お金借りる額が100万必要になったときにはどうすれば…

お金借りる 100万

100万円のお金を借りる必要があるけど、大金とも言える金額なだけにどこを利用してお金を借りたら良いのか悩むところですよね。

 

また、100万円ともなりますと、借りるための条件は厳しいのではないかということや返済時のことなども気になるかと思います。

 

そこで今回は、100万円のお金を借りる際においてのおすすめの利用場所や利用時の条件、返済時の金利による負担の目安などをお伝えします。

 

最後までご覧になられて、ぜひ今後のご参考になさってください。

 

100万円のお金を借りる際の利用場所でおすすめなのは?

お金借りる 100万

100万円のお金を借りる場合に利用する場所についてですが、あなたの状況によっておすすめとなる場所が変わってきます。

 

その場所というのは、

 

・消費者金融

 

・銀行

 

・信用金庫や信用組合

 

・労働金庫

 

などです。

 

各金融機関にはそれぞれの特徴というのがありますので、以下にお伝えしていきます。

 

消費者金融

 

もし、あなたが今すぐにでも100万円を借りる必要があるという状況でしたら、消費者金融のご利用をおすすめします。

 

消費者金融の中には申し込みのタイミングにもよりますが、即日融資に対応しているところもあります。

 

ですので、今すぐにでも100万円を借りたいということでしたら消費者金融の選択を優先的にされたほうが良いでしょう。

 

ただ、消費者金融のデメリットとして金利が高いということがあります。

 

そのため、返済時にはその金利の負担が大きくなってしまうというのがネックになってしまいます。

 

また消費者金融には、年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないという「総量規制」というのが法律により決められています。

 

ですので、あなたの年収によっては消費者金融では100万円というお金を借りること自体が難しいという場合もあります。

 

あなたの年収により100万円を借りることができる状況だったとしても、

 

・希望する融資額の設定をしてもらえない可能性もある

 

ということもあったりしますし、実際にこのようなケースはよくあったりします…。

 

そういったことを考えますと、1社で100万円のお金を借りるようにするよりも、

 

・2社で50万円ずつ借りるようにする

 

というようにされたほうが、希望通りの金額を借りられる可能性はより高まるかと思います。

 

ですので、消費者金融を利用される場合は「2社を利用する」ということをお考えになられることをおすすめします。

 

このような話をしますと、

 

『それなら、利用する場所を3社や4社にしたほうが良いのでは?』

 

と思われるかもしれませんが、それは止めるようになさってください。

 

なぜなら、短期間のうちに3社や4社などに申し込みますと、いわゆるブラックリストにあなたが載ってしまう可能性が高くなるからです。

 

そうなってしまっては、お金を借りること自体ができなくなってしまいますので「申し込むのは2社まで」にするようにしてください。

 

銀行

 

銀行は各目的に合わせたローンなどを扱っているなど、様々な融資を行っている金融機関です。

 

様々な融資の中にはカードローンやフリーローンといった比較的利用しやすいローンから、

 

・カーローンや住宅ローン、教育ローン

 

などのように各目的別に合わせたローンなどがあります。

 

その中でも利用しやすいのがカードローンです。

 

消費者金融のような即日融資には対応していませんが、銀行のカードローンも申し込みから3日以内での融資など比較的早い対応をしている所もあります。

 

金利も消費者金融よりは低くなっています。

 

ですので、

 

・即日ではなくてもできる限り早く100万円のお金を借りたい

 

・金利も少しでも低いほうが良い

 

という状況やお考えをお持ちの場合は銀行を選ばれると良いでしょう。

 

信用金庫や信用組合

 

「信金」や「信組」と略して呼ばれることもある信用金庫や信用組合。

 

行っている融資も銀行に近い内容の融資サービスを行っているため、ほぼ銀行を利用するような感覚で利用することができます。

 

また、金利も銀行と比べて低い所もあったりします。

 

ただ、信用金庫などは利用者に対して、

 

・各信用金庫などが指定する地域にお住まいの方限定といった「地域制限」がある

 

