お金借りるのに自営業の場合はどうなのか?

お金借りる 自営業

『お金を借りることは自営業では難しかったりするもの…。』

 

あなたはそのように思われてはいませんか?

 

そう思われる理由として、自営業だとお金を借りにくいということを耳にされたのかもしれません。

 

また、もしかしたら、あなたご自身でそのようにイメージされているのかもしれません。

 

ですが、たとえ自営業であったとしても利用される所によっては、お金を借りることができます。

 

ここでは、自営業のあなたがお金を借りるための手段として、いくつかの方法をご紹介していきます。

 

本ページをご参考になさり、あなたに合った方法をご活用なさってみてください。

 

お金借りることが自営業でも可能な所とは?

お金借りる 自営業

お金を借りる際に自営業のあなたが利用される場所としておすすめさせていただくのは「日本政策金融公庫」です。

 

日本政策金融公庫について

 

日本政策金融公庫は、営利を最優先に目的としている民間企業ではなく公的な融資機関です。

 

営利を最優先に目的としていないということもあり、融資を受けた場合の金利が低いのが特徴です。

 

また、日本政策金融公庫が設立された目的というのが自営業や法人、個人事業主などの事業を行う方や企業をサポートすることにあります。

 

ですので、融資を受けたいと申し込みをされた方に対して積極的に融資を行ってくれます。

 

もしかしたら日本政策金融公庫のことをお聞きになり、

 

『公的な機関ということは審査が厳しいんじゃないの?』

 

と思われるかもしれません。

 

ですが、先程もお伝えしましたように融資を積極的に行ってくれますので、銀行よりも審査は厳しくはありません。

 

「審査が厳しくない=審査が甘い」というわけではありませんので、その点は誤解されないようになさってください。

 

あくまでも銀行と比べてということです。

 

さらに金利に関しましても、銀行よりも金利は低く、

 

・「2%代」の金利での融資

 

が多かったりしますし、相談内容によっては「1%代」になることもあります。

 

他にもご利用になられる制度によっては「連帯保証人や担保などが必要ない」という場合もあったりします。

 

そのようなことから、自営業のあなたがお金を借りることを考えられた時に利用される場所として日本政策金融公庫をご紹介しています。

 

日本政策金融公庫をご利用になられる場合ですが、日本政策金融公庫にはいくつかの制度があります。

 

そのため、『自分に合う制度がどれなのか分からない…。』というように悩まれることもあるかと思います。

 

ですが、日本政策金融公庫では電話や窓口にて相談を行うことができますのでご安心ください。

 

あなたご自身の現在の状況をご相談されることで、あなたに適切な制度を紹介してくれますよ。

 

少しイメージをお持ちいただくためにも、日本政策金融公庫の制度にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

 

普通貸付

 

利用対象となる業種の限定が少なく、多くの業種の方が利用できる貸付制度です。

 

ただ、全ての業種の方が利用できるわけではなく、

 

・金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業等の業種の方

 

はご利用になることができません。

 

普通貸付の基本的な内容ですが、

 

運転資金 設備資金 特定設備資金

■融資限度額…「4,800万円」

 

■返済期間…「5年以内(状況により7年以内まで延長)」

■融資限度額…「4,800万円」

 

■返済期間…「10年以内」

■融資限度額…「7,200万円」

 

■返済期間…「20年以内」

 

■金利…基本的に「2%」代

 

■担保や保証人…ご相談内容により担保や保証人が不要になる場合もあり

 

となっています。

 

返済期間には上記の期間のうち、

 

・運転資金は「1年以内」

 

・設備資金と特定設備資金は「2年以内」

 

で措置期間が適用されます。

 

措置期間というのは、

 

・この期間中は利息だけでの支払いで良いですよという期間

 

であり、元本の返済を求めない期間となります。

 

1年以内や2年以内とありますように、措置期間の適用期間は相談内容により決められます。

 

新創業融資制度

 

もしあなたが、

 

・これから事業を始める

 

・事業を始めてからの税務申告を2期終えていない

 

などのように、「事業を始めるための資金」や「事業を始めてからしばらくの間必要な資金」が必要な場合に利用できる制度です。

 

新創業融資制度の内容は、

 

・融資限度額…「3,000万円(うち運転資金は1,500万円が対象)」

 

・返済期間…各種融資制度で定めるご返済期間以内

 

・金利…主に「2%」代

 

・担保や保証人…原則不要

 

となっています。

 

返済期間のところでお伝えしました「各種融資制度で定めるご返済期間以内」ですが、どういうことかイメージが湧きづらいですよね。

 

これは、他に一緒に利用される制度の返済期間に合わせるということです。

 

一例を挙げますと、新創業融資制度と一緒に《新規開業資金》という制度を利用される場合は、新規開業資金の返済期間となる

 

