みずほ銀行のATMが休止するのはなぜ?

みずほ銀行 atm 休止

みずほ銀行のATMが休止してしまうということが定期的に起きていますが、その休止の回数も結構多いですよね。

 

これだけATMの休止の回数が多すぎると、

 

『みずほ銀行って大丈夫なの?』

 

という不安がよぎることもあるかと思います。

 

また、みずほ銀行のATMが休止した際のお金の引き出しに関することも気になられるかと思います。

 

本ページでは、

 

・みずほ銀行のATMが定期的に休止する理由

 

・コンビニなどをはじめ、ATMが休止した際のお金の引き出しはどうなるのか?

 

・クレジットカードは使えるのか?

 

・今後もみずほ銀行のATMが休止することがあるのか?ある場合の休止期間はいつ頃か?

 

などをご紹介していきます。

 

みずほ銀行のATMが休止することに関する疑問を解消されるためのご参考として、よろしければご覧になられてみてください。

 

みずほ銀行のATMが休止するのが多いのはどうして?

みずほ銀行 atm 休止

みずほ銀行のATMが休止することが多い理由ですが、みずほ銀行の成り立ちが関係しています。

 

現在、大変多くの方が利用されているメガバンクのみずほ銀行。

 

ですが、「みずほ銀行」という一つの銀行として最初から出来たわけではありません。

 

と言いますのも、みずほ銀行は、

 

・(旧)富士銀行

 

・(旧)第一勧業銀行

 

・(旧)日本興業銀行

 

の3つの銀行が統合されたことにより出来た銀行なんです。

 

この3つの銀行が統合された際、各それぞれ3つの銀行が行っていたお金の取り引きなどを行うシステムを残しているんですね。

 

本来であれば、銀行が統合される場合には、

 

・統合する側の銀行のシステムを残す(または、統合する側の銀行のシステムに寄せて新しいシステムを作る)

 

・統合された側の銀行のシステムは廃棄する(使用しないようにする)

 

ということが行われます。

 

このようにシステムを1本化させることにより、コストの削減ができるのはもちろんのこと、システムの運用方法も1本化させることができます。

 

このような方法を「片寄せ方式」というのですが、一般的にはこの片寄せ方式により、銀行の統合後はシステムの1本化が行われます。

 

メガバンクの一つである「三菱UFJ銀行」も、

 

・(旧)東京三菱銀行

 

・(旧)UFJ銀行

 

の2つの銀行が統合されたことにより出来たのですが、統合後は片寄せ方式によりシステムの1本化が行われています。

 

ですが、みずほ銀行の場合は統合した3つの銀行のシステムをそれぞれ残した状態で統合後の運用を始めた結果、

 

・中途半端なシステム運用となり、多くの不具合が発生する事態を引き起こす

 

ということが起こってしまうことになってしまいました。

 

その不具合とは、「二重引き落とし」や「二重振り込み」など、みずほ銀行を利用されている方にとってはありえない不具合が多発したんですね。

 

この不具合の多発に関することは当時、大きな問題としてニュースなどで取り上げられたほどです。

 

その当時のシステムでの運用を完全に廃止し、新しいシステムへの変更を行うために、

 

・定期的にATMを休止させてシステム移行の作業を行っている

 

ということになります。

 

このような話を聞きますと、

 

『なぜ、一気にシステム移行の作業を行わないの?』

 

という疑問を持たれるかもしれません。

 

その理由としましては、顧客データなどをはじめ保有しているデータが膨大なため、

 

・一気に行うと「また不具合が多発する事態」が起きる可能性がある

 

ということがあるからです。

 

そのため、システム移行の作業を複数回に分けて段階的に行うことで、1回ごとの作業範囲を限定して作業を行っています。

 

こうすることにより、作業項目を限定して作業を集中的に行えますし、作業範囲を限定することで不具合のチェックも行いやすくなります。

 

また、万が一不具合が起きても、不具合による被害の規模を抑えることが出来ます。

 

このような理由により、みずほ銀行のATMが定期的に休止しているというわけなんです。

みずほ銀行のATMが休止した場合のお金の引き出しはどうなるの?

みずほ銀行 atm 休止

みずほ銀行のATMが休止している期間中ですが、みずほ銀行に関連する全てのATMの利用が不可能となります。

 

みずほ銀行のATMはもちろんのこと、

 

・コンビニのATMの利用

 

・他銀行のATMからの利用

 

なども含め、みずほ銀行キャッシュカードが利用できるATMは全て利用できなくなります。

 

そのため、お金の引き出しが必要な場合は、ATMの休止期間に入る前にお金の引き出しを行っておくようになさってください。

 

みずほWalletやみずほSuicaは利用できる?