・収入や勤続年数に条件を設けている

 

・利用するためには口座開設が必須だったりする

 

など様々な利用条件があったりします。

 

口座開設も場合によっては数週間かかることもありますし、融資を受けるまでの期間も口座開設と同様の期間がさらにかかることもあります。

 

そのため、融資の申し込みを行ってから100万円のお金を借りることができるまでにタイミングによっては1ヶ月前後かかることも…。

 

ですので、信用金庫や信用組合は100万円のお金を用意するまでの期間に比較的余裕がある状況の場合に利用されると良いでしょう。

 

労働金庫

 

労働金庫はこれまでにお伝えしてきた金融機関と比べて低金利でお金を借りることができるというのが大きな利点です。

 

このようなことから、

 

『100万円ものお金を借りるのだから、とにかく金利を最重視したい。』

 

というお考えをお持ちの場合には労働金庫はおすすめと言えます。

 

ただ、金利が低いということは、その分審査が厳しめの傾向にあります。

 

また、消費者金融や銀行のような「すぐに融資を受けられる」という対応の速さはありません。

 

そのため、信用金庫や信用組合と同様に融資までの期間がかかることもあります。

 

利用者の条件に関しましても、信用金庫や信用組合のような条件があったりします。

 

特に利用者の地域制限をされてしまいますと、本当に一部の方しか利用できないように思えるかもしれません。

 

ですが、信用金庫や信用組合、労働金庫などはある一部の地域のみにあるのではなく全国にあります。

 

ですので、あなたのお住いの地域や職場が指定先になっている店舗などは大抵あるため、地域制限に関しましてはあまり心配されなくても良いでしょう。

どうしても利用場所に迷うのならこの金融機関を選ぼう!

お金借りる 100万

上記で各金融機関の特徴をお伝えしてきましたが、各金融機関を利用する際の判断基準としましては、

 

・「消費者金融」…今すぐにも100万円が必要な状況

 

・「銀行」…金利を気にしつつも、できる限り早い融資を受けたい状況

 

・「信用金庫や信用組合」…早く融資を受けるよりも金利のことをどちらかと言えば重視したい状況

 

・「労働金庫」…とにかく金利を最重視したいという状況

 

というようにあなたの状況に合わせて決められると良いでしょう。

 

各金融機関にはいくつかの種類のローンがありますが、その中でも比較的利用しやすいという点から本ページではカードローンをおすすめします。

 

カードローンについて各金融機関を比較しますと、

 

■消費者金融(プロミスを参照)

 

・融資限度額…「500万円」

 

・実質年率…「4.5%〜17.8%」

 

・20歳以上で収入が安定的にある方
(上限年齢対象者は69歳以下)

 

・即日融資対応

 

・30日間の無利子サービスあり

 

■銀行(みずほ銀行を参照)

 

・融資限度額…「800万円」

 

・金利…「2.0%〜14.0%」

 

・満20歳以上で安定した収入がある方
(上限年齢対象者は満66歳未満)

 

■信用金庫や信用組合(東京シティ信用金庫を参照)

 

・融資限度額…「900万円」

 

・金利…「特に記載なし(審査内容により決められる)」

 

・満20歳以上で収入が途切れず継続的にある方
(上限年齢対象者は65歳以下)

 

・指定する地域にお住まいか勤務先がある方限定

 

■労働金庫(中央労働金庫を参照)

 

・融資限度額…「500万円(一般の方の場合は最高100万円)」

 

・金利…団体会員の構成員の方は「年3.875%〜年7.075%」
(※一般の方の場合は「年5.275%〜8.475%」)

 

・満18歳以上で継続した収入がある方
(上限年齢対象者は満65歳未満)
(※未成年の場合は親の同意が必須)

 

・前年の収入が150万円以上ある方

 

・同じ職場に1年以上勤務されている方
(自営業の場合は3年以上同一の事業を行っていること)

 

・一般の方はローン利用時に当金庫の個人会員などになることが条件になる場合あり

 

といった内容となっています。

 