・運転資金の場合は「7年以内」

 

・設備資金の場合は「20年以内」

 

※据置期間はどちらも「2年以内」

 

が適用されるということになります。

 

では、単独の場合はどうなるのかですが、おおよそ上記の新規開業資金と同じような期間となります。

 

詳しいことはご相談の際にご確認なさってください。

 

以上となりますが、日本政策金融公庫の制度についてある程度のイメージはお持ちになられたでしょうか。

 

他にも、業務が悪化されている方を対象とした「経営環境変化対応資金」などをはじめ、多くの制度があります。

 

あなたに合った制度は必ずあるかと思いますので、まずはご相談なさってみてください。

 

日本政策金融公庫のデメリット

お金借りる 自営業

これまでは日本政策金融公庫のメリットをお伝えしてきましたが、ご利用になられる際のデメリットもあります。

 

そのデメリットとは何かですが、

 

申し込んでから融資を受けるまである程度の期間がかかる

 

提出する必要な書類が多い

 

自分の希望通りの内容には必ずしもならないことがある

 

ということがあります。

 

融資を受けるまでの期間が長め

お金借りる 自営業

日本政策金融公庫をご利用になる場合、申し込みを行ってから融資を受けるまでの期間がかかります。

 

その期間はどれくらいなのかですが、目安期間として「1ヶ月〜2ヶ月」程となります。

 

そのため、『今すぐにでも資金が必要なの!』という状況の場合では、この融資を受けるまでの期間がネックとなってしまいます。

 

提出書類が多い

お金借りる 自営業

お申し込みになる方により多少の違いはありますが、共通することとして、

 

・求められる書類が多い

 

というのがあります。

 

その書類というのは主に、

 

・融資を受けるための申込書

 

・「運転免許証」などの申込み者本人(あなた)のことが確認できる書類

 

・住民票の写し

 

・確定申告書や源泉徴収票などの収入証明書

 

・事業計画書(創業する場合は創業計画書)

 

・収支計画書

 

・事業実態を把握できるもの

 

・見積書(設備資金の融資を受ける場合)

 

・印鑑証明書

 

などが必要となります。

 

事業実態を把握できるものに関しましては、あなたご自身の事業に関する書類は基本全て必要となります。

 

例えばですが、

 

・受注書

 

・領収書

 

・賃貸借契約書

 

などです。

 

領収書は事業に関する領収書はもちろんのこと、水道や光熱費に関する領収書も用意しておいてください。

 

もし、「自宅兼事務所」というように、ご自宅と事務所を一緒にされている場合は、ご自宅の水道や光熱費の領収書を提出なさってください。

 

賃貸借契約書は、店舗や事務所などがある場合はその契約書が必要となりますが、自宅兼事務所の場合はご自宅の賃貸借契約書が必要です。

 

希望通りの融資内容にはならない場合も…

お金借りる 自営業

融資を受ける際ですが、必ずしもあなたご自身のご希望どおりの内容になるという保障はありません。

 

例えばですが、あなたが上記でご紹介しました「普通貸付」の制度を利用したとします。

 

普通貸付の運転資金の融資を受ける場合の内容ですが、

 

・融資限度額…「4,800万円」

 

・返済期間…「5年以内(状況により7年以内まで延長)」
※措置期間は「1年以内」

 

・金利…基本的に「2%」代

 

・担保や保証人…相談内容によって担保や保証人が不要になる場合がある

 

という内容でした。

 

あなたが融資を受ける金額を、融資限度額の「4,800万円」まで受けたいというご希望を出されても、その金額以下になることもあります。

 

同様に、措置期間も希望通りの期間が設定されるとは限りませんし、担保や保証人が求められることもあります。

 

こればかりは仕方がありませんので、ご相談をしっかりとされたうえで決定されたことであれば受け入れざるを得ません。

 

担保や保証人が求められる場合もありますが、担保や保証人を付けることにより、

 

・審査に通りやすくなる

 

・審査スピードが通常よりも早くなる

 

・金利が低くなる傾向にある

 

ということもあります。

 

もしあなたのお知り合いに、

 

過去に日本政策金融公庫の融資を受けたことがある

 

という方がいましたら、その方に保証人になっていただけないかをお願いなさってみてください。

 

その方が保証人になっていただいた場合、ご相談内容をより聞き入れてもらえたり、審査により有利になったりする可能性があります。

 

なぜそうなるのかですが、日本政策金融公庫の立場で考えますと、お金を貸す以上は返済してもらわないといけないですよね。

 

その場合、融資の申し込みをされるあなたが信用できる方であるかどうかが重要となります。

 

そこでもし、過去に日本政策金融公庫の融資を受けてしっかりと返済された実績のある方が保証人である場合、その信頼性は高くなります。

 

融資を受けるということはお金を借りることになりますので、

 

『どうして、借金をした人が信用されやすいの?』

 

と疑問に思われるかもしれません。

 

確かにお金を借りるということは、その人の信頼性が低くなってしまうとお考えになるかもしれませんが、

 

・融資を受けてしっかりと返済している実績がある方というのは、また融資を受けてもしっかりと返済してくれる方

 

と判断されます。

 

日本政策金融公庫を利用したことがない方が保証人の場合、

 

・その保証人の方は信頼できる方であるのか?

