お金借りるために銀行を利用する

お金借りる 銀行

お金を借りる目的で銀行を利用する場合、どんな方法があるのかであったり、どこの銀行が良さそうなのかというところは悩みどころでもありますよね。

 

ここでは、お金を借りる時の銀行での方法やその内容の特徴などをお伝えします。

 

ご自身の目的に合った最適な方法を把握されて、上手にご利用になられてみてください。

 

お金借りる時の銀行での方法

 

お金借りる際に銀行を利用する場合には、

 

・各目的に合わせたローン

 

・カードローン

 

などのローンが主にあります。

 

各目的に合わせたローン

 

各目的に合わせたローンというのは、

 

・住宅ローン

 

・カーローン

 

・ブライダルローン

 

・教育ローン

 

など、それぞれの目的に特化されたローンのことを言います。

 

各目的に特化されているローンということもあり、そのローンの使い道は各ローンに沿った事項でのみしか使うことが出来ません。

 

住宅ローンで言えば、土地の購入費であったり、住宅の購入費や住宅を建てる際の費用など、住宅に特化した事項に関することのみでの使用となります。

 

各ローンについてのメリットやデメリットをご紹介していきますので、ご参考になさってみてください。

 

住宅ローンのメリットやデメリット

お金借りる 銀行

住宅ローンをご利用になられる際、気になるところというのはやっぱり金利かと思います。

 

金利によってお金の返済状況というものは変わってきたりします。

 

ですので、なんとなくという感覚で選んでしまうと後々困ってしまうことになる場合があります。

 

そのようなことにならないよう、各金利の特徴などを把握なさることが大切です。

 

住宅ローンの金利には、

 

・変動金利

 

・固定金利

 

・固定期間選択型

 

などの種類が主にあります。

 

お金借りる 銀行

 

変動金利の特徴

 

変動金利とは言葉の通り、金利が期間ごとに変動していくタイプでして、多くの金融機関で取り扱っています。

 

何よりも変動金利のメリットは「設定されている金利が低い」ということにあります。

 

金利が低いままでローンの返済を続けることが出来れば、その分、ローンの返済の負担が少なくなるというのが魅力的です。

 

デメリットとしては「金利が変動していく」というのがあります。

 

金利が変動した際、今の金利よりも低くなることもあります。

 

ですが、状況によっては住宅ローンを利用し始めた初期の頃よりも金利が高くなっていく可能性もあります。

 

そうなった場合、返済の負担が増えてしまうことになります。

 

そのため、金利が低いとは言え変動金利を選ばれる場合は、金利が高くなった時という万が一のことを想定されておくことが大切です。

 

固定金利の特徴

 

固定金利は、はじめに設定されている金利が変動することなく、ずっと固定されている金利のことを言います。

 

金利が固定されているので、毎月に支払うローンの返済額も変わることがないため、返済計画が立てやすいということがメリットです

 

一方、デメリットは金利が高めに設定されているということです。

 

金利が変動しないということは、

 

「うわっ、金利が上がってしまった…。」

 

というように金利が変動する度にショックを受けたりすることはありません。

 

ただ、変動金利と比べた場合では、変動金利のほうが金利が低いです。

 

そのため、後々金利が高くなってくる可能性があるということを考慮しても、

 

・変動金利の方を選んだほうがメリットがある

 

と考えられる方も多い傾向にあります。

 

また、銀行も同様の考えを持つことからか、固定金利を取り扱っている銀行は少ない傾向にあります。

 

※返済期間が長くなればなるほど、変動金利と比べて後々の金利が安くなる場合もあります。

 


ですので、固定金利は全く駄目だというわけではありません。

 

固定期間選択型の特徴

 

固定期間選択型は、金利が比較的低めに設定されていて、その金利が変動しない固定期間が一定期間設定されているタイプのことを言います。

 

こちらも多くの金融機関で取り扱われていますが、基本的な固定期間は「3年」・「5年」・「10年」となっています。

 

ただ、銀行によって選択することができる固定期間には違いがあったりします。

 

とは言え、様々な種類の期間を選べることから、ご自分のご都合に合った(近い)タイプのものを選びやすいというのがメリットです

 

反対にデメリットは、設定されている金利の固定期間が終了した後、それ以降の金利は大幅に高くなることです。

 