全ての金融機関が上記と全く同じというわけではありませんが、似たようなところがあると思ってください。

 

あくまでも比較する目安としてお伝えしています。

 

担保や保証人に関しましては、基本的に各金融機関のカードローンの場合は原則不要のところがほとんどです。

 

また、消費者金融や銀行の利用条件は「満20歳以上で安定した収入がある方」となっていまして、信用金庫などのような特別な条件はありません。

 

他にも、各金融機関には「利用者に対する年齢制限」があり、その上限年齢にも違いがあるということが分かりますね。

 

金利だけを見ますと「労働金庫」がやはり突出して低いことが分かります。

 

ただ、融資を受けるまでの期間や利用条件などを考えますと、あなたの状況によっては労働金庫は適さない場合もあります。

 

もちろん、労働金庫が最適だと判断されれば利用を決められても良いですが、どうしても場所選びを悩まれる場合は「銀行のご利用」をおすすめします。

 

銀行のカードローンでしたら、

 

・融資までの速さ

 

・金利も比較的低い

 

・満20歳以上で安定した収入があれば利用可能というように、信用金庫や労働金庫などのような特定の条件がない

 

といった各金融機関の中では利用しやすさとしてのバランスの良さがありますので、悩まれたら銀行を選ばれると良いでしょう。

 

銀行を利用される場合ですが、参照としてお伝えしました「みずほ銀行」は銀行の中でも上限金利が低めの設定となっていますのでおすすめです。

 

みずほ銀行以外にも、

 

・あなたがお住まいのお近くにある銀行によっては良い条件で利用できる

 

という場合もあるかもしれません。

 

ですので、比較をしてみるということでしたらお近くの銀行もチェックされてみるのも良いかと思います。

 

大手銀行の他にも地方銀行などもありますので、地方銀行をご覧になられる場合は以下のページを利用されてみてはいかがでしょうか?

 

■地銀ネットワークサービス株式会社:

 

http://www.chigin-cns.co.jp/network/index.php

 

他にも信用金庫や信用組合、労働金庫の一覧を確認できるページもありますので気になる場合はご覧になってみてくださいね。

 

■全国信用金庫協会:

 

https://www.e-map.ne.jp/p/shinkinb/

 

■全国しんくみ保証株式会社:

 

https://www.shinkumi-loan.com/card/index.html

 

■全国労働金庫協会:

 

https://all.rokin.or.jp/info/

 

消費者金融に関しましては、本サイトでおすすめの所をご紹介していますのでご参考になさってみてください。

 

100万円のお金を借りることに対して、あなたがこれだけは譲れないというような条件があるとは思います。

 

例えばですが、

 

・金利よりもとにかく早く融資を受けたい

 

・金利のことはちゃんと考えて検討したい

 

などのようにあなたが重視していることですね。

 

特にその譲れない点を重視しながら比較されていくと良いでしょう。

 

ただ、100万円もの大金となるお金を借りるわけですから、やはり返済時のことも考えて「金利は重視」されたほうが良いかと思います。

100万円のお金を借りる際に各金融機関を利用する場合の注意点

お金借りる 100万

各金融機関を利用される際ですが、100万円のお金を借りるときには必要な書類を提出する必要があります。

 

その必要な書類ですが、

 

・消費者金融と銀行…「本人確認書類」と「収入証明書」
(※銀行はマイナンバーの届け出も必要)

 

・信用金庫や信用組合、労働金庫…「本人確認書類」
(※利用する場所によっては収入証明書など、他の書類の提出が求められる場合あり)

 

となります。

 

本人確認書類などの提出書類の内容に関しましては以下のページで詳細を確認できます。

 

⇒ 必要な書類とはどんなもの?

