プロミスでお金を借りる前に…

プロミス お金借りる

プロミスと言えば、テレビのコマーシャルでもよく見かけることから多くの方々にも知られている大手の消費者金融です。

 

ただ、いくら有名な消費者金融であるプロミスとは言え、いざお金を借りることを考えた時、

 

・本当に利用する場所はプロミスで良いのか?

 

という迷いというものが起きてしまうこともあるかと思います。

 

誰でもそうですが、プロミスを利用したことにより損や後悔などはできる限りしたくはないですからね。

 

ここでは、プロミスでお金を借りるために利用することのメリットやデメリットをお伝えしていきます。

 

しっかりとプロミスのメリットやデメリットを把握された上で利用するかどうかお決めになるために、本ページをぜひご参考になさってみてください。

 

3865

 

⇒ プロミスのサービス内容を確認してみる

 

 

プロミスでお金を借りるメリットとデメリットとは?

プロミスを利用するメリットとは?

プロミス お金借りる

プロミスでお金を借りるために利用するメリットを早速お伝えしていきますが、

 

・初めての利用の場合は「30日間無利息」

 

・審査が素早く即日融資に対応

 

・申し込み方法により「郵便物なし」にできる

 

・24時間365日対応の「瞬フリ」サービスを受けられる

 

・プロミス独自のポイント制度に参加できる

 

・プロミス会員限定の「おとくらぶ」を利用できる

 

ということがあります。

 

初めての利用の場合は「30日間無利息」

 

プロミスを初めて利用する方限定の特典となってはいますが、30日間金利が0円になるという嬉しいサービスです。

 

金利のことをお伝えしておきますと、

 

・プロミスの実質年率は「4.5%〜17.8%」

 

となっていますが、初回ご利用時は基本的には上限金利が適用されることが多いです。

 

この初回ご利用時には上限金利を適用するという考え方は、どの消費者金融や金融機関でもほぼ同じだったりします。

 

ですので、プロミスだけが特別というわけではありません。

 

30日間無利息サービスに関する話へと戻しますね。

 

例えばあなたがプロミスから30万円のお金を借りると仮定して、上限金利の17.8%が適用された場合、

 

・毎月の利息は「4,450円」

 

になります。

 

利息だけで「毎月4,450円」というのはなかなかの金額ですよね…。

 

借入金額が低くなれば当然利息の金額も低くなりますが、借入金額によっては利息の負担もそれなりのものとなります。

 

ですが、30日間の無利息サービスを受けられる場合は、その30日という期間中は利息がかかりません。

 

つまり、借り入れた金額を30日以内に返済すれば「利息0円」で返済を完了させることができるというわけです。

 

たとえ、30日以内に全ての借入金額の返済ができなかったとしても、少なくとも初めの30日分の利息の負担は減らすことができます。

 

お金を借りる側にとってはこのサービスはかなり嬉しいですよね。

 

30日間無利息サービスを受けるためには、

 

・明細の受け取り方法を「Web明細」にする

 

・申し込み時にメールアドレスの登録が必須

 

という条件がありますが、あなたがこのサービスを利用できるのであればぜひご利用になることをおすすめします。

 

ここまで30日間の無利息サービスについてのお話をしてきましたが、このサービスは実は他の消費者金融などでも行っている所があります。

 

また、あなた自身がすでにプロミスの公式サイトや他のサイトもご覧になられているかもしれません。

 

そのため、

 

『もうそんなのは知っているよ…。』

 

と思われているかもしれません。

 

ですが、プロミスの30日間無利息サービスは他の消費者金融とは違うところがあるんです。

 

その違いとは「サービス期間の適用が開始されるタイミング」です。

 

他の消費者金融では、契約をした日の翌日からサービス期間の適用が開始されます。

 

これは例えばですが、通常は契約日にお金を借りることが多い中、あなたがやむを得ない事情で契約日にお金を借りることができなかったとします。

 

あなたがその消費者金融からお金を借りたのが契約をした日から仮に5日後だったとしても、すでに無利息期間が4日分経過していることになります。

 

一方、プロミスの場合は「利用した(お金を借りた)日の翌日」からサービス期間の適用が始まります。

 

ですので、他の消費者金融などのようにお金を借りてもいないのに無利息期間がどんどん経過してしまっているということがありません。

 

