貸し借りはしないことを周りの方々にアピールしておくことも有効な方法となります。

 

お金借りる 友達

 

ここまでが「お金を借りる友達」に関する内容となります。

 

以下からは「友達からお金を借りる」ことに関する内容をお伝えしていきます。

 

ですので必要なければ飛ばしてくださり、よろしければ「お金を借りる友達に関するまとめ」の部分をご覧になられてみてください。

 

 

友達からお金を借りる必要があなたにできた場合

お金借りる 友達

あなた自身もできれば友達からお金を借りることは避けたいとお考えではないかと思います。

 

自分自身で何とかすることができればそれに越したことはないですからね。

 

ですが、自分自身ではお金の管理をしっかりと行っていたとしてもやむを得ずお金が急に必要になる場面というのはあったりしますよね。

 

そんな時、誰からお金を借りようか悩まれるかと思います。

 

悩まれた結果、申し訳ないというお気持ちがありながらもあなたのお友達にお願いしようと判断された場合、

 

・どのようにすることで友達からお金を貸してもらえるか?

 

ということが気になるところではないでしょうか。

 

以下ではあなたが友達からお金を借りる時に気を付けられたほうが良いことをお伝えしていきます。

 

あなたがお金を貸す立場だったらどうお感じになられるか?

 

その点を意識されながらご参考になさってみてください。

 

必ず顔を直接合わせて相談する

 

友達からお金を貸してほしいという相談をいきなりLINEなどでされたら、あなたはどう思われるでしょうか。

 

もちろん人によって受け取り方に違いがあるとは言っても、人からお金を借りるということは決して軽い話ではありませんよね。

 

それにも関わらず、お金の相談をLINEなどでするのは「誠実さに欠けている」と判断される可能性が高くなってしまいます。

 

その結果、もうこの時点でお金を貸してもらえなくなるだけでなく、あなた自身の信用も落としてしまうことに…。

 

こうなってしまっては、お友達とはこれまでのようなお付き合いはできなくなってしまいます。

 

そんな事態を避けるためにも必ずお友達とは直接会ってお金のご相談をなさってください。

 

また、友達からお金を借りる時の理由は正直に話すことが何よりです。

 

ただ、そうは言っても本当の理由をハッキリとは言いづらいということもあるかもしれません。

 

そういった場合には、お友達が『それならお金を貸しても良いかな。』と思えるような言い訳をする必要があります。

 

もうこの時点で誠実なのかどうかということに疑問を感じられるかもしれません。

 

ですが、やむを得えず理由をハッキリとは言えないのであればその場合の言い訳を伝える必要が出てきます。

 

その言い訳について以下の記事でお伝えしていますのでご参考になさってみてください。

 

⇒ お金借りる理由や口実はどんな言い方が良いの?

 

 

返済に関することまでしっかりと伝える

お金借りる 友達

お金を借りた後の返済方法や返済期日などをしっかりと伝えることも大切です。

 

あなたにお金を貸すお友達からすれば、

 

・本当にちゃんとお金を返してくれるのだろうか?

 

・お金を返す際の方法はどうするのか?

 

・あなたが返済の計画をちゃんと考えているのだろうか?

 

ということなどが気になるところだったりします。

 

お友達の立場になって考えてみれば、あなたはお友達に対してお金を借りた後の返済方法や返済期日までを伝えてあげる必要があります。

 

そのようにされることであなたの誠意をお友達に伝えることができます。

 

間違っても、

 

・『返せる時に返すから。』

 

・『いつまでに返せるかは約束できないけど、返す気はあるから。』

 

というような誠意を感じられないことは言ってはいけません。

 

あなたでしたら、こんなことを言ってくる友達にお金を貸そうと思うでしょうか?

 

相手の立場になって考える。

 

これだけは忘れないように心がけてください。

 

借用書を作成する

 

借用書はお友達からお金を借りたことを証明することはもちろんですが、あなたの誠意を示すための証としても有効な手段です。

 

できれば借用書のことはお友達から言われるよりも先にあなたから伝えるほうがより誠実さが伝わります。

 

金額であったり、お友達の判断によっては借用書は必要ないと言われることもあるかと思います。

 

ですが、やはり1万円以上の金額となる場合はあなたの誠意を見せるためにも借用書を作成しておいたほうが良いでしょう。

 

借用書に関する注意点として、「借用書を作成しないという判断」はあなたからは絶対にしないようになさってください。

 

その判断はお友達に任せることが大切です。

 

必ず返済期日を守ること

お金借りる 友達

お金を借りる前に決めた返済期日は必ず守るようになさってください。

 

返済が遅れてしまうということは、あなたの信頼が損なわれることに即繋がります。

 

だからこそ、返済が遅れないようにするためにも、

 

・毎月のあなた自身の収支をしっかりと把握する

 

・把握したうえで、借りた金額は一括で返せるのか?毎月の返済になるのか?

