お金借りる必要性が債務整理をしてからできた場合…

お金借りる 債務整理

『債務整理をした場合でもお金を借りることはできるのかな?』

 

このようなお考えをあなたはお持ちではありませんか?

 

自分自身の力では返済することができないところまで借金が膨らんでしまい、やっとの思いで債務整理を行った。

 

債務整理を行われた時には、

 

『もうこんな目に遭うのは二度と嫌だ!』

 

『借金をするのはもうやめよう。』

 

『借金をしないようにする生活をしていくことを心がけよう。』

 

上記のような思いや決意をあなたもされたかと思います。

 

ですが、債務整理をしてからも生活をしていく中ではお金が必要になる場面というのはあったりします…。

 

本ページでは、

 

・債務整理をしてもお金を借りられるのかどうか?

 

・債務整理中にお金を借りようとした時の注意点

 

などをお伝えしていきますので、ぜひご参考になさってみてください。

 

お金借りるのは債務整理を行っていてもできる?

お金借りる 債務整理

お金を借りることは債務整理をしても可能なのかどうかですが、絶対にできないというわけではありません。

 

絶対にできないわけではありませんが、本ページでは特に「債務整理中」である場合はお金を借りることはしないようにされることを強く推奨します。

 

どうして債務整理中にお金を借りようとしてはいけないの?

 

基本的には、大手の消費者金融や銀行などをはじめとする金融機関などでは債務整理中にお金を借りられる所はまずありません。

 

なぜなら、少しキツイ言い方になってしまうかもしれませんが、債務整理を行った場合のあなたご自身の経済的信用はなくなってしまっているからです。

 

そのため、新規の借り入れやすでに利用している所での新たな借り入れなどの申し込みを行ってもまず審査に通らないと思ってください。

 

ただ、上記でお伝えした所ではお金を借りることができなくても、中小の消費者金融であれば借り入れが可能な所もあったりします。

 

「あなたの状況や相談内容によって」という条件付きではありますが、お金を借りることができる可能性のある所があります。

 

ですので、債務整理中であってもお金を借りることは絶対にできないわけではないということを最初のところでお伝えしました。

 

ですが、同時に「特に債務整理中の場合にはお金を借りようとしてはいけない」ということもお話しました。

 

その理由をお伝えしていきます。

 

債務整理の話し合いに応じてもらえなくなる

 

債務整理をあなたが行う場合、あなたが利用している消費者金融や銀行などの金融機関と話し合いを行うことになります。

 

その話し合いの内容とは、

 

・あなたの借金を減額する、もしくは免除する

 

といったことに関する内容です。

 

あなたにとっては借金を何とかするための話し合いとなりますが、消費者金融などのお金を貸した側からすると、

 

・本来得られるはずの利息分を得られない

 

・利息分を得られないどころか、貸したお金そのものが全額返ってこない

 

といった話し合いに応じるということになります。

 

つまり、お金を貸した側からすれば、債務整理の話し合いに応じることは「一切の得はなくただ損をするだけ」となります。

 

それにも関わらずあなたが他の所で新たにお金を借りた場合、その契約内容は、

 

・「借入金額+利息」の返済を行っていく

 

といった一般的な借り入れ内容で契約を行うことになりますよね。

 

この状況、債務整理の話し合いに応じている消費者金融や銀行などの金融機関側から見た場合はどうでしょうか?

 

不公平だと思いませんか?

 

利息分を得られないだけでなく、貸したお金が全額返ってこないという、ただ損をするだけの状況です。

 

一方、あなたが新たに借り入れを申し込んだ所はと言いますと、

 

・貸したお金がちゃんと返ってくるだけでなく、利息分もしっかりと得られる

 

といった状況となります。

 

どう考えても債務整理の話し合いに応じている所の方が明らかに損をしていますよね。

 

そのため、債務整理中にあなたの新たな借金が判明した場合、債務整理の話し合いに応じていた消費者金融や銀行などは話し合いに応じなくなります。

 

話し合いに応じてもらえなくなるということは、その場所での借金の減額や免除に関する話し合いそのものがなくなってしまうことになります。

 

その結果、借金の減額や免除もなく、これまで通りの返済をあなたはその消費者金融や銀行などに行っていかなくてはならなくなります。

 

いかがでしょうか?