そうなった場合、ローンの返済による負担が大きくなってしまいます。

 

ですので、金利が高くなった時のことを考えて返済計画を立てないと、

 

・最悪の場合、金利が高くなった時に返済による支払いができなくなってしまう

 

という可能性もあります。

 

そのため、金利が低い固定期間を軸に返済の計画を立てるのではなく、

 

・金利が高くなったときのことも想定しながら返済計画を立てる

 

ことを心がけるようになさることが大切です。

 

カーローンのメリットやデメリット

お金借りる 銀行

カーローンは、車を購入する時に多くの方が利用されているローンですが、カーローンを利用できる所というのはいくつかあります。

 

また、利用する所や種類によって、メリットやデメリットがそれぞれありますのでお伝えしていきます。

 

カーローンを利用することが出来る所や種類というのは主に、

 

・ディーラーローン

 

・銀行関連のカーローン

 

・残価設定型クレジット

 

などがあります。

 

ディーラーローンの特徴

お金借りる 銀行

ディーラーローンは、各自動車メーカーがそれぞれ提携している信販会社を通じて利用できるローンです。

 

車を販売している自動車メーカーのカーローンということで、出来る限り多くの方に車を購入してほしいということもあり、比較的審査が通りやすい傾向にあります

 

ただ、金利が高く設定されているため、ローンを組んだ時の全体的な返済額は高くなってしまいます

 

また、金利を低くするための交渉などもできませんので、あらかじめ設定されている金利でローンを組むことになります。

 

銀行関連のカーローンの特徴

お金借りる 銀行

銀行関連のカーローンは、銀行をはじめ、信用金庫や労働金庫(ろうきん)などで利用することができるローンです。

 

比較的金利も低い傾向にあります。

 

そのため、銀行関連のカーローンを利用することができれば、ディーラーローンよりは返済の負担が少なくなるというメリットがあります。

 

ですが、銀行関連での審査基準は厳しく設定されていることが多いというのがデメリットと言えます。

 

また、実際に借りたお金を、

 

・自動車の購入費など自動車に関連したことに使ったということを証明するための書類などを提出しなければならない

 

など、ディーラーローンと比べて面倒な手続きがあったりします。

 

万が一、書類の提出を怠ってしまいますと、個人の信用情報に事故情報(ブラック情報)として記録されてしまいます。

 

その結果、その他のローンなどの審査の際に審査落ちの原因になってしまう可能性がありますので十分に注意が必要です。

 

残価設定型クレジットの特徴

お金借りる 銀行

残価設定型クレジットは、新車を購入した際に、

 

・あらかじめ決められている期間を過ぎたら車を返す

 

ということを条件に毎月の支払額を少なく設定することができるローンです。

 

あらかじめ決められている期間というのは、おおよそ「3年〜5年(状況によっては7年以上もあり)」程となります。

 

新車は当然ですが、新車の時が一番価値が高く、年数を重ねるにつれてその価値というものは下がっていきます。

 

残価設定型クレジットは、新車を購入後、ご自身が車に乗られた期間(3年〜5年)後のその車の価値となる下取り価格を「残価」として設定します。

 

そして、新車の購入総額からその残価を引いた残りの金額をローンとして分割で支払っていくという形になります。

 

1つ例を挙げますと、250万円の新車を購入した場合、5年後のその車の下取り価格が《100万円》だったとします。

 

その場合、残価設定型クレジットでいうところの残価は「100万円」ということになります。

 

つまり、250万円の新車を購入する場合で、残価設定型クレジットを利用した場合は、

 

・残価である「100万円」を引いた【150万円

 

でローンを組むことができるということになります。

 

通常のカーローンで購入する場合は、250万円のままでローンを組むことになります。

 

ですので、ローンを返済していく総額を少なくすることができるのが残価設定型クレジットのメリットと言えます

 

ただ、車を購入したわけではなく、あくまでも車を借りている状態であり、その車はご自身の所有物ではありません。

 

そのため、

 

・車を自分で勝手に売ることができない

 

・車の走行距離や車の状態をあらかじめ決められてしまう

 

などの成約があります。

 

車の走行距離に関しましては、例えば、5年後の走行距離は〇〇kmまでにしないといけないといったことがあります。

 