 

・毎月の返済であれば、毎月いくらずつなら返済の滞りがなく返していけそうなのか?

 

といった返済計画をしっかりと立てることが重要です。

 

あなたが毎月の生活をしていくために必要なお金を確保しつつ、無理なく返済が行える範囲内で毎月の返済額を決めてください。

 

無理して返済額を多くしすぎるとあなたが大変になってしまいますし、少なすぎても返済期間が長くなることでお友達が不安に感じてしまいます。

 

ですので、あなた自身の毎月の生活に支障が出ない範囲で返済額を決められることが大切です。

 

金利について

 

お金を借りる際に金利の話になることもあるかと思います。

 

その場合、あなたから『金利はどうしたら良いかな?』という話をなさり、そのうえで金利はどうするのかという判断をお友達に任せてください。

 

そこで金利は必要ないという判断をお友達がされることもあるでしょうし、金利が必要だというのであれば金利についてお話をされると良いでしょう。

 

ただし、金利を必要以上に付けるとあなたが返済時に大変になってしまいます。

 

金利の目安は借りる金額にもよりますが「1%〜5%」辺りをめどにされたほうが良いです。

 

お友達とのお金の貸し借りで「金利が10%以上」ともなるとトラブルが発生しやすくなるのでご注意ください。

 

返済後に改めて感謝の気持ちを表す

お金借りる 友達

借りたお金を返済した後ですが、

 

・食事にお誘いしてその食事分をごちそうされたり、

 

・相手が負担に感じない程度のプレゼント

 

などを改めてなさるとより良いでしょう。

 

あなたがお金を借りたお友達の本心はどう思われているかは御本人に聞かないと分かりません。

 

ですが、お金をあなたが借りたことによりそのお友達に「お金を貸すという負担」をさせてしまっています。

 

お金の貸し借りというのは、その話が出た時点でこれまでのお互いの関係が終わることもあるくらいのことです。

 

そのため、そのお友達のお金という物理的な負担はもちろんのこと、お金を貸すという精神的な負担に対するケアもしてさしあげることが大切です。

 

『お金を返したんだからこの話はもう終わり!』

 

ではなく、そういった感謝の気持ちを表されることであなたの誠実さを伝えることもできます。

 

万が一断られても友達を責めない

 

あなたがどれだけ誠実にお話しをしても、お友達があなたにお金を貸すことを断られることもあるかと思います。

 

ですが、たとえ断られたとしても決してそのお友達を避難したり攻めるようことだけはしないようにしましょう。

 

そのお友達にも何かしらの事情があるでしょうし、そもそもお金の貸し借りを嫌がる方かもしれません。

 

あなたもお金が必要だからこそお友達にご相談されたわけですが、お友達を非難するようなことだけは絶対に止めましょう。

 

あなたが同じようなことを友達にされたら、あなたはどうでしょうか?

 

今までのような気持ちでそのお友達と向き合えるでしょうか?

 

十分にご注意ください。

 

万が一お友達から断られた場合は、別のお友達やご家族などに頼るという方法もあるでしょう。

 

ですがあなたご自身が、

 

『もう、お金のことで人に相談するのはちょっとね…。』

 

という場合でしたら消費者金融やなどを利用するという方法もありますのでご利用のご検討をされてみるのもいかがでしょうか。

 

当サイトでは、初めてご利用される方でも安心してご利用いただけるおすすめの消費者金融をご紹介していますので、よろしければご参考になさってみてください。

 

⇒ お金借りる前に比較チェック!

 

 

万が一、消費者金融をご利用いただけない場合でしたら、給料ファクタリングのご利用もお考えになられてみてください。

 

もし、給料ファクタリングを初めて聞かれた場合は、

 

『給料ファクタリングって何?なんだか聞き慣れなんだけど…。』

 

と思われて不安に感じられるかもしれません。

 

給料ファクタリングに関しましても当サイトでは詳しくお伝えしていますので、よろしければ以下の該当記事をご覧になられてみてください。

 

⇒ 給料ファクタリングでおすすめなのはココ!即日に現金受取も可能です!