 

債務整理中に新たな借り入れを行うことのリスクをご理解いただけましたでしょうか?

 

ここまでのお話をしましても、もしかしたらあなたは、

 

『リスクがあるのは分かったけど、バレなきゃいいだけだから大丈夫。』

 

と、債務整理中であっても新たな借入を行おうと思われるかもしれません。

 

ですが、やめておきましょう。

 

と言いますのも、債務整理中の新たな借り入れがバレた場合、そのリスクは債務整理の話し合いに金融機関などが応じてくれなくなるだけではありません。

 

実は他にもあなたにとって大きなリスクがあるんです。

 

最悪の場合、自己破産の免責が不許可になる

お金借りる 債務整理

もし、あなたが自己破産の申請をしている状況で新たな借入を行ったことがバレてしまった場合、自己破産の免責許可が下りない可能性があります。

 

自己破産というのは、借金の返済のための支払いがどうしてもできなくなった方が行うという、本当に最終的となる手段です。

 

債務者が借金で大変な思いをする生活から抜け出し、再出発をするための最後の手段と言える自己破産。

 

その自己破産の免責許可が下りなかったらどうなるでしょうか?

 

もちろんですが、それまでの借金は帳消しになることもなく、そのまま残ることになります。

 

借金の返済ができないところまであなたは追い込まれている状況だからこそ自己破産の申請を行われたわけですよね。

 

それにも関わらず、その自己破産の免責許可が下りなくなってしまうんです…。

 

もしそんな状況になってしまった場合、あなたはどうでしょうか?

 

今回は自己破産の申請を行った時に新たな借入がバレてしまった場合としてお伝えしましたが、なにも自己破産だけに当てはまるわけではありません。

 

債務整理には「自己破産」以外では主に、

 

「任意整理」/「「個人再生」/「特定調停」

 

などの種類がありますが、どの種類に対しても自己破産と同様のリスクがありますのでご注意ください。

 

依頼をしていた弁護士などとの契約が打ち切られる

お金借りる 債務整理

債務整理中に新たな借入を行い、それがバレた場合のリスクは上記でお伝えしてきた内容の他に、

 

・依頼をしていた弁護士などから契約を一方的に破棄される

 

というリスクもあります。

 

あなたが債務整理の手続きを行うと決めた時に、その手続きの依頼を弁護士や司法書士などにするとします。

 

その際ですが、債務整理の手続きを正確にしっかりと行うためにも、あなたのこれまでの借金の状況というのを全て正直にお話する必要があります。

 

そして、あなたがお話をされた内容に沿って債務整理の手続きが進められます。

 

ですが、もしあなたがそんな状況の最中で新たな借入を行いそれがバレた場合、弁護士などから契約を一方的に破棄される可能性があります。

 

簡単に言えば、あなたが契約違反を行ったため、その契約を解約されることになるということです。

 

弁護士などはあなたの話に沿って、債務整理に応じるよう消費者金融などとの話し合いを行ったり、債務整理の手続きなどを行っていくわけです。

 

それなのに、あなたが債務整理中にも関わらず新たな借入を行うことで、

 

・消費者金融などが債務整理の話し合いに応じてくれなくなる

 

・自己破産手続きが無効になる

 

といったことなどが起きてしまうだけでなく、その依頼をした弁護士などの顔にも泥を塗ることになってしまいます。

 

つまり、あなたはその弁護士などに対して不利益となってしまうことを行ったということです。

 

その結果、あなたとの契約を解約されてしまうことになります。

 

もちろんですが、債務整理の手続きを依頼をした際にかかった費用は全額請求されますし、それをあなたは支払わなければなりません。

 

たとえ、あなたがお金を支払うことができない状況にあってもです。

 

しかも、請求された費用を全額支払ったとしても、債務整理の手続きに関する状況は何も変わっていません。

 

それでも債務整理の手続きを進めたい場合は、あなた自身で手続きを進めていくか、また新たに弁護士などに依頼をすることになります。

 

