お金借りるならどこがいいの?

お金借りるなら

『お金を借りるならどこを利用するといいの?』

 

実際にお金を借りようと思った時には悩んでしまうところですよね…。

 

ここでは、お金を借りるならどこの場所や会社がおすすめなのかをお伝えしています。

 

『友人や家族などには頼ることはできない(したくない)けど、お金がどうしても必要!』

 

本ページをそのようなあなたのご参考になさってみてください。

 

お金借りるならおすすめの場所や会社は?

お金借りるなら

お金を借りるならどこを利用するのかですが、お金をできる限り早く用意したいというのであれば、大手消費者金融のご利用をおすすめします。

 

消費者金融がおすすめなのはどうして?

お金借りるなら

消費者金融と聞くと、

 

・詐欺などのトラブルに遭うことはないのか?

 

・お金を借りた後の取り立ては怖くないのか?

 

・金利がビックリするくらい高くなることはないのか?

 

などの不安を持たれることで、『本当に利用しても大丈夫なの?』と心配になられるかもしれません。

 

取り立てが厳しかったりしたことも確かに一昔前でしたらありました。

 

ですが、近年では昔のような厳しい取り立てをすることはないです。

 

また、本ページでご紹介しています大手消費者金融は、

 

・貸金業者としての届け出を公的機関に提出し認可されている

 

・違法な金利の設定は行われていない

 

というように安心してご利用いただけるところです。

 

さらに、お申し込みをされたタイミングによっては、

 

・即日にお金を借りることが可能

 

ということもあります。

 

銀行もお金を借りる場所としては候補になりますが、銀行は即日融資を現在は行っていません。

 

※正確には法律により即日融資ができなくなっています。

 

そのため、お金を借りるまでの流れのスピーディーさで言えば、消費者金融のほうが断然に早いです。

 

銀行は場合によっては融資を受けるまでに数日かかることもありますので、

 

『お金をできる限り早く用意したい!』

 

という方に消費者金融はおすすめと言えます。

 

それでは早速、その消費者金融をご紹介していきますね。

 

プロミス

 

「WEB完結」という、インターネットで申し込みができるだけでなく、融資までの全ての手続きが可能となるサービス。

 

審査が最短30分と短く、平日の当日であれば、その日の14時までに全ての手続きを完了させることで即日にお金の振込みが可能。

 

さらに、初めての方限定で30日間無利息となるサービス。

 

といった素早い対応とお得感のあるプロミス。

 

また、お申込手続きの内容によっては、

 

・郵便物の郵送もなし

 

・カードの作成も必要なく利用できる

 

・指定口座の利用であれば、契約完了後24時間いつでも振込可能なサービスの利用

 

といったこともできます。

 

他にも、SMBCグループの大手消費者金融という安心感もあることから、プロミスは多くの方が利用しています。

 

 

 

アイフル

 

アイフルのサービスですが、

 

・WEB完結という来店不要のサービス

 

・WEB完結であれば、郵送物なしも可能

 

・審査も最短30分

 

・お申し込みタイミングにより即日融資が可能

 

・初回限定で30日間の無利息サービスあり

 

というようにプロミスと同じサービス内容があります。

 

ただ、プロミスでは指定口座を持っていれば24時間いつでも利用が可能となっていたサービスがアイフルにはありません。

 

そのため、銀行での振込みによる融資を受けることができるのは、各銀行の営業時間内のみとなります。

 

もし万が一、営業時間を過ぎてから融資のお申し込みをされた場合は、翌日の営業日による融資となってしまいます。

 

そのようなことから、銀行での振込みによって利用しようとした場合に不便さを感じるのがアイフルです。

 

ただ、アイフルには提携しているセブン銀行のATMであれば、原則24時間利用できるサービスがあります。

 

また、融資のお申し込みをされる前に、ご自身が融資を受けることができる状況にあるのか診断できる「1秒診断」もあります。

 

この1秒診断の結果は、本契約のお申し込みによる審査結果を必ず保証してくれるというわけではありません。

 

ですが、ある程度の目安を知ることができますので、実際にお申し込みができるかどうかの判断を事前にすることが出来ます。

 

事前に自分がどんな状況かを分かっていれば、

 

『アイフルに申し込んだのに審査が通らなかった…。』

 

ということで落ち込んでしまうこともありませんし、申し込む手間を省くことも出来ますよ。

 

