お金借りるのは何歳からできる?

お金借りる 何歳から

『お金を借りることができるのは何歳からできるのかな?』

 

このような疑問をあなたはお持ちではありませんか?

 

やむを得ない事情により、急にお金が必要になってしまった時というのは毎日の生活の中では起きることがしばしばあります。

 

お金を用意する方法として、周りの人に頼るという選択肢もありますが、できれば誰にも頼らずに何とかしたいという想いもありますよね。

 

そんな時に気になるのが、お金を借りられるようになるのは何歳からなのかですよね。

 

いざ、お金を借りようと思って金融機関などを利用しようと思ったら利用できなかったということでは時間の無駄になってしまいます…。

 

そこで本ページでは、お金を借りることができるのは何歳から可能なのかについてお伝えしていきます。

 

今後のご参考にされるためにもぜひご覧になられてみてください。

 

お金借りることは何歳からなら可能?

お金借りる 何歳から

お金を借りることは何歳からできるのかですが、結論から言いますと、

 

基本的に「未成年」の場合はお金を借りられない

 

ということをお伝えします。

 

と言いますのも、金融機関や貸金業者などで設けられている利用対象者の年齢は20歳以上〜となっているからです。

 

ですので、もしあなたが未成年であった場合は、基本的には金融機関や貸金業者などを利用してお金を借りることはできません。

 

反対にあなたが20歳以上であれば、各機関や業者を利用してお金を借りることができます。

 

なぜ、未成年だとお金を借りられないの?

 

未成年の場合では、どうしてお金を借りることができないのでしょうか。

 

詳しいことは省略しますが、簡単に言いますと、

 

「親権者の同意がない状況では、未成年が交わした契約は取り消せる」

 

ということが民法で定められているからです。

 

社会経験がまだ少ないとされる未成年は悪質な人や業者を見抜けず、その結果、騙されて危険な契約をさせられてしまう可能性があります。

 

そういった事があった場合、親権者の同意がない状況で交わした契約は無効にできるようにすることで未成年を守るというのが上記でお伝えした民法です。

 

未成年を守るという観点からすれば良い話に聞こえますが、お金を貸す側からしたらどうでしょうか。

 

お金を貸す機関や業者からすれば、未成年と契約した場合、

 

お金を貸した後で契約を無効にされてしまったら貸したお金が返ってこない

 

というリスクがあります。

 

契約を無効にされたことで利子が取れないということであれば、利益には繋がらないですが、貸したお金は返ってくるのでまだ良いです。

 

ですが、貸したお金すら返ってこないということであれば、お金を貸す側からすればかなりのリスクがありますよね。

 

そういったリスクを防ぐことから、基本的に様々な金融機関や貸金業者では未成年の利用はできないようにされているというわけです。

 

たとえ親権者の同意があったとしても、未成年は利用することはできませんので、その点はご注意くださいね。

 

また、金融機関であれ貸金業者であれ、利用する際には身分証の提示が求められます。

 

そのため、年齢を偽って利用することはできませんので、虚偽申請はしないようになさってください。

 

虚偽申請をした場合、あなた自身が罪に問われてしまう可能性もありますので、絶対にやめておきましょう。

 

お伝えしましたように、あなたが未成年の場合は、基本的に金融機関や貸金業者を利用してお金を借りることはできません。

 

ただ、たとえ未成年であっても、あなたが18歳以上であれば利用できるサービスもあるにはあります

 

そのサービスについて以下にお伝えしていきます。

未成年であっても18歳以上であれば利用できるサービスとは?

お金借りる 何歳から

本ページでもお伝えしていますとおり、未成年の場合においては、基本的には金融機関や貸金業者の利用はできません。

 

ですが、あなたの現在の状況によっては、未成年であっても利用できる金融機関や貸金業者があります。

 

まず、「あなたの現在の状況によっては」とお伝えしましたことについて、どんな状況なのかと言いますと、

 

満18歳以上といっても高校生ではないこと

 

無職ではなく、一定の収入が定期的にあること

 

という2つの条件を満たしているということです。

 

そのため、上記の2つの条件をあなたが満たしていない場合は、利用できる金融機関や貸金業者はありません。

 

もし、上記の2つの条件を満たしている場合は、

 

労働金庫

 

学生ローン

 

などが利用できる場合があります。

 

労働金庫

 

労働金庫とは、いわゆる「〇〇ろうきん」と呼ばれている金融機関です。

 

《〇〇》というのは、九州地方の場合は「九州ろうきん」であったり、東海地方の場合は「東海ろうきん」など、各地域を示します。

 

ろうきんでは、満18歳以上で働いている方に対して「マイプラン」という融資サービスがあります。

 

マイプランには利用する際の条件というものがあり、満18歳以上という条件の他に、

 

現在の勤務先での勤続年数が「1年以上」であること

 

前年の税込み年収が「150万円以上」であること

 

親権者の同意を得られること

 

ご自宅、または勤務先が利用する「ろうきん」の該当地域にあること

 

という条件が設けられています。

 

上記の条件を全てあなたが満たしていれば、ろうきんのマイプランへの申し込みが可能です。

 

ただ、利用には審査がありますので、審査に通らない場合は利用できませんが、未成年でもお金を借りられる手段の一つとなります。

 

「ろうきん」の該当地域に関しましては、あなたのご自宅、または勤務先の住所がある地域に該当する「ろうきん」となります。

 

例えばですが、あなたのご自宅、または勤務先の住所が九州地方にある場合は、

 

