お金借りる際の金利が安い所が知りたい

お金借りる 金利安い

『お金を借りるならできる限り金利が安い所を利用したい。』

 

あなたはこのようにお考えではありませんか?

 

お金が急遽必要になる場面というのは誰でも起こり得ることですが、そのためにお金を借りるとしても金利が安い所を選ぶというのは大切ですよね。

 

返済時のことを考えれば、少しでも返済する際の負担は減らしておきたいところですからね。

 

本ページでは、お金を借りる時の金利が安いのはもちろんのこと、安心してご利用いただくことができる所をご紹介します。

 

少しでも不安を取り除かれてご利用いただくためにも、ぜひ本ページをご覧になられてみてください。

 

お金借りる時の金利が安い所とは?

お金を借りる際の金利が安い場所というのはどこなのかを以下にお伝えしていきます。

 

銀行

お金借りる 金利安い

銀行といえば、お金を預けること以外に、住宅ローンやカーローンなどをはじめとする様々なローンサービスがあるのはご存じかと思います。

 

ただ、住宅ローンなどの目的別に合わせたローンは、その目的に合った内容に関してのみしかローンを利用することができません。

 

カーローンなら車の購入代金など、車に関することのみしか利用できません。

 

そのため、目的別に合わせたローンというのは誰でもどんな理由でも利用できるというわけではありません。

 

しかも、大きな金額を借りられる分、目的別に合わせたローンは申込みの際に求められる提出書類などが多かったりします。

 

提出書類が多いことにより申込みだけでも人によっては面倒に感じる方がいらっしゃいます。

 

この申込みが面倒ということと、審査も厳しめというイメージから銀行のローンを利用することをなんとなく億劫に感じている方も多く見えます。

 

そのため、もしかしたらあなたも銀行からお金を借りるのは大変だと思われているかもしれません。

 

ですがそんな銀行でも、

 

・住宅ローンなどよりは申込みがしやすく

 

・事業性資金以外であれば、お金の使いみちは自由

 

という「個人向けのカードローンサービス」が行われていたりします。

 

もちろん、「申込みをしやすい=審査に受かりやすい」というわけではありません。

 

ですが、銀行が行っているローンサービスの中でも利用しやすいサービスであるのは確かです。

 

しかも、銀行系のカードローンは消費者金融と比べて金利が安いというのが魅力の一つです。

 

もし、あなたがご利用になられている銀行がありましたら、その銀行にご相談なさってみると良いでしょう。

 

また現在では、インターネットからもカードローンの申込みができるようになっていることから、より簡単に申込みが可能となっています。

 

なにより、銀行ということで安心感がありますし、普段から利用されている銀行であればより安心してご利用いただけることでしょう。

 

そのようなことから、お金を借りる際に金利が安いだけでなく安心して利用できる場所として銀行はおすすめできると言えます。

 

ただ、銀行系のカードローンは即日融資に対応していません。

 

銀行による即日融資に関しましては法律で禁じられているため、どこの銀行でも即日融資に対しては同じ対応となっています。

 

申込み状況にもよりますが、銀行にカードローンの申込みをして利用できるようになるまでには、

 

・おおよそ「3日〜10日前後」

 

ほどの期間がかかります。

 

そのため、もしあなたが即日融資などすぐにでもお金を借りることを希望される場合には銀行のご利用は最適な方法とは言えません。

 

また、銀行ということで言えば「ゆうちょ銀行」もありますが、ゆうちょ銀行ではカードローンは行われていませんのでご注意ください。

 

消費者金融

お金借りる 金利安い

即日融資などのようにできる限り早くお金を借りたいと思われる場合は、消費者金融がその想いに応えてくれます。

 

現在では、即日融資に対応しているのは消費者金融のみです。

 

消費者金融に関しましては、一昔前までは厳しい取り立てがあったりと「消費者金融は怖い」と考えられていた時期もありました。

 

ですが、現在は法律が改正されたことにより、今までのような厳しい取り立てというのはありません。

 

また、消費者金融を利用することにより、良からぬ人たちと繋がってしまったり、個人情報が悪用されるということもないです。

 

ですので、消費者金融も安心して利用することができます。

 

ただご注意いただきたい点としまして、

 

・消費者金融ならどこを利用しても良いというわけではない

 

・金利が高い

 

ということがあります。

 

なぜ、消費者金融ならどこでも良いというわけではないのか?

