お金借りる希望額が5万円の場合

お金借りる 5万

5万円のお金を借りる必要ができた時というのは、緊急性が高い状況にあなたはおられるかと思います。

 

ですが、緊急性が高い状況であればあるほど焦ってしまい、

 

『もうちょっと落ち着いて行動すれば良かった…。』

 

と後で後悔してしまう行動を起こしてしまいやすくなってしまいます。

 

実際にそういった声も多くあるほど。

 

そこで今回は、5万円のお金を借りるための方法をいくつかご紹介していきます。

 

『どうしても5万円が必要になったのでお金を借りたい!』

 

というあなたに最適な方法を見つけるためのお手伝いをさせていただきますので、少しだけ冷静になられてご参考になさってみてください。

 

お金借りる5万円を実現するための最適な方法とは?

お金借りる 5万

5万円のお金を借りる際ですが、今のあなたの状況に合った最適な方法というのがあります。

 

今すぐにでも5万円が必要な状況の場合

 

今すぐであったり、今日中に5万円が必要などの緊急性が高い状況の場合は、

 

・消費者金融を利用される

 

という方法をご提案させていただきます。

 

『なぜ、消費者金融なの?』

 

このようにあなたは疑問に思われるかもしれませんが、消費者金融をおすすめする理由として、

 

・即日融資が受けられる可能性がある

 

ということがあるからです。

 

今すぐにでも5万円が必要ということは、その言葉どおり、今すぐにでも手元に5万円を用意しなくてはいけない状況ということですよね。

 

消費者金融であれば、審査にかかる時間が1時間ほどで終了し、即日融資を受けることができます。

 

早ければ30分程で審査が終わって融資を受ける人も。

 

そのため、消費者金融をおすすめしているというわけです。

 

ただ、消費者金融であればどこでも良いのかというわけではありません。

 

消費者金によっては即日融資に対応していない所もあるため、即日融資をご希望であれば、大手の消費者金融をご利用なさってください。

 

大手の消費者金融でしたら、即日融資だけでなく、無利息期間が設けられている所もあります。

 

無利息期間は「初回利用者限定の特典」となっていますが、上手く活用すれば、返済の際の負担を軽くすることができます。

 

借りたお金だけを返せば良く、融資を受けた時に通常であれば支払わなければいけない金利がかからないわけです。

 

こういったことは、利用する側からすればとても助かりますよね。

 

他にもアルバイトやパートの方でも利用できるほど融資対象が広く、ネットからの申し込みもできます。

 

また、担保や保証人が必要なく、少額のお金を借りる人にとっては大手消費者金融は適していると言えます。

 

利用するならどこ?

お金借りる 5万

それでは、どこの大手消費者金融を利用するのが良いのでしょうか?

 

大手消費者金融と言ってもいくつかありますので悩むところだと思います。

 

上記でお伝えしました、

 

・即日融資が可能

 

・無利息期間あり

 

・無担保・無保証人

 

という条件を満たしていることにより、おすすめなのは「プロミス」です。

 

ただ、実を言いますと、先程お伝えしました3つの条件は他の大手消費者金融でも対応している所があります。

 

ですが、プロミスは大手消費者金融の中でも口コミでの評判も良く、利用者の方も比較的満足されている方が多いです。

 

ですので、消費者金融選びに迷われたらプロミスを選ばれてはいかがでしょうか。

 

ただし注意点として、ネットからの申込み受付は24時間対応していますが、

 

・最終審査によるご連絡対応時間が「9:00〜21:00まで」

 

となっています。

 

そのため、即日融資を希望される場合は、「午前中」か「夕方頃まで」などできる限り早い時間帯までにお申し込みをなさってください。

 

お申し込みされるタイミングがあまり遅くなってしまいますと、翌日以降の審査対象者にあなたがなってしまう可能性があります。

 

ですので、その点は十分にご注意くださいね。

 

申込み方法は?