該当地域にある《九州ろうきん》

 

があなたが利用する「ろうきん」となります。

 

学生ローン

 

「ろうきん」以外では、学生ローンも利用できる可能性があります。

 

学生ローンは、言葉からも想像できるとおり、学生に対して融資を行うサービスとなります。

 

ただ、一言で学生と言っても、残念ながら融資対象は「高卒以上」となっています

 

そのため、あなたが満18歳以上であっても高校生の場合は、学生ローンを利用することができません。

 

また、アルバイトなどで一定の収入がある方というのも条件となっているため、あなたが無職の場合も利用不可となってしまいます。

 

あなたが高卒以上の大学生や短大生、専門学校生であり、アルバイトなどで一定の収入があれば、学生ローンのお申し込みが可能となります。

 

学生ローンも審査自体はありますので、利用するためには審査に通る必要があります。

 

他にも、学生ローンによっては親権者の同意を求められることもありますので、その場合は親権者の同意が必要となることも。

 

満たさないといけない条件というのがいくつかありますが、利用することができれば、未成年であってもお金を借りられる方法が学生ローンとなります。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

 

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、学生を対象にしたクレジットカードです。

 

カード作成の申し込み対象者は、

 

満18歳以上〜25歳までの学生の方

 

※未成年の場合は親権者の同意が必要

 

となっています。

 

上記の条件を満たせば、カード作成の申し込みが可能です。

 

『どうしてクレジットカードの話が出てくるの?』

 

と、もしかしたらあなたは思われるかもしれません。

 

金融機関や貸金業者の話ではありませんからね。

 

ですが、ここで「三井住友VISAデビュープラスカード」をご紹介するのは、ある条件を満たすことができればお金を借りることが可能となるからです。

 

その条件とは、カードに《キャッシング枠が付くこと》です。

 

「三井住友VISAデビュープラスカード」の作成の際には審査が行われるのですが、その審査によっては《キャッシング枠が付く》ことがあります。

 

キャッシング枠の上限額は「最大で5万円」。

 

ただ、キャッシング枠が付くかどうかは、カード作成の申し込みをされた時点でのあなたや同意をされた親権者の方の状況によります。

 

そのため、カードを作成すれば必ずキャッシング枠が付くわけではありませんので、その点はご注意ください

 

とは言え、もしキャッシング枠が付けば、最大で5万円までではありますが、お金を借りることができるのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

たとえどんなにお金を借りたいと思ってもやってはいけないこと!

お金借りる 何歳から

どうしてもお金が必要という状況では、もしかしたらあなたは怪しい所を利用してもやむを得ないと思われるかもしれません。

 

ですが、それだけは絶対にやめてください

 

一度そういった悪質な業者を利用してしまったら、ありえないほどの利子が設定されたり、恐ろしい取り立てが待っています。

 

しかも、その被害に遭ってしまうのはあなただけとは限りません。

 

場合によってはあなたのご家族など、あなたの周りの方々にも被害が及ぶこともあります。

 

悪質な業者の中には「利用対象者の年齢制限はなし」と謳っている所もありますが、その甘い言葉に騙されてはいけません

 

これまでお伝えしてきましたように、一般的な正規の金融機関や貸金業者は利用者に対して年齢制限を設けています。

 

そのため、利用者に対して年齢制限を設けていない所は「悪質な業者」と思って利用しないでください。

 

 

また、悪質な業者を利用してはいけないということの他に、

 

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するという方法

 

もあったりするのですが、これも絶対にやめましょう

 

クレジットカードの現金化は違法行為であり、最悪の場合、あなたは逮捕されてしまいます

 

実際にクレジットカードの現金化を行い逮捕された人もいます。

 

お金を借りる方法などを調べていたりすると、サイトによってはクレジットカードの現金化を勧めていたりしますが、その言葉に惑わされないでください。

 

「あなた自身が逮捕される可能性がある」

 

この事を絶対に忘れないようになさってくださいね

 

⇒ 失敗しない闇金業者の見分け方10項目

 

お金借りるのは何歳からに関するまとめ

お金借りる 何歳から

お金を借りることができるのは何歳から可能なのかについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

本ページでお伝えしていますとおり、あなたが未成年の場合は金融機関や貸金業者を利用してお金を借りることはできません

 

ただ、金融機関や貸金業者の中には、未成年であっても18歳以上であればお金を借りられる可能性がある所もあります

 

ですので、あなたが利用できる条件を満たしているのでしたら、そういった金融機関や貸金業者の利用もご検討なさってみてください。

 

あなたが20歳以上であるという場合は、金融機関や貸金業者を利用してお金を借りることができます。

 

『とにかくすぐにでもお金を用意したい!』

 

ということであれば、消費者金融のご利用をお考えになられてみてください。

 

消費者金融を聞くと、悪質な業者のイメージを持たれているかもしれませんが、大手の消費者金融でしたら安心してご利用いただけます。

 

当サイトでは、大手の消費者金融の中でもおすすめの所をご紹介しています。

 

ご紹介している所は、おそらくあなたもテレビのCMで見かけたこともある所です。

 

一言で消費者金融と言っても、利用する所によってサービスの特性などに違いがあります

 

ですので、もし大手消費者金融のご利用をお考えになられる場合は、あなたのお考えに合った所をお選びになることが大切です

 

ご利用になられる所をお選びになる際の判断材料として、よろしければ当サイトをご参考になさってみてください。

 

⇒ お金借りる前に比較チェック!