 

実は、利用する所によっては表向きは消費者金融に思えても実態は闇金業者そのものであったり、闇金業者と繋がっている所もあったりします。

 

しかも、闇金業者側も本物の消費者金融と同じようなサイトを用意したりするなどの偽装をしているところもあります。

 

そのため、闇金業者か本物の消費者金融かを見分けるのもなかなか難しい場合があるんです…。

 

そういったことから、消費者金融を利用される場合は「利用する所をしっかりと選ぶ」ことが重要となります。

 

また、金利に関しましては、消費者金融は銀行などと比べて高めの設定となっています。

 

銀行と消費者金融の金利を比較しますと、

 

・銀行…「1%台〜15%台

 

・消費者金融…「3%台〜18%台

 

となっているのが現状です。

 

銀行や消費者金融によって細かい数字などには違いはありますが、最低金利から最高金利までの金利の幅はおおよそ上記のような状況となっています。

 

ただ、金利が高めの設定となっていますが、大手の消費者金融の中には初回利用者に限り「30日間の無利息サービス」を行っている所もあります。

 

初回利用者限定であることや30日間という期間があるという制限がありますが、上記のサービスを活用できるのであればお得に利用することができます。

 

ここまでをまとめますと、

 

・できる限り早くお金を用意したい

 

・無利息サービス期間中に借りたお金を返せる予定がある

 

という方には消費者金融がおすすめと言えます。

 

公的機関

お金借りる 金利安い

公的な機関では様々な事情を抱える方に合わせた貸付制度というのがあります。

 

例えばですが、

 

・生活福祉資金貸付制度

 

・勤労者貸付制度

 

・教育ローン

 

などです。

 

金利に関しましても、どの制度も「1桁台」と低くなっているのが特徴です。

 

生活福祉資金貸付制度

 

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯などに対して、資金の貸付による経済的な支援を行っていく制度です。

 

また、経済的な支援だけでなく、各世帯に合わせて今後のことに関しての相談も同時に行ってくれます。

 

連帯保証人に関しましては原則必要となってはいますが、連帯保証人を立てずに申し込みをすることもできます。

 

お問い合わせや申し込みに関しましては、各都道府県や市町村区内にあります「社会福祉協議会」にて行うことができます。

 

各社会福祉協議会のご連絡先などは、全国社会福祉協議会のサイトをご参考になさってみてください。

 

⇒ 自分が住んでいる地域の社会福祉協議会の連絡先を確認する

 

勤労者貸付制度

 

勤労者貸付制度は、言葉の通り「働いている方を対象にした貸付制度」です。

 

そのため、無職の方は利用することができません。

 

また、働いていてもその場所での勤務実績が最低でも1年以上の期間を求められる所がほとんどです。

 

貸付の対象となるのは、育児や介護、住居転居、冠婚葬祭など生活をしていく上でまとまった出費が必要になった場合などになります。

 

他にも、育児や介護をしながらでは今までのような仕事ができなくなったことにより、一時的に収入が減ってしまったという場合も対象になります。

 

一時的に収入が減ってしまうことにより、その時の状況によっては生活が困窮してしまうこともあるかと思います。

 

そのような時のための生活支援として勤労者貸付制度があります。

 

勤労者貸付制度は各都道府県や市町村などが行っていますので、お問い合わせなどはあなたがお住まいの地域の役所になさってください。

 

各役所によっては勤労者貸付制度ではなく「勤労者融資制度」と表記されている所もありますが、内容としましては同じ制度です。

 

教育ローン

 