他にも簡単な質問を答えていくことで、あなたに最適なお借り入れ方法を確認することも可能です。

 

このようにアイフルは利用される方に対して親切なサービスがあるのが特徴です。

 

 

 

SMBCモビット

 

パソコンやスマホからお申し込みができるWEB完結サービスはSMBCモビットにもあります。

 

ただ、SMBCモビットの特徴として、

 

契約などをWEB完結サービスにて済ませると、郵便物などの郵送がないだけでなく電話連絡もない

 

ということがあります。

 

郵便物が届いたり、電話連絡があるというのは、お金を借りたことが周囲の人達に知られてしまう原因になってしまいます…。

 

そのため、絶対に誰にも知られずにお金を借りたいという方は、SMBCモビットのご利用をおすすめします。

 

ただ、WEB完結サービスを利用する際の条件として、

 

1:三井住友銀行/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行のいずれかの口座

 

2:社会保険証/国民健康保険証/組合保険証/船員保険証のいずれか

 

をお持ちであることが必要となります。

 

1つの組み合わせの例として、

 

・「1」の中では…三井住友銀行の口座を持っている

 

・「2」の中では…社会保険証を持っている

 

というように、「1」と「2」の中から各それぞれ該当するものを一つずつ持っていることが条件となりますのでご注意ください。

 

上記の条件を満たす必要はありますが、他の人に知られることなくお金を借りられるというのは魅力的ですよね。

 

また、SMBCモビットは審査もスピーディーですし、お申し込みのタイミングによっては即日融資も可能となっています。

 

 

銀行の利用も考えてみる

お金借りるなら

これまでは、お金を借りるなら消費者金融のカードローンをご利用になられることをおすすめの方法としてお伝えしてきました。

 

ですが、銀行のカードローンのご利用もご検討なさってみるのも一つの方法です。

 

と言いますのも、銀行は消費者金融よりも金利が低いということがあるからです。

 

即日でお金を借りることはできなくても、返済をしていく時のことを考えると金利を重視していきたいという方は銀行がおすすめです。

 

みずほ銀行カードローン

お金借りるなら

上限金利が「14.0%」と他の銀行よりも低くなっているのがみずほ銀行です。

 

カードローンを利用するための条件として、みずほ銀行の口座を持っていることが必要となります。

 

もし、みずほ銀行の口座を持っていない場合は、カードローンのお申込みの際に口座開設の申込みも一緒に行うことが出来ます。

 

みずほ銀行は金利が他の銀行よりも低いため、返済額の総額も他の銀行と比べて低くなる傾向にあります。

 

ですが、毎月の返済額を見てみますと、最低の返済額が「1万円」と他の銀行よりも高めの設定となっています。

 

他の銀行での最低返済額は借入金額残高により変動しますが、千円単位での返済額となっていたりします。

 

そのため、融資を受けたあとのお金の返済という点で言えば、みずほ銀行での毎月の返済の負担は大きくなります。

 

金利は低めの設定だけど、毎月の最低返済額は高めの設定というのがみずほ銀行の特徴となります。

 

とは言え、返済額が高めというのはその分返済そのものを早く済ませることができるとも言えます。

 

ただ、みずほ銀行に限らず一般的に銀行全体で言えることですが、

 

・状況によっては実際に融資を受けるまでに1週間以上かかる

 

こともあります。

 

そういったことから銀行をご利用される際は、融資を受けるまでの期間という点を考慮されたうえでご利用なさってください。

 

三菱UFJ銀行のカードローン

お金借りるなら

三菱UFJ銀行のカードローンである《バンクイック》の上限金利は「14.6%」です。

 

みずほ銀行の上限金利と比べれば高くなっていますが、他の銀行と比べれば低めの設定となっています。

 

また、毎月の最低返済額を見ましても、

 

・お借入残高が10万円以下の場合は「2,000円」

 

と低めの設定となっているため、毎月の返済により負担も少なくなっています。

 

上記の金額以上の融資を受けた場合に関しましての毎月の最低返済額は、

 

・お借入残高が10万円以上〜20万円以下の場合は「4,000円」

 

というように、お借入残高が10万円増すごとに《2,000円》ずつ追加されていく形となります。

 

三菱UFJ銀行は金利も毎月の最低返済額も低めの設定ということで、一見良さそうに思えるかもしれません。

 

ですが、毎月の返済額が低めに設定されているということは、結果的に返済期間が長くなってしまうことになります。

 

返済期間が長くなればなるほど、利息の支払い分も多くなるということになります。

 

そのため、毎月の返済額が低いからということで、安易に三菱UFJ銀行のご利用を決められるのは注意が必要です。

 

ただ、利息などのことを考慮されたうえで三菱UFJ銀行のご利用を決められるというのであれば、

 

最低返済額は低めのため、毎月の返済による負担は少なくなる

 

というのは確かです。

 

金利をより重視するなら「ジェイスコア」

お金借りるなら

日本で初めてAIにより、利用される方の信用力や借り入れの可能性があるのか?