 

ということを日本政策金融公庫も判断しづらいですよね。

 

ですが、一度でも日本政策金融公庫を利用されている方であれば、その実績があることにより判断もしやすいというのがあります。

 

そのようなことから、過去に日本政策金融公庫を利用されたことがある方が保証人にいらっしゃれば、審査に有利になりやすいということです。

 

■保証人や返済に関する注意点

お金借りる 自営業

もちろんですが、日本政策金融公庫を過去に利用されて、融資の返済に関するトラブルがある方を保証人にされるのはお止めになってください。

 

そのような方を保証人にされた場合、あなたご自身の信用を失う可能性があります。

 

また、あなたご自身が日本政策金融公庫の融資を受けて返済の滞納などをした場合、次回以降の融資は受けられなくなります。

 

ですので、もし融資を受けられた場合は必ず返済の滞納などはせず、指定された期間内に返済なさってください。

 

万が一、返済が大変な場合は、そのことをご相談されることで毎月の返済額を減額してもらえることもあります。

 

もちろんその分、返済する期間は長くなってしまいます。

 

返済期間が長くなるということは、長くなった期間分の金利が増えるため、全体の返済額が以前よりは増えてしまうことになります。

 

そのため、ご相談されることを躊躇されるかもしれませんが、

 

・しっかりと返済することが重要である

 

ということを考えれば、今後のためにも返済の延滞などのトラブルを起こすよりは良いです。

 

ですので、万が一の時はご相談されることを躊躇なさらないでください。

 

ご相談されることによって、

 

・今後、日本政策金融公庫を利用できなくなる

 

という最悪の状況になるのを防ぐことができます。

今すぐにでも資金が必要な場合は消費者金融を利用する

お金借りる 自営業

日本政策金融公庫を利用することはいくつかのメリットがありますが、

 

・デメリットの一つに融資を受けるのに期間がかかる

 

ということがありました。

 

そのため、今すぐにでもお金を借りることを望まれる場合には大きなネックになってしまいます…。

 

ですので、もしあなたが今すぐにでも資金が必要というのであれば、消費者金融を利用するという方法があります。

 

『自営業でも消費者金融を利用できるの?一般の人が使うイメージがあるけど…。』

 

と思われるかもしれませんが、自営業のあなたでも利用できます。

 

消費者金融にはカードローンや事業主向けのローンなどが行われています。

 

カードローンや事業主向けのローンは銀行などにもありますが、本ページでは消費者金融をご利用になられることをおすすめします。

 

と言いますのも、消費者金融では申し込みのタイミングによって即日融資を受けることも可能だからです。

 

銀行では即日融資を受けることはできず、場合によっては融資を受けるまでに数週間かかることもあります。

 

また、カードローンの借り入れた資金の使いみちに関しましても、

 

・消費者金融は事業資金に使うことができる

 

・銀行は事業資金には使えない

 

とありますように、銀行では生活していくための資金としては使うことができても、事業資金としては使えないということもあります。

 

カードローンは日本政策金融公庫と比べればかなり金利が高くなってしまいますが、その中でも消費者金融のカードローンは、

 

・即日融資も申し込みのタイミングによって可能

 

・借り入れ資金の使いみちが比較的自由

 

というように利用しやすいのが特徴です。

 

消費者金融によっては利用できるローンの中には、

 

・事業資金にのみ使用可能

 

というように使いみちが限定されているローンもありますが、やはり利用しやすいという点で言えば消費者金融に軍配が上がります。

 

必要な書類などは?

お金借りる 自営業

消費者金融に申し込みをされる際に必要な書類などは、

 

・運転免許証などの本人確認書類

 

・確定申告書と青色申告決算書または収支内訳書

 

・事業実態が分かるもの

 

などが求められます。

 

事業実態が分かるものに関しましては、消費者金融によっては公式サイトからダウンロードできる書類に記入して提出する場合もあります。

 

消費者金融のデメリット

お金借りる 自営業

手軽に利用できるというのが特徴の消費者金融ではありますが、デメリットもあります。

 

金利が高い

 

消費者金融の金利は日本政策金融公庫と比較すると高いです。

 

消費者金融や銀行によって多少の違いはありますが、最高金利では「14%〜18%」程となります。

 