 

それと審査に関しましてですが、やはり100万円のお金を借りるとなりますと、利用する場所はどこであれその審査は厳しくなります。

 

ですので、融資を申し込む前にチェックしておいたほうが良いことがあります。

 

それは「あなたの信用情報」と「雇用に関すること」です。

 

あなたの信用情報に関すること

 

どこを利用するにしても、融資を受けるためには必ず審査を受けなくてはなりませんが、その際にあなたの信用情報が確認されます。

 

信用情報というのは、あなたが融資を受ける対象として問題がないかを確認するための情報です。

 

例えばですが、

 

・あなたがこれまでに利用したローンが何かしらあれば、そのローンに対してちゃんと返済が行われているのかどうか?

 

・クレジットカードであれば、問題のある利用の仕方をしていないか?

 

などの情報です。

 

ここでもし信用情報に問題があった場合、100万円のお金を借りるための審査には通らない可能性が高くなります。

 

そのため、なにか心当たりがあったり心配なことがある場合は、事前に信用情報を調べておくことをおすすめします。

 

特に問題ないのであれば確認される必要はありません。

 

雇用に関すること

 

また、雇用に関しましても、

 

・アルバイトやパートよりも「正社員」として働いている

 

・勤続年数が短いよりも「長い」という勤務実績がある

 

という方のほうが審査に通りやすい傾向にあります。

 

100万円という高額の借り入れとなりますと、よりその傾向が強くなります。

 

特に勤続年数で言えば、1年未満などの短い年数の場合は審査に通るのは厳しいと思ってください。

 

あくまでも目安となりますが、勤続年数に関しましては3年以上の実績はあったほうが良いでしょう。

 

⇒ 審査に落ちやすい人の特徴って?

必ずしも希望通りのお金を借りることができるとは限らない

お金借りる 100万

信用情報や雇用に関することの他にも注意することがあります。

 

消費者金融を利用する場合は総量規制があることも注意しましょう。

 

総量規制というのは、「年収の3分の1を超える金額を借りることはできない」という法律による決まり事であるとお伝えしましたね。

 

あなたの年収次第では、消費者金融から100万円という金額のお金を借りることができないこともあります。

 

また、仮に100万円を借りられるほどの収入があなたにあったとしても、特に初めて利用される場合は、

 

・あなたに対しての融資限度額を低く設定されることもある

 

ということがあります。

 

100万円の借り入れを希望しても初めての利用であれば、融資限度額は20万円ほどになるということもあるといったことです。

 

この初めての利用による融資限度額の設定に関しましては、消費者金融以外でも低めの設定がされる場合もあります。

 

初めての利用ではなかったとしても各金融機関の判断により、希望した融資額の設定がされないこともあります。

 

ですので、どこを利用するにしても、

 

・必ずしも希望通りのお金を借りられるとは限らない

 

ということは頭に入れておいてください。

 

あなたが申し込んだ場所で100万円を借りることができなかった場合、そこ以外の場所をプラスして利用するということもご検討なさってみてください。

 

ただ、短期間に複数社への申し込みは信用情報に傷が付いてしまう恐れもあります。

 

そのため、あなたが初めに利用した金融機関と合わせて申し込みする場所は「合計で2社」くらいに留めておくようにしましょう。

100万円の使いみちによっては別の方法でお金を借りることも検討

お金借りる 100万

これまではカードローンを利用して100万円のお金を借りることに関することをお伝えしてきました。

 

ですが、100万円の使いみちによっては別のローンを利用したほうが良い場合もあります。

 

例えばですが、その100万円の使いみちが車の購入費であれば「カーローン」を利用したほうが良いということですね。

 

銀行や信用金庫などの金融機関では、カーローンなどのように各目的別に特化したローンサービスも行われています。

 

金利も低めの設定とされていますので、返済時の負担も減らすこともできます。

 

ただ注意点として、カーローンなどのように各目的別に特化したローンで借りたお金の使いみちは、その目的に関することのみとなります。

 

カーローンを利用してお金を借りたのに、生活費や旅行などの趣味に使うというのはできないということですのでご注意ください。

 

また、提出書類も利用したローンに関する書類を全て提出する必要があるなど、提出書類に対してはちょっと面倒な場合もあります。

 

とは言え、その点を乗り越えることができれば低い金利で100万円を借りることができますので、利用できるのであれば利用したほうが良いでしょう。

 

各目的別に特化したローンについては、以下の記事をご参考になさってみてください。

 

⇒ 各目的に合わせたローンの内容を確認してみる

 

金融機関以外でお金を借りる方法はあるの?

