学生がお金借りる場合

学生 お金借りる

学生がお金を借りる必要が起きた時って、様々な事情があるかと思います。

 

・学費や生活費のため

 

・スマホ代などの何かしらの支払い

 

・自分の趣味や人との付き合いなどによる交遊費

 

など、学生も何かとお金が必要だったりするため、お金のことで頭を悩ますことってありますよね。

 

こちらでは、学生がお金を借りる際の方法にはどのような方法があるのか?

 

また、各方法に関する特徴や疑問点などをお伝えしていきます。

 

それぞれの特徴などを把握して、お金の悩みを解決するための手段としてご活用なさってください。

 

学生がお金借りるための方法は何がある?

学生 お金借りる

学生がお金を借りる際の方法ですが、

 

・奨学金制度を利用する

 

・通っている学校や地方自治体などからお金を借りる

 

・銀行や消費者金融会社を利用する

 

などが主な方法としてあります。

 

奨学金制度を利用する

 

学生がお金を借りる方法としては、多くの方がイメージされるくらい有名な方法となっている奨学金。

 

一般的にイメージされている奨学金は、「日本学生支援機構(JASSO)」が行っている奨学金制度で、

 

・学費や大学周辺に住む際の家賃など、

 

大学に通うために必要となるお金を借りるために利用する制度です。

 

大学に通うために必要なお金を借りることができるので、

 

「本当は大学に通いたい(進学したい)けど、経済的なことが理由で大学に通う(進学する)ことが厳しい…。」

 

というご家庭でも、奨学金を利用することで大学に通うことが可能となります。

 

日本学生支援機構の奨学金には、主に「第一種」と「第二種」の2種類ありまして、

 

・第一種…成績が優秀な学生が利用可能/無利息で借りられる

 

・第二種…第一種よりは審査基準が緩やか/利息は「3%」

 

となっています。

 

第一種や第二種のどちらであっても利用する際には審査があります

 

審査基準としましては、第一種のほうが厳しく、審査が厳しい分、無利息で借りることができるのが特徴です。

 

学生の成績の審査には、高校の成績(出身高校も含む)や大学の成績などが審査されます。

 

第二種は第一種よりは審査が緩やかではあります。

 

ですが、だからといって審査が甘いというわけではなく、第二種でも学生個人の学力が平均水準以上であることが求められます。

 

ご家庭の収入も一定未満であることが条件で、その一定以上の収入があると審査には通らないため、奨学金を利用することはできません。

 

奨学金の注意点

学生 お金借りる

お伝えしましたように、奨学金の利用には審査も含め、それなりの条件が必要となります。

 

そのため、利用したいと思われた全ての方が利用できるというわけではありません。

 

奨学金の申請に関しましても、高校生の時に事前に申請をする必要があります。

 

大学や専門学校に在学中に奨学金を利用する場合は、基本的には年1回に行われる募集の際に申請する形となります。

 

ですが、申し込んでから数ヶ月は待たなくてはいけなかったりします。

 

また、奨学金を利用する場合は、

 

・保証人が必要であったり、

 

・親の所得証明書の提出が求められたりするため、

 

親に知られることなく奨学金を利用することは大変難しいです。

 

さらに奨学金を利用した場合、大学などを卒業後に返済していくことになりますが、人によってはお金を全て返済するまでの期間が「15年から20年近く」かかる人もいます。

 

その場合、お金を返し終えた時の年齢が「30代半ば〜40代前後」となられることになります。

 

お金を返し終えるそれまでの間は、なかなかお金を貯めにくかったりするなど、卒業後の十数年が大変になる場合もあるということも考えておく必要があります。

 

信用情報にも関係あり

学生 お金借りる

奨学金を利用するということは「お金を借りる」ということになります。

 

ですので、万が一奨学金の返済が遅れたりするようなことがありますと、

 

・奨学金を利用された方個人の信用情報に事故記録(トラブルの記録)

 

として登録されてしまいます。

 

⇒ 信用情報って何?今すぐチェックする

 

信用情報に事故記録があると、

 

・金融機関などでお金を借りる場合やローンを組む場合などの審査に通らない可能性もある

 

などの影響を受けてしまいますので、奨学金の返済には注意が必要となります

 

奨学金は学生を支援してくれる制度です。

 

そのため、大学などに入学後、卒業するまでの学生生活を送る長期間のお金が必要な方にとっては、

 

・奨学金を利用することが可能であれば、利用されること

 

という方法が学生がお金を借りる方法として一番おすすめできる方法となります。

 

ただ、上記でもお伝えしましたように、奨学金を利用するためには厳しい審査や条件が必要です。

 

また、お金を借りられるまでには期間がある程度かかります。

 

ですので、気軽にお金を借りたいという方や、今すぐお金が必要という方にはおすすめは出来ません。

 

