お金借りる時の頼み方ってどうしたら…

お金借りる 頼み方

お金を借りる時の頼み方についてはどのようにすると良いのかというのは、あなたも悩んでしまうところではないでしょうか。

 

お願いの仕方や言葉の伝え方によっては自分自身の信用を失ってしまう可能性もありますからね…。

 

こちらでは、お金を借りる時の頼み方やその際の注意点などをお伝えしていきます。

 

『頼み方があまり良くなかったかも…。』

 

このような後悔をされないよう本ページをぜひご参考になさってみてください。

 

お金借りる時の頼み方は何がベストなの?

お金借りる 頼み方

実際にお金を借りるとなった時の頼み方ではどんな方法が良いのかですが、

 

・お願いをする方と直接会い誠実な態度で正直に理由を話すこと

 

・相手のことを思いやる気持ちも忘れないこと

 

ということが何よりも大切です。

 

嘘をついていたり、何かを隠しているかもしれないと思ってしまうような人にお金を貸そうとはあなたも思わないですよね。

 

また、相手のことを思いやれない自分勝手な人というのも、心から信頼できる人と言えるかと言いますと疑問が残りますよね…。

 

本当にシンプルなことですが、お金を借りる相手の立場になって考えれば、身勝手で誠実さも感じれない人には不信感や不安を抱いてしまうだけです。

 

お金は大切なものですので、貸したお金が返ってこないかもしれないと思うのは辛いですからね。

 

ですので、あなたご自身にとっては、

 

『本当の理由を話したくはない…。』

 

と思われるところがあったとしても、できる限り正直にお金を借りなくてはいけなくなった理由を話されるようになさってください。

 

とは言え、話す理由の中には「ギャンブル」や「お酒」、「明らかな無駄遣い」など、正直に話すことがかえって信用を失ってしまう理由もあります。

 

そのため、あなたが話す本当の理由によっては別の理由を伝えたほうが良いこともあったりします。

 

まぁ、この時点で誠実さという点で言えば、相手の方に対しては心苦しい状況になってしまいますが…。

 

それでもお金を借りなくてはいけないというのであれば、それなりの理由を用意しないといけません。

 

また、用意する理由もお願いする相手によって合わせたほうが良いこともあります。

 

身内に話をする場合

お金借りる 頼み方

あなたの身内に当たるご家族の方などにお願いする場合、ご両親やご兄弟によってもお金を借りる時の頼み方を変えたほうが良かったりします。

 

例えばですが、あなたがお父さんに頼まれる場合でしたら、

 

・お仕事に関係した話を理由にする

 

ということをされると理解されやすく、話を聞いてもらいやすくなる可能性があります。

 

お仕事に関することで言えば、「同僚の方などと飲みに行ったりする」といったお付き合いというものがあるかと思います。

 

このお付き合いというのはお仕事をしていく上では大切なことだったりしますよね。

 

必ずしも全ての誘いに付き合わなくてはいけないわけではありませんが、一切誘いには付き合わないというわけにもいかないですからね。

 

このようにお仕事に関することでは、お付き合いをした結果、今月のお金が足りなくなってしまったというやむを得ない状況というものが発生します。

 

世間一般的で言えば、お父さんというのはお仕事をされている場合が多いかと思います。

 

ですのでその分、お仕事に関する話に対しての理解というのは深い傾向にあります。

 

そうしたことから、お仕事に関する内容のことを理由にすることにより話を聞いてもらいやすくなる可能性があるわけです。

 

もちろん、お仕事に関することを理由にしたとしても必ずお金を借りられるとは限りません。

 

また、お金を借りることができたとしても、何かしらの小言を言われてしまうこともあるでしょう。

 

ですが、小言を言われてしまったとしても言い返したりするのだけはやめましょう。

 

そんなことをしてしまっては、せっかくのお金を借りられる機会を失ってしまうことになってしまいますので、そこはグッと我慢なさってください。

 

お父さん以外にお願いをされる場合では、

 

・「お母さん」…生活に困ってしまっている状況を伝える

 

・「ご兄弟」…理由も大事ですが、返済時のことを具体的に伝える

 

というところを重視なさってください。

 

お母さんの場合は結局の所で言えば、生活費が足りなくなってしまったということが理由になります。

 

ですので、お父さんに話す時と近い状況ではあります。

 

ただ、お仕事の付き合いに関することよりも、生活に困っていることを強調されたほうが話が伝わりやすい傾向にあります。

 

ご兄弟にお願いをされる場合は、理由に関しましては、お父さんやお母さんに話される内容の理由で良いでしょう。

 

ですが、ご兄弟に対しては理由も大事ではありますが、「返済日や返済方法を必ず決めて伝える」ことの方がより重要となります。

 

お父さんやお母さんとの間でもトラブルは起きますが、お金の貸し借りということで言えば、ご兄弟間でのトラブルというのは起きやすいです。

 

ご兄弟というのは話をしやすい分、甘えが生じやすい傾向にあります。

 

もちろん各ご家庭によってそれぞれの人間関係の状況に違いはあるかと思います。

 

人によっては、お母さんの方が話しやすかったり甘えやすいということもあるでしょう。

 

ですがご兄弟というのは距離が近い分、甘えが生じやすかったりしますので、返済時のことはしっかりと詳細に決めておくことが大切です。

友達に話をする場合

お金借りる 頼み方

お友達にお願いをされる場合は、

 

・やむを得ない事情が起きてしまったことを理由にする

 

ということをされたほうが話を聞いてくれやすいでしょう。

 