また、車の状態に関しましては、5年後に特に事故を起こしたり、傷を付けていない場合の一般的な車の状態を維持しておくことなどの成約があります。

 

そのため、万が一、設定された期間の途中で事故を起こしたり、どこかにこすって傷を付けてしまった場合は、

 

最初に設定した残価が下がってしまうことにより、その分の差額を支払わなくてはいけなくなる

 

こともありますので十分にご注意ください。

 

もちろんですが、車の改造も出来ません。

 

以上のことから、残価設定型クレジットを利用する場合は、利用する前にしっかりと条件などを確認しておくことが大切です

 

ブライダルローンのメリットやデメリット

お金借りる 銀行

ブライダルローンは、

 

「本当は理想としている結婚式があるけど、費用の関係でそこまでは出来ない…。」

 

などの結婚式に関する費用や、新婚旅行の費用、新居にかかる費用など、結婚に関することで必要となるお金を借りるために利用するローンです。

 

金利も比較的低い場合が多かったりしますので、ローンの返済による負担は少なく済ませることができます。

 

ただ、審査が厳しい傾向にあることや、審査に時間がかかることもあるため、すぐにお金を借りられない場合があるというのがデメリットとしてあります。

 

もちろん、ブライダルローンを利用した後はお金を返済していくことになります。

 

ですので、返済計画を立てておかないと、その後の生活が大変なことになってしまいます。

 

「新婚生活なのにお金の返済で大変…。」ということにならないためにも、しっかりと返済計画を立ててからブライダルローンを利用するようにしましょう。

 

教育ローンのメリットやデメリット

お金借りる 銀行

お子さんの大学への進学など、教育に関することでお金が必要になった時のために利用できるのが教育ローンです。

 

メリットとしましては「金利が安い」というのが特徴です

 

ただ、金利が安いということは、その分、審査が厳しい傾向にあります

 

また、借りたお金は「教育に関連すること以外には使ってはいけない」ということがあります。

 

ですので、どんなことに対しても自由にお金を使えるというわけではありません。

 

さらに返済に関しましても、お金を借りた翌月から返済が始まるなど、返済の開始期間が早かったりします。

 

そのため、教育ローンを利用される場合は返済のことを特に注意してご利用になさってください。

 

各目的に合わせたローンのまとめ

 

お伝えしてきました各目的に合わせたローンというのは、各それぞれにかかる費用も高額になることが多かったりします。

 

ですめで、お金を借りる際の金額も高額でのローンが可能となります。

 

そのため、「住宅を建てるためにお金が必要」というように、ハッキリとした目的があるのであれば、それぞれに特化したローンを利用されることが最適です。

 

ただ、お金を借りる金額が高額になるということもあり、

 

・各ローンに申し込む際の手続きも結構複雑だったりする

 

・その審査も結構厳しく、審査の完了まである程度の日にちが必要

 

ということがあります。

 

そういったことから、

 

「急遽ちょっとしたお金が必要になったのでお金を借りよう。」

 

といった場合などに利用するということには向いていません。

 

もし、各目的に合わせたローンほどの高額ではないですが、少額のお金を借りる必要な場面になった時には銀行のカードローンがおすすめです。

 

銀行カードローン

 

銀行カードローンは、各目的に合わせたローンのように借りたお金の使用用途が限定されるということはありません。

 

そのため、利用するための手軽さということで言えば一番手軽で利用しやすいローンと言えます。

 

銀行カードローンを利用してお金を借りる際に必要なものも、

 

・運転免許証や各健康保険証などの「本人確認書類」

 

・源泉徴収票などの「ご利用者の年収を確認できる書類のコピー」
※こちらに関しては金額によっては不要な場合もあります。

 

を用意するだけで良かったりします。

 

各目的に合わせたローンの場合は、上記以外の書類などの他にも、

 

・その目的に合わせた必要な書類を何枚か揃えないといけなかったりします

 

ので、そういったことからも申し込みしやすいです。

 

また最近では、以前のようにお店に足を運ぶことなく、パソコンやスマホで申し込みからお金の借り入れまで済ませることが可能です。

 

そのため、審査も各目的に合わせたローンよりも早く完了します。

 

ですので、お申し込みのタイミングによっては、最短で翌営業日に審査が完了になることもあります。

 

このようなことから、少額のお金を借りることを銀行からという場合には銀行カードローンが適していると言えます。

お金借りる時の金利が安い銀行は?