お金借りる 5万

できる限りすぐにでも5万円のお金を借りることを希望されるのであれば、ネットからお申し込みをされることをおすすめします。

 

ネットから申し込めば、審査完了までの手続きがネットで済ませられ、審査完了後はあなたご自身の銀行口座にお金が振り込まれます。

 

実際にお申し込みをされた際の流れですが、

 

1:申込画面で「Web」を選択

 

2:申込画面に従って必要な項目を入力していく

 

3:身分証となる物をはじめ、必要な書類を提出する

 

4:申込み時に入力した「希望連絡時間」頃に最終審査の連絡があるので、聞かれた項目に対して答えていく

 

※ご連絡対応時間は「9:00〜21:00」の時間内となります。

 

5:契約が可能な金額の通知がメールか電話にくる(連絡方法は選択可)

 

6:Webで最終契約を行う

 

という流れになります。

 

提出する身分証は、

 

・運転免許証(持っていない時はパスポート)

 

もしくは、

 

・健康保険証+住民票

 

となります。

 

あなたの融資希望金額が「50万円以上」の場合は、

 

・源泉徴収票、もしくは給与明細書

 

などが必要となりますが、5万円の融資希望であれば必要ありません。

 

消費者金融の金利って高くないの?

お金借りる 5万

消費者金融を利用することを考えた時、

 

『金利が高そう…。』

 

とあなたは思われるかもしれません。

 

確かに消費者金融の金利は他の金融機関などと比べれば高く、実際に大手消費者金融の最高金利は「18.0%」あたりの所がほとんです。

 

このように聞かれますと、なんだかとんでもない金利になるのではないかと不安になられたかもしれないですが、ご安心ください。

 

と言いますのも、5万円であればその金利もそれほど高くはならないんですね。

 

イメージをされやすくなられるためにも、プロミスをご利用になられた場合の例を挙げさせていただきます。

 

プロミスの最高金利は「17.8%」となっています。

 

ですので、5万円を借り入れた場合の利息はどうなるのかと言いますと、

 

・1ヶ月以内に一括で返済する場合であれば「731円

 

となります。

 

つまり、返済回数が1回(1ヶ月での返済)の場合は、

 

・利息を含めた【50,731円

 

が返済額となります。

 

このように利息を含めた同様の計算をしていきますと、

 

■返済回数が3回(3ヶ月)の場合、

 

・利息は「1,114円」となり、合計返済額は「51,114円」

 

・1回あたりの返済額は【17,163円

 

となります。

 

■返済回数が5回(5ヶ月)の場合、

 

・利息は「2,245円」となり、合計返済額は「52,245円」

 

・1回あたりの返済額は【10,449円

 

です。

 

上記をご覧になられて、ある程度のイメージをお持ちになることはできましたでしょうか。

 

『思ったよりも高くない。』と感じられませんでしたか?

 

もちろん人によって受け取り方に違いはありますので、それほど低いとは思えないと感じられるかもしれません。

 

ですが、5万円であれば、数万円以上となるような利息はかからないことをご理解いただければと思いましたのでお伝えさせていただきました。

 

プロミスに関する詳細は以下の記事でご確認いただけます。

 

⇒ プロミスでお金借りる前に知るべきこと!メリットとデメリットはコレ

 

 

銀行をおすすめしない理由は?

お金借りる 5万

銀行も5万円の融資を受けることは可能なのですが、現在、銀行は即日融資に対応していません。

 

そのため、今すぐにであったり、今日中に5万円が必要な場合には銀行の利用は適した方法とは言えません。

 

銀行に融資の申し込みをした場合、審査の完了が早くても翌営業日以降となり、平均で3〜5営業日ほどかかります。

 

人によっては、審査期間がそれ以上になることもあります。

 

このような理由から、即日融資を希望する場合に対しては、銀行はおすすめできないというわけです。

 

5万円を用意するまでに多少の猶予期間がある場合の方法は?

お金借りる 5万

『5万円が必要な状況だけど、猶予期間は1週間ある。』

 

という場合でしたら、消費者金融以外にも銀行の利用もご検討いただくことができます。

 

また、1週間ほど猶予があるのでしたら、親御さんやご友人にお願いするということも可能な期間ではあります。

 

⇒ お金借りる理由や口実はどんな言い方が良いの?