当然ですが、弁護士などに依頼すれば、またその際にかかった費用の支払いを行わなくてはなりません。

 

このように、債務整理中に新たな借入を行った場合のリスクはこれまでお伝えしてきましたように大きなリスクばかりです。

 

『バレなきゃいい。』

 

『バレない可能性にかけてみる。』

 

そういった理由で債務整理中に新たな借入を行った結果、あなたにとって「最悪な結果」になる可能性があります。

 

ですので、決して安易に債務整理中にも関わらず新たに借金を積み重ねるということはしないよう本ページでは強く推奨しているというわけです。

 

ただ、ここまでお伝えしたにも関わらず、それでもあなたはリスクを承知の上でさらにお金を借りることを考えられているかもしれません。

 

下記のページでは、債務整理中でもお金を借りられる可能性のある中小の消費者金融をご紹介しています。

 

中小の消費者金融の紹介だけでなく、中小の消費者金融を利用する際の注意点などもお伝えしていますので、よろしければご覧になってみてください。

 

ただ、あくまでも本ページでは債務整理中の新たな借入はしないように強く推奨していますので、中小消費者金融のご利用は自己責任でお願いします。

 

⇒ 中小の消費者金融を選ぶならどこが良い?

債務整理中の期間はどれくらいになるの?

お金借りる 債務整理

債務整理と一言で言っても、債務整理には主に、

 

「任意整理」/「「個人再生」/「特定調停」/「自己破産」

 

などの種類に分けられます。

 

一般的には債務整理中といわれる期間は、「弁護士などを通じて手続きを開始してから借金の返済を完遂するまでの期間」のことを言います。

 

自己破産の場合は、「手続きを開始して裁判所から免責許可が下りた時点まで」が債務整理中の期間となります。

 

まず、各それぞれの手続きを開始してからそれを認められるまでの期間をお伝えしますと、

 

・任意整理…「約3ヶ月

 

・個人再生…「約6ヶ月

 

・特定調停…「約4ヶ月

 

・自己破産…「3ヶ月〜6ヶ月間(1年近くかかる場合もある)

 

となります。

 

次に任意整理と個人再生、特定調停の手続きが認められてからの返済期間をお伝えしますと、その返済期間は3種類とも原則3年となっています。

 

ただ、返済状況によっては各それぞれ5年まで延長することも可能です。

 

ここまでのことをまとめますね。

 

手続きが認められるまでの期間と借金の返済期間を合わせた、各それぞれの債務整理中に当たる期間というのは、

 

・任意整理…「3年3ヶ月〜5年3ヶ月

 

・個人再生…「3年6ヶ月〜5年6ヶ月

 

・特定調停…「3年4ヶ月〜5年4ヶ月

 

・自己破産…「3ヶ月〜6ヶ月間(1年近くになる場合もあり)

 

程となります。

 

あくまでもおおよその目安としてということですので、それをご理解された上でご参考になさってくださいね。

債務整理後ってどういう状況のことを言うの?

 

債務整理後というのは、先程お伝えしました債務整理中の期間を経て、借金の返済を完遂した後のことを言います。

 

自己破産の場合は、裁判所にて免責許可が下りた後となります。

 

債務整理後は、信用情報機関と呼ばれる所であなたの債務整理の記録が登録されます。

 

信用情報機関には「CIC」・「JICC」・「JBA」の3つの機関があります。

 

※JBAは「KSC」と呼ばれる場合もあります。

 

各債務整理の種類による、信用情報機関への登録期間はそれぞれ、

 

・任意整理…「JICCで5年間

 

・個人再生…「JICCで5年間/JBAで10年間

 

・特定調停…「CIC・JICC・JBAで5年間

 

・自己破産…「CIC・JICCで5年間/JBAで10年間

 

となっています。

 

ただ、注意点として、上記の各信用情報機関の登録期間は「あくまでも基本的な期間」として考えてください。

 

どういうことなのかご説明します。

 

実を言いますと、実際の各信用情報機関によるあなたの債務整理の記録が登録される期間は、

 

上記の「基本的な期間」+「借金の返済を完遂した期間」

 

となります。

 

例を一つ挙げますと、あなたが特定調停の手続きを行って借金の返済を行い、その返済期間が3年だったとします。

 

この場合、特定調停の各信用情報機関である「CIC」・「JICC」・「JBA」の基本的な登録期間は《5年間》です。

 

そこに借金の返済を完遂した期間である《3年間》がプラスされますので、

 

実際にはあなたの債務整理の情報は【8年間】登録される

 

ということになります。

 

お分かりになられましたでしょうか?