日本政策金融公庫は「1%〜2%代」であることを考えますと、その金利はかなりの高さとなります。

 

ですので、お金を借りてから返済するまでの期間が長くなればなるほど、全体の返済額が増えることにより返済の負担が大きくなってしまいます。

 

そのため、長期的に利用する所としてはおすすめできません。

 

今すぐにでも資金が必要という場合はやむを得ないかもしれませんが、比較的短期間での返済が可能な場合に利用されると良いでしょう。

 

借入金額に上限がある

 

消費者金融のカードローンを利用される場合ですが、借入金額に上限があります。

 

借入金額の上限はどのローンにもありますが、消費者金融の場合には《総量規制》というのがありまして、

 

・年収の3分の1までの金額しか借りることができない

 

ということが決められています。

 

そのため、高額な資金が必要という場合にはその総量規制がネックになってしまうことがあります。

 

ただ、消費者金融の中には総量規制の対象にはならない事業者専用のローンを取り扱っている所もあります。

 

ですので、総量規制のことを考えたくないという場合は、事業者専用のローンを取り扱っている消費者金融をご利用になられると良いでしょう。

 

消費者金融を利用する際の注意点

お金借りる 自営業

自営業のあなたが消費者金融を利用される際の注意点ですが、

 

・固定電話があること

 

が重要なポイントとなります。

 

「固定電話があること」という条件は、全ての消費者金融や銀行で適用されているわけではありません。

 

ですが、多くの消費者金融や銀行で利用するための必要な項目となっているため、固定電話があることが重要となるわけです。

 

固定電話は事業を行っている場所にあることが条件ですので、

 

・店舗や事務所がある場合は「その店舗や事務所に必要

 

・自宅兼事務所の場合は「ご自宅に必要

 

となります。

 

なぜ固定電話がなかったら駄目なの?

お金借りる 自営業

消費者金融や銀行などのお金を貸す側の立場で考えた場合、

 

・お金を貸した相手と連絡が取れなくなる

 

ということは大きなリスクとなってしまいます。

 

連絡が取れなくなるということは、お金の返済が滞ったりした時の連絡などもつかないことになります。

 

そうなってしまいますと、お金を返してもらえなくなるという可能性が大変高くなってしまうことになりますよね。

 

携帯などはいつでも携帯番号を変えたり、解約をすることができます。

 

そのため、連絡先が携帯などの場合は申し込み者の信用度は低くなってしまうんです。

 

固定電話は一度その番号を取得すれば、頻繁に番号を変えたり解約するということはありませんよね。

 

そのようなことから固定電話があることにより、万が一のことがあった時でも連絡が取れなくなる可能性は携帯などよりは低くなります。

 

ですので、固定電話があるということは申し込み者の信用度を判断するうえで重要となるというわけです。

 

まぁ、固定電話があることで絶対に安心できるというわけではありませんが、判断材料として重要な項目であるのは確かです。

 

そのため、あなたの事務所などに固定電話がない場合は、消費者金融や銀行などを利用できない可能性がありますのでご注意ください。

お金借りる時の自営業に関するまとめ

お金借りる 自営業

本ページでは、自営業のあなたがお金を借りるための手段として利用できる所をご紹介しました。

 

とは言え、『どこを利用して良いのか結局のところ迷ってしまう…。』ということであれば、

 

■日本政策金融公庫は、

 

ある程度融資を受けるまでの期間がかかっても、今後の事業の相談なども含めて低金利でお金を借りたいという場合に利用する

 

■消費者金融は、

 

たとえ金利が高くなっても、すぐにでもお金を借りたいという場合に利用する

 

ということをご利用になられる際の目安にされてみてはいかがでしょうか。

 

日本政策金融公庫や消費者金融のどちらをご利用になられても、お申し込みの際は全て正直にあなたの現状をお伝えになってください。

 

また、事業計画はより明確に分かりやすく示されたほうが好印象へと繋がります。

 

日本政策金融公庫では提出書類や記入例などをダウンロードすることができます。

 

もし、『自分で作成するのはちょっと大変…。』と思われましたら、書類作成の専門家の方にお願いされてみるのも一つの方法です。

 

他にも、担当された方のアドバイスを聞き入れるというお気持ちも大切です。

 

時には痛いところを突かれることを言われることもあるでしょう。

 

ですが、そのアドバイスをお聞きになることによって、結果的に良い方向へと繋がっていくことになるかもしれません。

 

日本政策金融公庫をご利用になられる場合は、日本政策金融公庫にご相談されると良いでしょう。

 

ただ、消費者金融をご利用になられるという場合には、利用される所を選ばれる際に迷われるかと思います。

 

本サイトでは、ご利用になられる際におすすめの消費者金融をご紹介しています。

 

よろしければご参考になられて、あなたご自身の現状に合われた所を上手にご活用なさってみてください。