教育に関する出費というのはお金が実際に多くかかることもあり、そのお金を用意するために大変な思いをされているご家庭というのは実際に多いです。

 

そのような教育費のことで悩まれているご家庭のために、日本政策金融公庫が低金利(1%台)で行っているのが教育ローンです。

 

かなりの低金利のため、返済時の負担も抑えられるローンと言えます。

 

教育ローンの詳細に関しましては、日本政策金融公庫の公式サイトをご覧になられてみてください。

 

⇒ 教育ローンについての詳細を確認する

 

公的機関をご利用になられる場合の注意点ですが、どの制度であっても申込みを行ってからお金を借りられるまでに1ヶ月以上かかることもあります。

 

そのため、必要なお金を用意するまでの期間にある程度余裕がある状況の場合に有効な方法となります。

生命保険を活用する方法も

お金借りる 金利安い

これまでは、消費者金融や銀行、公的機関をご利用になられてお金を借りる方法をお伝えしてきました。

 

ですが、上記の方法以外に生命保険の契約者貸付制度を利用するという方法があります。

 

ただしこの方法は、あなたが生命保険に加入されていて、

 

・解約返戻金のある保険に加入していること

 

という条件をあなたが満たしている場合に利用することができる方法です。

 

上記の条件を満たされていない場合は、生命保険の契約者貸付制度は利用できません。

 

解約返戻金のある生命保険というのは、

 

・終身保険

 

・学資保険

 

・個人年金保険

 

・養老保険

 

などが該当します。

 

ガン保険であったり、いわゆる掛け捨てタイプと呼ばれる保険などは対象外となりますのでご注意ください。

 

契約者貸付制度についてですが、金利は「1桁台」とかなり低い設定となっています。

 

また、お金を借りるための審査もありません。

 

他にも、契約者貸付制度を利用することにより、生命保険を解約しなくてはいけなかったり契約内容が変わってしまうということもないです。

 

これまでどおりの保障内容のまま継続することができますので安心してください。

 

返済に関しましても、消費者金融や銀行などのように「毎月決められた額の返済をしていく」という方法以外にも返済方法があります。

 

例えばですが、「一括返済」や余裕ができた時に返済する「その都度返済」などです。

 

ただ、返済方法に幅があるとはいえ、返済期間というのは決められています。

 

そのため、必ず返済期間内に返済を終えなくてはなりません。

 

万が一、返済期間を過ぎてしまった場合は、その保険契約は強制解約となる可能性があります。

 

ですので、ご自身に合った返済方法を選ぶことができるとはいえ、あまり返済の先延ばしはされず定期的に返済されていくことをおすすめします。

 

返済を先延ばしにされればされるほど、短い期間でまとまったお金を返済していかないといけなくなりますので…。

 

生命保険の契約者貸付制度の詳細に関しましては、各生命保険会社にてご確認なさってください。

お金借りる時の金利が安い所に関するまとめ

お金借りる 金利安い

金利の安さという点で言えば、

 

・公的機関

 

・生命保険の契約者貸付制度

 

などが軍を抜いています。

 

ただ、公的機関はお金を借りられるまでの期間が1ヶ月以上かかる場合があることや審査が厳しめとなっています。

 

生命保険の契約者貸付制度は、あなたが契約者貸付制度を利用できる条件に当てはまらなくては利用することができません。

 

そういったことを考えますと、申込みのしやすさという点では、

 

・銀行

 

・消費者金融

 

などが良いと言えます。

 

金利を考えますと、どうしても公的機関や生命保険の契約者貸付制度と比べると高いと感じられるかと思います。

 

ですが、銀行や消費者金融は生命保険の契約をしていなくてもご利用できます。

 

また、公的機関よりは早くお金を借りることができます。

 

銀行をご利用になるのも良いかと思いますが、今すぐにもお金が必要な状況という場合でしたら消費者金融をご利用になられると良いでしょう。

 

本ページをお読みになられて、あなたご自身の状況に合った方法を見つけられるお手伝いができましたら嬉しく思います。