 

もしあなたが本サイト以外に他のサイトをご覧になられていた場合、他のサイトでは、

 

・各信用情報機関の登録期間は5年〜8年(場合によっては10年ほど)

 

というような伝え方をされているのをご覧になられたことがあるかと思います。

 

そのような伝え方をされているのは、本ページでお伝えしたような理由があって、おおよそこれくらいの期間ですと伝えられているのかと思います。

 

信用情報機関に関する記事は以下でお伝えしていますので、よろしければご覧になってみてください。

 

⇒ お金借りる時の審査通らない理由|どんな人が落ちやすい?

 

債務整理の種類って何?

お金借りる 債務整理

ここまで、債務整理の主な種類として、

 

・任意整理

 

・個人再生

 

・特定調停

 

・自己破産

 

の4種類をお伝えしてきました。

 

ただ、この4種類にはどんな違いがあるのかという疑問をあなたは持たれるかもしれません。

 

ですので、簡単ではありますが各債務整理の種類について解説していきますね。

 

イメージとしましては、任意整理から自己破産に向かうにつれて、債務状況の悪化度が増していくと思ってください。

 

任意整理

 

任意整理は、債務状況の悪化度では一番低い状況になりますが、低いと言っても債務者からすればその状況は苦しいものとなります。

 

一般的な利用者のように返済をしていくことが難しい状況になっているわけですからね…。

 

任意整理は簡単に言いますと、「借金の利息分をカットして元金のみを返済していく」という形になります。

 

ですので、金利の負担さえなくなれば返済をしていくことができるという方の場合に適した手段と言えます。

 

反対に、元金だけでもかなりの金額となっている場合は、任意整理はあまり効果がない手段となります。

 

個人再生

 

個人再生は、自己破産ほどではありませんが、借金の返済額を大幅に減額することができる手段です。

 

自己破産の場合は、持ち家や自動車の保有は認められませんが、個人再生はそれが認められます。

 

つまり、持ち家や自動車の売却をすることなく借金の返済を行うことができるというわけです。

 

個人再生はいわば、任意整理と自己破産の中間に位置するような手段ということになります。

 

自己破産のように返済のために全てを手放すことはしたくないけど、任意整理のように金利のカットだけでは返済が苦しい。

 

借金の返済額を減らせることができれば、なんとかその残りの返済分を返していくことができる。

 

個人再生はこのような状況の方に適した手段と言えます。

 

特定調停

 

任意整理の内容とほぼ同じとなる手段となりますが、任意整理とは手続きの仕方に違いがあります。

 

まず、任意整理の場合ですが、裁判所を通さずに消費者金融などと直接交渉していく形となります。

 

一方、特定調停は裁判所が仲裁に入った状況で消費者金融などと交渉をしていきます。

 

裁判所を通じて交渉を行っていくことにより、弁護士などに依頼することなく自分自身のみで手続きを進めていくことができます。

 

そのため、弁護士などに支払う手数料なども必要ないため、金銭的な負担を少なくすることが可能となります。

 

ですが、特定調停は裁判所を通じて手続きを進めていくため、その度に裁判所に足を運ぶ必要があります。

 

仕事がある日が裁判所に出廷する日と重なれば、その日は仕事を休まなければならなくなります。

 

さらに、そういう生活が数ヶ月に及ぶのが一般的だったりします。

 

任意整理と比べて手続きにかかる費用は抑えることができるが、仕事や生活に対しては負担が大きくなるというのが特定調停の特徴となります。

 

自己破産

 

自己破産は、持ち家や自動車など財産に当たるものを全て手放したうえで、借金が全額免除になる手段となります。

 

借金が全て免除になるため、借金地獄に陥っていた状況から生活を立て直すことができるようになります。

 

まさに債務者にとっての最終手段となるのが自己破産です。

 

ただその分、自己破産後の信用情報機関への債務整理情報の登録期間は、債務整理の種類の中でも最長となります。

免責確定後であれば、社会福祉協議会への相談も可能!