お金借りる 銀行

銀行カードローンを利用する場合、お金を返済することを考えると、少しでも金利が安いほうが助かりますよね。

 

お金を借りる時の金利が安い銀行ということで言いますと、本ページでは、

 

・三菱UFJ銀行(旧:三菱東京UFJ銀行)

 

・みずほ銀行

 

の2社をおすすめします。

 

どちらの2社もインターネットから24時間申し込みの受付を行っています。

 

ですので、パソコンやスマホからいつでもお申し込みが出来ますし、各銀行の中でも上限金利が安いのが特徴です。

 

銀行からお金を借りる際の流れですが、パソコンやスマホの場合は、

 

1:申し込みを行う

 

2:必要な書類を提出する

 

3:審査の回答(審査に通った場合は契約)

 

4:カードの受け取り(借入可能)

 

となります。

 

ただ、銀行カードローンを利用することが出来るのは、

 

・満20歳以上〜満66歳未満(銀行によっては満70歳未満などもあり)

 

・安定した収入が継続的にあること

 

という条件を満たすことが最低条件だったりすることから、未成年や無職の方はご利用できませんのでご注意ください

 

銀行カードローンのメリット

お金借りる 銀行

銀行カードローンは、各目的に合わせたローンと比べれば、申込み手続きが簡単で、審査が早いです。

 

また、審査に通ればお金を借りることができますので、銀行カードローンに関しましては保証人も必要ありません。

 

お金を借りる際も、限度額内での借り入れであれば、いつでも借り入れが可能となっています。

 

そのため、普段の生活の中でお金が急に必要になった時の手段として利用できるのもメリットだったりします。

 

銀行カードローンのデメリット

お金借りる 銀行

メリットが比較的多い銀行カードローンですが、デメリットも一方であります。

 

中でも、銀行でお金を借りる時の審査は厳しいと言えます。

 

審査に関しましては、各目的に合わせたローンよりは審査基準が多少緩和されると上記でもお伝えしていました。

 

ですが、緩和されると言っても審査自体が甘くなるわけではありません。

 

銀行のローン審査には、

 

・年収や職業

 

・勤務年数

 

など、細かい項目まで審査を行われたりすることもあります。

 

そのため、場合によっては、《成人で安定した収入が継続的にある》という条件を満たしている方でも審査に通らない可能性もあるなど、審査基準は厳しめです。

 

銀行カードローンも審査はしっかりと行われますが、各目的に合わせたローンよりは必要な書類などは多くないため、申し込みをしやすいのは確かです。

お金借りるなら消費者金融がおすすめ!

お金借りる 銀行

はじめにお伝えしておきますが、消費者金融をおすすめさせていただいているとは言え、銀行よりはお金を借りやすいということではありません。

 

審査も甘いとわけではありませんので、お金を借りることを希望される全ての方が審査に通るわけではありません。

 

おすすめする理由としましては、銀行カードローンは審査が最短でも翌営業日だったりしますが、消費者金融の場合は、審査結果が即日に出たりすることもあります。

 

そのため、お申し込みのタイミングによっては即日にお金を借りることが可能となります。

 

ですので、「どうしても今すぐにお金を用意しなくてはいけなくなった…。」という場合の方にとっては、とても頼りになる存在となります。

 

※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

数多くある消費者金融の中でも、当サイトでは厳選した3社をおすすめしていますので、よろしければご覧になられてみてくださいね。

お金借りる時の銀行に関するまとめ

 

お金を借りる際に銀行を利用する方法ですが、お伝えしてきましたとおり、

 

・各目的に合わせたローンや銀行カードローン

 

など、ご利用になりたい方に合わせて様々な種類のローンが用意されています

 

お金を借りるための目的などが、住宅の建築や車関連に使用するなどのように明確になっている場合は、それぞれに合ったローンのご利用をご検討なさると良いでしょう。

 

普段の生活の中で、やむを得ずお金が必要になった時などの場合は、

 

・銀行カードローンか消費者金融のご利用をご検討される

 

など、ご自身の目的に合わせて最適な方法をご利用になられてみてください。