 

 

お金借りる 友達

 

ここまでが「友達からお金を借りること」に関する内容となります。

 

以下からは「まとめ」に関する内容をお伝えしていきます。

 

まとめの始めの部分は「お金を借りる友達に関すること」をお話しています。

 

そのため必要なければ飛ばしてくださり、よろしければ「友達からお金を借りることに関するまとめ」の部分をご覧になられてみてください。

 

まとめ

お金借りる 友達

本ページのまとめを行っていきます。

 

まずはじめに「お金を借りる友達」に関するまとめからです。

 

お金を借りる友達に関するまとめ

 

お金を躊躇なく借りることができる友達の本音や特徴などをお伝えしてきました。

 

残念ながらではありますが借金癖のある方というのは、

 

・お金の管理が苦手で、お金の使い方に対する計画性がない

 

・見栄っ張り

 

という方がほとんどです。

 

場合によってはギャンブルやお酒に対して依存症となっている方もいます。

 

そのため給料などが入ったり、誰かからお金を借りたとしてもすぐにお金がなくなってしまいます。

 

ですのでまたお金を誰かから借りようとしますし、そういった流れがずっと続いていくことになってしまいます。

 

あなたはそのような流れの中に巻き込まれてはいけません。

 

そういった流れに巻き込まれないようにするためには、友達から頼まれてもお金を貸さないことが大切です。

 

ただ、それでもお金を貸してあげようとあなたは思われることもあるかもしれません。

 

その場合はそのままお金を貸さないようにしてください。

 

お金を貸す場合は「借用書を必ず作る」ようになさってください。

 

⇒ 借用書の書き方ってどう書くの?

 

 

また、お金を渡す時は直接手渡しするのではなく、銀行など相手の口座に振り込む形にしましょう。

 

そのようにされることでお金のやり取りがあったことを預金通帳に記録することができます。

 

その記録は、後でお金を借りていないとシラを切られた時の証拠にもなります。

 

お金を貸した後の注意点として、一度お金を貸してしまうと相手はまたお金をあなたから借りられると考えます。

 

ですので可能であれば、その友達とは一度距離を置くということも大切です。

 

あくまでも距離を置くことができればですのでご無理はなさらないでください。

 

ですが、それだけ「お金を貸す」ということは後々が大変(面倒なこと)になる可能性があるということは忘れないでください。

 

あなたにとってその方が本当に大切な友達であるのなら、断る時はきっぱりと断りましょう。

 

もしそれであなたのことを避難してきたり、周りの人にあなたのことを悪く言うようであれば、

 

・その方はあなたにとって本当の友達ではなかった

 

ということですからその方とのお付き合いを改めてお考えになられてみてください。

 

中途半端な情けはあなたご自身を苦しめてしまうことになってしまいます…。

 

あなたご自身のためにも「断る時はきっぱりと断る」という勇気をお持ちになってください。

 

 

※ここまでが「お金を借りる友達に関するまとめ」となります。

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

 

友達からお金を借りることに関するまとめ

 

友達からお金を借りる際に気を付けられたほうが良いことを本ページではお伝えしてきました。

 

まず、万が一あなたが友達からお金を借りることになったとしても、

 

・相手の立場になって誠実に話しをしていく

 

ということを心がけられることが大切です。

 

これまでにお伝えしてきました、

 

・必ず顔を直接合わせて相談する

 

・返済に関することまでしっかりと伝える

 

・借用書を作成する
※借用書の書き方で抑えるべきポイントとは?

 

・必ず返済期日を守ること

 

・金利について

 

・返済後に改めて感謝の気持ちを表す

 

・万が一断られても友達を責めない

 

ということをあなたがお友達からお金を借りることになった際は強く意識なさることが重要となります。

 

あなたがお友達にお金を貸してほしいことを伝えている時、

 

「お友達がどんな想いであなたの話を聞いているのか」

 

ということを忘れないであげてください。

 

もし断られたとしてもお友達を非難したり責めることなく別の方法をご検討なさってみてください。

 

お友達との今後の関係を考えるのであれば、銀行や消費者金融を利用することでお互いの関係にヒビが入ることを防げるかもしれません。

 

お互いの関係にヒビが入ってしまったら、もう今までのようなお付き合いはできなくなりますからね…。

 

そういったことにならないようにするためにも、

 

『どうしてもお金を用意したいけど、やっぱり友達にお金を借りるのはできるなら避けたい。』

 

ということでしたら、消費者金融や給料ファクタリングのご利用をご検討なさってみてください。

 

もしかしたらあなたは、消費者金融や給料ファクタリングに対してあまり良いイメージを持たれていないかもしれません。

 

そして、それは残念なことではありますが、確かに怪しい所というのは実際に存在します

 

ですが、当サイトでは初めての方でも安心してご利用いただける優良会社をご紹介しています。

 

お友達からお金を借りるのを避けることができ、あなたにとって必要なお金を用意することができる方法となる消費者金融や給料ファクタリング。

 

あなたの不安を少しでも解消されるためにも、よろしければ以下の該当記事をご覧になられてみてください。