 

みずほWalletは、みずほ銀行のATMが休止している期間中には利用することができません。

 

また、みずほSuicaに関しましても、

 

・「みずほWallet for iOS」を利用されてのみずほ銀行の口座へのチャージは不可能

 

となります。

 

ですが、「Apple Pay」や「現金」などによる方法でのチャージに関しましては、チャージが可能です。

 

さらに、Suica残額がある状態でその残額の範囲内であれば、お支払いによるご利用は可能となっています。

 

ATMが休止することは今後もあるの?

みずほ銀行 atm 休止

みずほ銀行のATMが休止することは今後もあるのかどうかですが、後1回あります。

 

その休止期間は、

 

「2019年7月13日(土)の0:00」 〜 「7月16日(火)の8:00」まで

 

となっています。

 

上記の休止期間を最後に新しいシステムへの移行が完了するとのことなので、この休止が最後となります。

 

ATMの休止期間が近くなった時には、これまでのようにCMなどでお知らせがあるかと思います。

 

『お金をおろすことができなくなっていて困った…。』

 

ということにならないためにも、遅くとも前日の「7月12日(金)」までにはお金を引き出されておいてくださいね。

 

また、ATMが休止する期間中はオンラインサービスも休止されます。

 

そのため、「宝くじラッキーライン」などのオンラインサービスも利用できなくなりますので、ご利用されている方はご注意ください。

みずほ銀行のATMが休止中にクレジットカードは使える?

みずほ銀行 atm 休止

みずほ銀行のATMが休止している期間であってもクレジットカードは使うことができるのかですが、使えます。

 

クレジットカードを使用する場合、レジなどではお金の支払い(会計を済ませる)をクレジットカードにて行ったことになります。

 

ですが、正確に言いますと、

 

その支払い金額分はクレジットカード会社が一時的に立て替えている状態

 

となっています。

 

そして後日、クレジットカードを使用して支払った金額分がクレジットカード会社より請求される形になります。

 

このクレジットカードを使用したというデータは、あくまでもクレジットカード会社に送られます。

 

ですので、クレジットカードの引き落とし先の銀行を「みずほ銀行」に設定していたとしても問題はありません。

 

そのため、クレジットカードを使用したいと思った当日が、「みずほ銀行のATMの休止期間中のいずれかの日」であったとしても安心してください。

 

ATMの休止間中でもクレジットカードを使うことができます。

 

みずほ銀行関連ということで言いますと、「みずほマイレージクラブカード」をお持ちの場合は、

 

『みずほマイレージクラブカードは使えるのかな?』

 

と心配になられるかもしれませんが、もちろん使えますのでご安心ください。

 

デビットカードの場合は?

みずほ銀行 atm 休止

クレジットカードはATMが休止している期間中でも使えましたが、デビットカードはどうなのかといいますと、残念ながら使えません。

 

デビットカードというのは、デビットカードを使用した際に引き落とし先として登録されている銀行の口座から即座に支払いが行われます。

 

この支払いが行われる場合というのは、

 

デビットカードを使用して支払いが行われたというデータを、引き落とし先として登録されている銀行が受け取ることで支払いが可能

 

となります。

 

そして、このデータのやり取りはオンラインで行われています。

 

ですが、みずほ銀行のATMの休止期間中は、オンラインによるサービスが停止されている状態となっています。

 

そのため、引き落とし先の銀行を「みずほ銀行」に設定している場合、支払いが行われたというデータを受け取ることができません。

 

データを受け取ることができなければ、たとえみずほ銀行の口座に残高があったとしても支払い手続きを行うことができないことになります。

 

このようなことから、みずほ銀行のATMが休止している間はデビットカードを使うことができませんのでご注意ください。

みずほ銀行のATMが休止することに関するまとめ

みずほ銀行 atm 休止

お金は普段の生活に直接関わってきますので、万が一、お金を引き出せないとなった時には困ったことになってしまいます。

 

ですので、みずほ銀行をご利用になられている場合は、ATMが休止されてしまう期間に入る前までにお金を引き出しておくことが大切です。

 

とは言え、みずほ銀行のATMが休止することを事前に分かっていても、

 

『ついうっかり忘れてしまった…。』

 

ということが起きてしまうこともあるかもしれません。

 

また、『そもそもATMが休止するなんて知らなかった…。』という場合も。

 

みずほ銀行のATMが休止することを忘れてしまったり、たとえそれを知らなかったとしても、ATMの休止期間中はお金を引き出すことができません。

 

もし、ATMの休止期間中にお金が必要な場合、緊急的な手段としてお金を借りる方法というのもあります。

 

こちらでは安心してお金を借りることができる所などをご紹介していますので、緊急の場合はご利用になられてみてはいかがでしょうか。