そのため、安心して30日間の無利息サービスをご利用いただくことができるというわけです。

 

⇒ 30日間無利息サービスでお得にプロミスを利用する

 

 

審査が素早く即日融資に対応

プロミス お金借りる

プロミスは審査が早く、融資を受けられるまで「最短で1時間」というかなり早い融資スピードを誇っているのが特徴です。

 

また、その融資スピードの早さから即日融資にも対応しています。

 

そのため、

 

『急遽お金が必要になったので、とにかく今すぐにも融資を受けたい!』

 

という状況にあなたがある場合は、まさに心強い味方となってくれます。

 

※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

審査時間だけを見れば、実はどの消費者金融も30分ほどと早いです。

 

ですが、融資を受けられるまでの時間が最短で1時間というのはプロミスとアコムの2社のみとなっていることから、

 

・融資を受けるまでの総合的な早さで言えばプロミスは他よりも早め

 

と言えます。

 

即日融資を実現するためにはどうすると良い?

 

即日融資を銀行振込で受けるためには、申し込みから審査完了までの全ての流れを遅くとも「14:20」までには終えるように意識なさってください。

 

本来であれば、即日融資に対応できる申込期限は「14:50」となっています。

 

ですが、他の方も融資の申し込みをしているため、申込期限ギリギリのタイミングで申し込まれた場合は融資が翌日以降となる場合もあります。

 

そのため、即日融資を銀行振込で希望されるのでしたら、可能な限り当日の早い時間帯に申し込みを行うことが重要となります。

 

とは言え、以下で後述します「瞬フリ」サービスに対応している銀行であれば、基本的に24時間いつでもお金の受け取りが可能となっています。

 

ですので、「瞬フリ」サービスに対応している銀行を振込先にされている場合は上記のような心配は必要ありません。

 

また、銀行振込以外にも自動契約機を利用してお金を借りるという方法もあります。

 

自動契約機をご利用になられる場合は、

 

・「9:00〜21:00 ※契約機により営業時間が異なります。」

 

の時間帯までに審査の実施が行われています。

 

ただ、審査実施の終了時間ギリギリでの申込みをされた場合は、審査の完了が翌日になってしまうことがあります。

 

そういったことを避けるためにも、自動契約機を利用する場合でも可能な限り早い時間帯での申し込みを心がけてください。

 

銀行振込であれ、自動契約機の利用であれ、申し込みから審査完了の流れをスムーズにするためには、

 

・申し込みは公式サイトから行う

 

というようにされておくとその後がスムーズになりますのでおすすめです。

 

申し込み方法により「郵便物なし」にできる

プロミス お金借りる

消費者金融や銀行などを利用してお金を借りる時に気になるのが、

 

・できれば誰にも知られたくない

 

ということですよね。

 

融資の申し込みをした際に何かしらの郵送物があれば、その郵送物によって一緒に住んでいる方に知られてしまう可能性があります。

 

ですので、郵送物をなしにすることができる申し込み方法があれば、その方法で申し込みを行いたいところですよね。

 

そんな想いに応えてくれるのが、プロミスの「WEB完結」による申し込み方法です。

 

WEB完結とは、申し込みから借り入れ、返済までの全ての流れをネットにて行う方法のことを言います。

 

全てをネットで行うため、しっかりと活用することができれば大変便利な方法と言えます。

 

また、スピーディーに申し込みから審査までを行うことができるので、WEB完結での申し込みは即日融資との相性も抜群です。

 

ただ、WEB完結での申し込みを行うためには、

 

・申込み時に必要な書類を撮影した画像を指定の場所へ送信する必要がある

 

・WEB完結が利用できる金融機関の本人確認を終えていること

 

※その金融機関の口座があなたので間違いないのかを確認できること

 

ということが求められます。

 

必要な書類を撮影した画像は全ての箇所が鮮明に見える状態でないと、再提出を求められたり、審査に通らないこともあります。

 

また、WEB完結が利用できる金融機関の本人確認が済んでいない場合は、契約書類を郵送することが求められるため、即日融資が不可能となります。

 

ですので、必ず上記でお伝えしたことは守られるようになさってください。

 

⇒ 郵便物なしでプロミスに申込む

 

 

24時間365日対応の「瞬フリ」サービスを受けられる

 