お金借りる 債務整理

お金を借りるための方法というのは、消費者金融や銀行などの金融機関だけはありません。

 

債務整理の手続きを行って、それにより免責されることが決まった状況の場合のみとなりますが、公的な制度を利用するという方法もあります。

 

その制度とは「生活福祉資金貸付制度」というものです。

 

生活福祉資金貸付制度というのは、

 

・低所得者/高齢者/障害者

 

の方々を対象とし、やむを得ずお金が必要になっている時に経済的な支援を行っていくという公的な支援制度です。

 

この生活福祉資金貸付制度に関する窓口は「社会福祉協議会」が行っています。

 

ただ、生活福祉資金貸付制度を利用する際の注意点として、債務整理中は利用できません。

 

あくまでも免責が確定された「債務整理後」となりますので、その点はご注意ください。

 

社会福祉協議会は各都道府県や市町村などに設置されていますので、お住いの地域にある社会福祉協議会にご相談なさってみてください。

 

ご参考までに、全国社会福祉協議会の公式サイトでは、各都道府県にある社会福祉協議会のホームページが以下にまとめられています。

 

ですので、よろしければご覧になってみてください。

 

⇒ 都道府県・指定都市社会福祉協議会のホームページを確認してみる

自己破産や個人再生を行った場合の注意点!

お金借りる 債務整理

もしあなたが自己破産や個人再生を行ったという場合には注意すべきことがあります。

 

その注意すべきこととは、

 

闇金業者からダイレクトメールが届くようになる

 

闇金業者から融資の利用に関する電話がかかってくるようになる

 

といったことなどです。

 

自己破産や個人再生を行いますと、国が発行している「官報」というところにあなたが自己破産をしたという記録が掲載されることになります。

 

そして、官報は誰でも閲覧することができるため、闇金業者は常に官報をチェックしています。

 

他のどんな業者や人よりも入念にです。

 

そのため、あなたが自己破産や個人再生をしたことが闇金業者に知られてしまった場合には、闇金業者から積極的にあなたへの接触を図ってきます。

 

ダイレクトメールや電話などでは、魅力的な言葉などが使われたりしますが、絶対に利用してはいけません。

 

自己破産や個人再生の手続きを行った際、その時の担当弁護士などから闇金業者と関わってはいけないという注意をされているかと思います。

 

仮に注意をされていなかったとしても、闇金業者と関わるのだけは今後のあなたや周りの方々のためにも絶対にやめましょう。

 

闇金業者にあなたが自己破産や個人再生をしたことが知られないようにするためにも、官報への掲載は拒否できるならしたいところかと思います。

 

ですが、残念ながら官報への掲載拒否はできません。

 

官報への掲載がどうしても嫌だという場合は、自己破産や個人再生を行わないようにする必要があります。

 

あなたご自身の状況に合わせてどうされるかのご判断をなさってください。

 

お金借りることで債務整理に関するまとめ

お金借りる 債務整理

債務整理を行った場合、大手の消費者金融や銀行などではまずお金を借りることができません。

 

ただ、たとえ債務整理をしたとしても中小の消費者金融の中には相談に乗ってくれる所もあります。

 

ですが、本ページでも強くお伝えしていますとおり、特に債務整理中に新たな借り入れを行うことはされないほうがいいです。

 

万が一新たな借り入れがバレてしまった場合には、あなたの状況がさらに悪化する可能性はあっても良くなることはまずないと思ってください。

 

債務整理の手続きを行い、その免責が決まった後でしたら、社会福祉協議会へ相談を行うこともできます。

 

あなたが債務整理を行うと決めた時のお気持ちはどんなお気持ちだったのかを思い出してください。

 

再び同じような状況になる(戻る)のを避けられるためにも、

 

新たな借り入れを行うことが本当に必要なことなのか?

 

ということをお金を借りられる前に今一度真剣にお考えになられてみることが大切です。