 

ですが、『できれば頼みたくない。』という思いをあなたはお持ちかもしれません。

 

もし、そのようなお考えでしたら、消費者金融などのご利用をご検討なさってみてください。

 

ただ、銀行は審査完了まで1週間以上かかることもありますので、より確実にということでしたら「消費者金融」を選ばれると良いでしょう。

 

猶予期間が2週間ほどあるのでしたら、あなたがお持ちの中で「売れる物」をフリマなどに出してみることをご検討なさってみてください。

 

最近では、フリマアプリのサービスが充実していて利用しやすくなっています。

 

それらを利用することで、5万円を用意することができるかもしれません。

 

仮に5万円を用意できなかったとしても、多少でもお金を用意することができれば、お金を借りる時の金額を減らすことができます。

 

もし、5万円を用意するまでの猶予期間が「3週間以上ある」という場合でしたら、以下の方法も可能となります。

 

その方法とは、

 

・クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる

 

・日雇いや短期アルバイトなどをしてお金を稼ぐ

 

という方法です。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法は、

 

・あなたがクレジットカードをお持ちの場合で、そのカードにキャッシング枠があること

 

が条件となります。

 

もし、クレジットカードをお持ちでしたら、キャッシング枠があるかどうかのご確認をなさってみてください。

 

キャッシング枠が付いていましたら、それを利用してお金を借りることができます。

 

おおよそですが、キャッシング枠の利用を申請後、遅くても2週間前後で利用が可能となります。

 

また、日雇いや短期アルバイトなどをすることも一つの手です。

 

アルバイトをされる場合は、5万円を用意するための猶予期間が少なくとも1ヶ月以上あることが望ましいでしょう。

 

給料を受け取るまでの期間が各場所によって違いますからね。

 

もし日雇いや短期アルバイトができるまでの猶予期間がおありでしたら、ご検討なさってみてください。

5万円のお金を借りる時の注意点

お金借りる 5万

せっかく5万円をすぐにでも借りることができる状況にあるにも関わらず、うっかりミスをしてしまったことで、

 

・それが不可能となる

 

ということになってしまうこともあります。

 

ですので、そういったことにならないための注意点をお伝えします。

 

落ち着いて申し込みを行うこと

 

融資の申し込みを行う場合、必要な項目にあなたの情報を入力していくことになりますが、

 

・その入力情報に間違いがあると審査完了までに時間がかかってしまう

 

ということが起きてしまいます。

 

例えばですが、電話番号に間違いがあれば、あなたと連絡がとれませんよね。

 

そうなってしまっては、審査を進めることができません。

 

また、名前や住所などに間違いがありますと、

 

・虚偽申請とみなされてしまう

 

こともあります。

 

そうなってしまっては、最悪の場合、あなたはブラック対象になってしまいます…。

 

ブラック対象になることを防ぐためというのはもちろんですが、審査をスムーズに進めるためにも、

 

・入力する際は慌てず落ち着いて行う

 

ということを心がけてください。

 

連絡先は携帯電話の番号にしておくこと

お金借りる 5万

申し込みの際、連絡先を入力することになりますが、携帯電話の番号を入力されるようになさってください。

 

と言いますのも、もしご自宅の電話番号を入力された場合、

 

・あなたが外出された時には連絡がとれなくなってしまう

 

ことになります。

 

先程の入力ミスに関する記事でもお伝えしましたように、連絡がとれなければ、審査が進みません。

 

もちろん、『その時は外出しないから大丈夫!』という場合でしたら、ご自宅の電話番号でも良いでしょう。

 

ただ、

 

・申し込みをした当日に外出する用事がある

 

・一緒に住んでいる家族などには知られたくない

 

ということでしたら、連絡先は携帯電話の番号になさっておくことをおすすめします。

 

欲を出しすぎないこと

 

お金を借りる際の希望金額を入力する時に、必要以上の金額を入力しないようにしましょう。

 

希望金額が高くなるほど審査も厳しくなりますし、審査時間もよりかかります。

 

『ちょっとでも多く借りられたらラッキーかも。』

 

というお考えで希望金額を多めに入力すると、あなたの状況によっては審査に通らない場合もあります。

 

もしかしたら、「5万円であれば借りられた」という状況だったとしてもです…。

 

そのため、希望される融資額はできる限り「希望どおりの金額」を入力されるようになさってください。

お金借りる5万円に関するまとめ

お金借りる 5万

緊急性が高いほど気持ちも焦ってしまわれるかと思いますが、たとえそのような状況だったとしても、まずは一度落ち着かれてください。

 

焦ってお申し込みをされ、入力ミスなどがあった場合は、せっかく当日にお金を借りることができたとしても全てが台無しになることもあります。

 

ですので、落ち着かれた状態で必要な書類などを用意されたり、必要な項目を入力なさってください。

 

もし、5万円を用意するまでにある程度の猶予期間がある場合でしたら、本ページでお伝えさせていただいた方法もご検討なさってみてください。

 

上手く活用されることで、5万円を用意できたり、お金を借りる際の金額を減らせるかもしれません。