 

ということをスコア化してくれるサービスを導入したジェイスコア。

 

これまでの消費者金融や銀行での審査というのは、その審査の結果のみ利用者に伝えられていました。

 

そのため、

 

申し込み者のどういったところがどのように判断されて審査結果に至ったのか?

 

という審査の形自体は知ることが出来ませんでした。

 

ですがジェイスコアは、簡単な質問に答えていくだけであなたご自身の信用力はどれくらいなのかをスコアにて知らせてくれます。

 

このサービスを利用することで、申し込みできるのかどうかを事前に把握することができます。

 

スコアという目に見える形でご自身のことを知ることができるこのサービスは無料。

 

ご自身の信用力がどの程度なのか事前に分かっていれば、万が一、審査に落ちる可能性が高い状況での申し込みをする手間を省けます。

 

申し込みをして審査に落ちてしまうというのはかなりショックですからね…。

 

できる限りショックを受けることは避けたいですので、こういったサービスがあるのは助かりますよね。

 

まぁ、スコアが低かった場合、そのスコアの数値を見て落ち込むという可能性もありますが…。

 

とは言え、やはりスコアを確認できるということが評価されているようで、ジェイスコアの利用者は急増しています。

 

ジェイスコアの上限金利は「12.0%」と結構低いです。

 

そのため、金利をより重視されるのでしたらジェイスコアは魅力的に感じられると思います。

 

ただ、ジェイスコアでのお金の借入方法は、

 

・振込みによる対応のみ

 

となっています。

 

つまり、カード発行は行われていないため、自動契約機やATMなどを利用するというサービスはありません。

 

お金を受け取る方法が振込みによる対応のみということは、

 

万が一、銀行の営業時間外で申し込んだ場合は翌日以降の振込み

 

となってしまうことになります。

 

ですので、その日のうちにお金を借りたい場合は、銀行の営業時間内に申し込み手続きを済ませないといけませんのでご注意ください。

お金借りるならどうするのかのまとめ

お金借りるなら

お金を借りるための理由というのは人それぞれではありますが、

 

「生活費などのためにどうしてもお金が必要」などの緊急性が高い状況

 

という方はかなりお辛い状況にあるかと思います。

 

ですが、いざお金を借りるとなりますと、様々な場所や会社があるため

 

『一体どこがいいのか?』

 

と迷われることで、さらに心の負担が増えてしまわれることでしょう。

 

本ページでご紹介させていただいたところは、数多くある消費者金融や銀行の中でも特におすすめのところをお伝えしました。

 

各それぞれの特徴をご紹介していますので、あなたご自身に合ったところをご利用なさってください。

 

また、状況によっては、

 

「欲しいものがあるけど、給料日まではまだ日にちがあるから。」

 

など、緊急性が高くない状況でお金を借りようとされる方もいらっしゃるかと思います。

 

もちろん、ご自身にとっては緊急性が高いと思われているかもしれません。

 

ですが、お金を借りるということは、借りた後にお金を返さないといけません。

 

このお金を返していくというのは負担が大きいもので、見方によってはお金を借りることよりも大変とも言えます。

 

ですので、お金を借りようとされている場合、

 

本当にお金を借りないといけない状況なのか?

 

ということを一度冷静になってお考えになってみてください。

 

どうしてもお金が必要だという状況ではやむを得ない場合もあるでしょう。

 

ですが、そういった状況でないのであれば、お金は安易に借りないほうが良いです。

 

お金を返していくのは本当に大変です。

 

ですので、先程もお伝えしましたが、お金を借りる前に返済していく場合のことなどを冷静にお考えになられてみてください。

 

そのうえでお金を借りるということを判断されたのであれば、あなたを助けてくれる手段となってくれることでしょう。