 

金融機関を利用しないでお金を借りる方法ですが、各都道府県にある社会福祉協議会に相談するという方法もあります。

 

社会福祉協議会にご相談されることで、当面の生活費に必要なお金を低金利で借りることができることもあります。

 

詳しいことはあなたがお住いの地域にある社会福祉協議会にご相談なさってみてください。

 

■全国社会福祉協議会の公式サイト:

 

https://www.shakyo.or.jp/network/kenshakyo/index.html

 

金融機関以外といってもココだけは利用してはいけません

お金借りる 100万

金融機関以外でお金を借りる方法として社会福祉協議会をお伝えしましたが、もしかしたら他にもないのかと思われるかもしれません。

 

ですが、どれだけ魅力的な謳い文句を目にしたとしても、SNSや闇金を利用してお金を借りるようなことをしてはいけません。

 

SNSでお金を貸そうとしているのは「ほとんどが闇金業者」と思ってください。

 

また、SNS以外にも闇金業者はあちらこちらに罠を張っています。

 

あなたや周りの大切な方々が被害を受けないよう十分にご注意ください。

 

100万円のお金を借りる場合の金利はどうなるの?

お金借りる 100万

100万円という大金のお金を借りる場合には金利を重視したほうが良いと本ページでもお伝えしました。

 

金利を重視することが大切なのは理解できたとしても、

 

・実際のところ金利の差によって返済額にどれだけの差ができるのか?

 

という具体的なことを知っておく必要もあるかと思います。

 

100万円を借りた場合の金利の差についてですが、一例として「36回」の返済回数にて返済していく時の総返済額をお伝えします。

 

■返済回数「36回」で100万円の返済をしていく場合:

 

・金利「18%」の場合…「1,301,472円(36,152円)」
(以下数字のみ記載していきます)

 

・14%…「1,230,372円(34,177円)」

 

・10%…「1,161,612円(32,267円)」

 

・6%…「1,095,156円(30,421円)」

 

・2%…「1,031,112円(28,642円)」

 

※返済回数は毎月1回(1ヶ月30日計算)の返済とします。

 

※()内は毎月の返済額

 

※あくまでも目安となさってください。

 

金利が4%違うだけで総返済額に「6万5千円前後〜7万円前後」の差ができることになります。

 

金利「18%」と「2%」とでは「約27万円」もの差ができていますね。

 

毎月の返済額だけを見ますと、金利4%の差では約2千円ほどの差ですので、それほど大きな差に感じられないかもしれません。

 

ですが、総返済額を見ればその差は大きな差となるのがお分かりかと思いますがいかがでしょうか。

 

金利の差についての大体のイメージは付きましたか?

 

ご紹介した内容を考えても、やはり金利のことはしっかりとお考えになられたほうが良いということを改めてお伝えしておきます。

お金借りる額が100万という場合に関するまとめ

お金借りる 100万

数万円ほどのお金を借りるのであれば、各金融機関が提示している利用者の最低条件さえ満たしていれば大抵の場合融資を受けられます。

 

ですが、100万円のお金を借りるとなりますと、やはりどの場所でも審査は厳しくなることだけは頭に入れておいてください。

 

それに返済する時のことを考えますと、金利のことも外すことはできません。

 

カードローン以外に、もし本ページでもお伝えした、

 

・低金利で利用できる「各目的に合わせたローン」

 

を利用できそうであればそちらの利用をご検討されてみてください。

 

各目的に合わせたローンをご利用できない場合は、同じく低金利でお金を借りられる社会福祉協議会などにご相談されることも考えてみてください。

 

また、「利用する場所は1社だけでなく2社を利用してお金を借りやすくする」という考え方をお持ちになるのもおすすめです。

 

あなたの状況に合った最適な方法を利用してお金を借りるようになさることが大切です。