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行などをはじめとする《24時間の振込が可能な銀行の口座》をあなたがお持ちであれば、

 

・24時間365日いつでも融資を受けられる「瞬フリ」サービス

 

というものを受けることができます。

 

申し込みから振込みまで最短で10秒。

 

しかも、振込手数料も0円です。

 

この「瞬フリ」サービスは、プロミスの会員限定サービスですので会員登録が必要となります。

 

ですが、利用できるのであれば大変便利なサービスであるのは確かです。

 

お金が必要になった時にいつでもすぐに融資を受けられますからね。

 

ただ、すぐにでもお金を借りられるということは、安易にお金を借りる癖が付いてしまう可能性も捨てきれません。

 

お金を借りる癖が付いてしまいますと、あなた自身が気づかないうちに返済が難しくなるくらいまで借金が膨れ上がってしまう恐れがあります。

 

『いつの間にか借金がこんな金額にまでなっていた…。』

 

ということはよく聞く話です。

 

ですので、瞬フリは便利なサービスではありますが、しっかりと計画的に利用されるようになさってください。

 

プロミス独自のポイント制度に参加できる

 

プロミス独自の会員サービスで、プロミスを利用する内容によってポイントが付与されていく「プロミスポイントサービス」というのがあります。

 

貯まったポイントを使って、

 

・本来、利用手数料がかかる提携ATMの利用手数料を一定期間無料にできる

 

・無利息期間をポイントに応じて一定期間設定できる

 

などのサービスを受けることができます。

 

特に、無利息期間を一定期間設定できるのは返済時の負担を減らすことができるため、活用しない手はないです。

 

このプロミスポイントサービスは、プロミスを利用する大きなメリットの一つと言えます。

 

ですので、ぜひ上手に活用されて少しでも快適にプロミスをご利用なさってくださいね。

 

プロミス会員限定の「おとくらぶ」を利用できる

 

瞬フリやポイントサービスと同様、プロミス会員限定のサービスの一つである「おとくらぶ」。

 

プロミスの会員であれば、提携している国内外の20万ヶ所以上もある、

 

・宿泊施設/アミューズメントパーク/スパ

 

などをはじめとする施設を一般的な市場価格よりもお得な会員優待価格にて利用することができるサービスです。

 

あなたのライフスタイルに合った優待サービスを受けられて、是非ハリのある豊かな毎日を送られてみてはいかがでしょうか。

 

⇒ せっかく利用するならお得に利用したい!

プロミスのデメリットとは?

プロミス お金借りる

これまではプロミスのメリットをお伝えしてきましたが、ここからはデメリットについてお伝えしていきます。

 

借り入れの限度額が低めの設定となっている

 

プロミスの借入限度額は「500万円」です。

 

これは、アイフルやアコムの「800万円」と比べますと低めの設定となっています。

 

ただ、800万円ものお金を借りる方というのはいないとは言いませんが、それほど多くはありません。

 

その点を考えますと、この借入限度額の差はとても大きなデメリットになるとはあまり言えないかと思います。

 

その他のデメリットとしては、プロミス以外の消費者金融にも言えることですが、

 

・総量規制を超えた融資を受けられない

 

・未成年や収入がない方は利用できない

 

・消費者金融はどこでも基本的に金利が高い

 

ということがあります。

 

総量規制を超えた融資を受けられない

 

消費者金融に定められた法律に「総量規制」というのがあります。

 

この総量規制というのは《年収の3分の1を超える融資をしてはならない》という法律です。

 

消費者金融はこれを絶対に守らないといけません。

 

ですので、あなたの年収の3分の1以上のお金を借りるのはどんな理由であっても無理だと思ってください。

 

総量規制は、消費者金融1社に対してだけでなく、他社を利用して複数借り入れを行っていた場合もその合計借入額が適用されます。

 

つまり、あなたの年収が300万円だった場合で、すでに他社で70万円借りていた場合は残りは「約30万円」までしかお金を借りられないことになります。

 

※年収300万円の3分の1は「100万円」として考えています。

 

とは言え、必ず希望した金額を借りられるとは限らないため、上記の複数社での借り入れ例の場合では借入金額は30万円以下になることもあります。

 

未成年や収入がない方は利用できない

 

消費者金融や銀行などの金融機関では未成年への融資は行っておらず、利用者は20歳以上の方であることが求められます。

 

その他の条件として、収入が安定継続的にある方というのもあるため、無職の方や専業主婦の方は利用できませんのでご注意ください。

 

消費者金融はどこでも基本的に金利が高い

 

金利に関しましてはプロミスに限らず、どこの消費者金でも銀行や公的機関と比べれば金利は高めの設定となっています。

 

ただ、即日融資に対応しているのが消費者金融の強みでもありますので、

 

・「即日融資」か「金利」のどちらを優先的に考えるのか?