例えばですが、「冠婚葬祭」に関することです。

 

特にお葬式に関しましては急な出費になってしまいます。

 

そのため、あなたご自身が計画的にお金を使っていたとしてもやむを得ない状況になりやすいです。

 

また、結婚式ではご祝儀以外にも二次会などに参加するための参加費が必要になることもありますよね。

 

結婚式はおめでたい事ですので、こういう言い方は適切ではないかもしれませんが、ご祝儀だけでもそれなりの出費となるかと思います。

 

さらにそこへ二次会などへの参加となりますと、出費の負担は増えてしまいますが、お付き合いを考えると参加しないわけにもいきませんよね。

 

そういったことから、やむを得ずという感じや緊急性が伝わりやすい冠婚葬祭はお金を借りる理由にしやすいということがあります。

 

ただ、いくら冠婚葬祭がお金を借りる理由にしやすいと言っても何度も使える方法ではありません。

 

お葬式も重なることもありますが、そう何度も頻繁にお葬式を理由にされた場合ですと相手の方に疑われてしまう可能性が高いです。

 

結婚式を何度も理由にするのもお葬式と同様に注意が必要です。

 

特に結婚式は前から予定が分かっているため、お金の準備を前もって行うことができますよね。

 

それにも関わらず、そこで結婚式のためのお金がないとなりますと、あなた自身への信用問題に繋がりやすいですのでご注意ください。

 

お金を借りることを頼む時に注意すべきこと

お金借りる 頼み方

お金を借りる時に行うこととして、どうしてお金を借りなければいけなくなったのかという理由を伝えることはもちろん大切なことです。

 

ですが、理由以外にも「返済する時のことを詳細に伝えること」も重要だったりします。

 

あなたの話を聞いている相手の方は、お金を貸すことになった時、ちゃんとお金が自分のもとに帰ってくるのかという不安があります。

 

相手の方に少しでも誠意を伝えるためにも、

 

・「一括返済」なのか「複数回に分けての返済」になるのか?

 

・複数回に分けるのであれば、その返済回数は何回ほどになるのか?

 

・複数回での返済である場合、毎月1回ずつの返済なのか?

 

・毎月1回ずつの返済なら、1回あたりの返済額はいくらになるのか?

 

・上記の返済方法を踏まえて、返済期日はいつ頃になるのか?

 

といったことなどをできる限り詳細に伝えてさしあげてください。

 

あなたが詳細に返済方法や返済期日などを伝えることで、相手の方はあなた自身が返済のことまでしっかりと考えていると理解されやすくなります。

 

理解されやすくなるということは信頼もされやすくなりますので、あなたの話に耳を傾けてくれる可能性も高まりやすくなります。

 

あなたが誠実な態度をもって話をしているということをより相手の方に理解してもらうためにも、借用書を用意するとなお良いでしょう。

 

ただ、あなた自身に全くその気がないのに、とりあえずという気持ちで返済方法などを詳細に伝えるふりをするというのだけはやめましょう。

 

いざ返済するとなった時にすぐにボロが出るでしょうし、あなた自身に対する信用は一気になくなってしまうことでしょう。

 

そうなってしまっては、もう二度とその方にお金の貸し借りの話はできないでしょう。

 

しかもそれだけでなく、その方から周りの方へあなたの評判が広まってしまう恐れもあります。

 

そのようなことにならないよう、誠実な態度で相手の方にお話をされるようになさってください。

 

周りの人に頼らないという方法も考えてみる

お金借りる 頼み方

ご家族やご友人などにお金を借りるために頼み事をするというのは、あなたご自身も本意ではないと思われているかもしれません。

 

もし、できれば周りの方には頼らずになんとかできないかと思われていましたら、他の方法もご検討されてみるのも一つの手です。

 

例えばですが、あなたのお部屋にある物の中で不要な物はありませんか?

 

不要な物がある場合、フリマなどで売ることによってお金を作ることができます。

 

物を売って得たお金があなたご自身が望まれる金額に達するかどうかは分かりませんが、お金を作る手段としては行いやすい方法です。

 

他にも短期バイトを行うという方法なども考えられますが、あなたにとって、

 

『フリマやバイトなどでお金を作ることは難しい…。』

 

という場合もあるかもしれません。

 

そのような状況でしたら、金融機関等をご利用になるという方法もあります。

 

消費者金融によっては即日融資を受けられる所もあります。

 

お申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなってしまうこともありますが、タイミングが合えば即日融資も可能です。

 

そのため、緊急でどうしてもお金が必要になられた場合でしたら、消費者金融のご利用もご検討なさってみてはいかがでしょうか。

 

お金借りる時の頼み方に関するまとめ

お金借りる 頼み方

今まで良好な関係を築いていたとしても、お金の話をした途端にそれまでの関係が壊れてしまうということはよくある話です。

 

ですので、お金の貸し借りの話をされる場合は、その相手の方との関係が壊れてしまう可能性があることを覚悟なさってください。

 

もし、大きな関係の崩れがなかったとしても、あなたご自身は相手の方のことを思いやりながら誠実にお話をされることを常に心がけてください。

 

もちろんですが、お金を借りた後もしっかりとお金を返していくことや誠実な態度で接していくことも忘れないでください。

 

ここまでお金を借りる時の頼み方についてお伝えしてきましたが、

 

『やっぱりどうしても人には頼りたくない…。』

 

という思いがございましたら、先ほどお伝えしました方法などでお金を用意されることをご検討なされてみてはいかがでしょうか。