 

というあなたの考えによって利用する場所が変わってくるかと思います。

そもそもプロミスは本当に安心して利用できるの?

プロミス お金借りる

プロミスでお金を借りることができても、その後の取り立ては大丈夫なのかなど、もしかしたら不安に感じることがあなたにあるかもしれません。

 

現在、プロミスの親会社は「三井住友銀行」です。

 

それに法律でも厳しい取り立てに対しては厳しく取り締まっています。

 

そのため、昔にあったとされる消費者金融による非常に厳しい取り立てなどは現在では行われませんので、その点は安心してください。

 

また、プロミスはより便利に利用できるようなサービスの展開を常に行っていて、利用する方の事情に合わせた利用サービスなどを充実させています。

 

そのようなことから、プロミスを利用することによって、

 

・犯罪に巻き込まれる

 

・怖い方たちと繋がりができてしまう

 

・厳しい取り立てに遭ってしまう

 

・家族や友人などの周りの人たちにプロミスを利用したことをバラされる

 

などのようなことはありません。

 

プロミスを利用する際の感覚としましては、銀行を利用するのと同じような感覚を持っていただければ良いかと思います。

 

ですので、安心してごプロミスをご利用いただくことができます。

プロミスへの申し込みは面倒ではないの?

プロミスに申し込む時ですが、その時に提出を求められる書類は、

 

・本人確認書類
(※運転免許証やパスポートなど)

 

・収入証明書
(※給与明細書や確定申告書、源泉徴収票など)

 

のみとなります。

 

ただ、収入証明書に関しましては、

 

・借入希望額が「50万円」を超える場合

 

・すでに他社を利用していて、その合計借入額が「100万円」を超える場合

 

といった時に提出が必要となっています。

 

ですので、収入証明書の提出条件に該当しない場合は、実際に提出するのは「本人確認書類」のみとなります。

 

このように、申込み時の提出書類は少なく、たくさんの書類を提出しなければいけないということはありません。

 

また、申込み手続きに関しましても、特別に複雑なことを求められることはなく、比較的簡単に申し込み手続きを行うことができるようになっています。

 

在籍確認は行われるの?

 

在籍確認は審査の時に行われます。

 

ただ、あなたの勤務先に電話をしてきた担当者の方はプロミスの名前は出さず、個人名にてあなたへの電話の取り次ぎをお願いするだけです。

 

そのため、在籍確認の電話によって、勤務先の同僚の方々にプロミスを利用したことを知られてしまうことはありません。

 

ですので、在籍確認はあるとは言っても安心してお申し込みいただけます。

プロミスでお金を借りることに関するまとめ

プロミス お金借りる

プロミスでお金を借りる際のメリットやデメリットなどを本ページではお伝えしてきました。

 

ここまでの内容を振り返りますと、

 

・今すぐにでも必要なお金を用意しないといけない

 

・せっかく利用するなら少しでもお得に利用したい

 

・できる限り利用しやすい所を選びたい

 

という状況であったりお考えをお持ちでしたら、プロミスはあなたにはおすすめと言えるでしょう。

 

ただ、

 

・500万円以上のお金を借りる必要がある

 

・あなたが未成年、もしくは働いていないため収入はないけどお金を借りたい

 

などの場合は、残念ながらプロミスはあなたにはおすすめとは言えません。

 

また、プロミスの公式サイトでは、

 

・あなたがプロミスでお金を借りることができるのか?

 

・返済時の様子はどうなるのか?

 

といったことを知ることができる簡易的な審査や返済シュミレーションなどもできます。

 

本ページにてプロミスを利用するメリットやデメリットを把握されたとは思います。

 

もし、メリットやデメリットを把握された上でプロミスに魅力を感じられましたらご利用を検討なされてみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 簡易審査でまずは確認してみる