通っている学校や地方自治体などからお金を借りる

学生 お金借りる

奨学金ということで言いますと、これまでにお伝えしました日本学生支援機構の奨学金の他に、大学や専門学校が独自に行っていたり、地方自治体などが行っている奨学金制度があります

 

大学などが独自に行なっている奨学金制度に関しましては、各大学などで決められている使用用途の条件や審査基準などがあります。

 

ですので、通われている大学の学生課などにご確認なさってみてください。

 

ただ、審査基準は厳しいところが多かったりします。

 

地方自治体などが行っている奨学金制度は、

 

・各自治体がその地元の方や、その自治体内にある学校に通う方を対象とした制度

 

ですが、審査基準は基本的にはどこも厳しかったりします。

 

銀行や消費者金融会社を利用する

学生 お金借りる

金融機関を利用してお金を借りる方法もありますが、主に、銀行や消費者金融会社を利用することになります。

 

銀行でお金を借りることは学生でも可能なの?

学生 お金借りる

銀行でお金を借りるということが学生でも出来るのかですが、20歳以上で一定の収入が定期的にあれば、お金を借りることは可能ではあります。

 

ただ、20歳以上で一定の収入が定期的にあるということが条件があります。

 

ですので、高校生や大学生であっても未成年の方の場合は、たとえアルバイトなどで一定の収入が定期的にあったとしても銀行でお金を借りることは出来ません。

 

もちろんですが、20歳以上であっても無職の学生の場合も同様となります。

 

銀行でお金を借りるのは学生でも可能ではありますが、銀行は審査基準が厳しかったりします。

 

また、全ての銀行とは言いませんが、学生の方が銀行からお金を借りる場合、親の同意が必要だったりするところが多かったりします。

 

そのため、銀行の金利はどこの消費者金融よりも安かったりするので、一度審査に通ることができれば大変頼りになるところと言えますが、

 

・審査が結構厳しかったりする

 

ということから、銀行を利用するという方法はあまりおすすめは出来ません。

 

特に「親にはお金を借りる(た)ことを絶対に知られたくない」という方は、銀行のご利用は避けられたほうが良いでしょう。

 

消費者金融会社を利用して学生がお金を借りる方法

 

消費者金融会社から学生がお金を借りる方法としては、

 

・学生ローンを利用する

 

・カードローンを利用する

 

ということが挙げられます。

 

■お金を借りる際に学生ローンを利用する

学生 お金借りる

学生ローンは、奨学金や銀行よりはお金を借りやすかったりします。

 

もちろん審査はありますし、一定の収入が定期的にあることが最低限の条件となっています。

 

ですので、学生専用の学生ローンであっても無職の方は審査には通りません。

 

また、学生ローンの利用対象者が「首都圏に在住している方限定」というところもあります。

 

さらに、たとえ全国で利用が可能な学生ローンの消費者金融会社があったとしても、不便なところがあったりします。

 

その不便なところというのは、お金の受け取り方法が振込となっている点です。

 

基本的にお金の借り入れが銀行の当日での振込期限内のみとなっています。

 

ですので、平日であっても銀行の当日の振込期限が過ぎていた場合は翌日にならないとお金が振り込まれないため、結果的に申し込んだ即日にお金を借りることが出来ません。

 

また、銀行は土日や祝日の振込は行っていませんので、お金を借りることを即日に考えている学生の方の場合、

 

・学生ローンはその時の状況によっては大変不便となりやすい

 

ということが言えます。

 

他にも、コンビニのATMや銀行のATMとの提携が行われていないため、どこでもお金の引き出しや返済ができるというわけでもありません。

 

ATMを利用する場合、その会社専用のATMを利用する必要がありますし、その数も少なかったりします。

 

ですので探すだけでも大変ですし、場所によってはそこに向かうだけの移動そのものが大変ということもあります。

 

さらに、郵便物が届いたりするため、同居されているご家族にお金を借りたことがバレてしまう可能性もあります。

 

このように学生ローンは、学生のみが利用できる専用のローンとは言え、利用する際にはかなり不便だったりします。

 

■カードローンを利用してお金を借りる

学生 お金借りる

カードローンを利用されてお金を借りるという方法が、これまでにお伝えしました方法の中でも、

 

・お金を借りやすく、利用するということに関しましても結構便利

 

だったりしますので、学生がお金を借りる方法としましては一番おすすめできる方法です

 

銀行や学生ローンと同様に、カードローンを利用するための最低条件として、

 

・20歳以上であること

 

・アルバイトなどで一定の収入が定期的にあること

 

ということがあります。

 

ですので、当然ですが、カードローンであっても未成年や無職の学生の方は利用することは出来ません。

 

上記の最低条件を満たしていれば、ご自身の信用情報に問題がなければお金を借りられる可能性があります。

 

もちろん、審査はありますし、その審査も甘いわけではありません。

 

そのため、必ず誰でもお金を借りることができるということはありませんので、その点はご注意ください。

 

また、大手消費者金融会社では、コンビニや銀行のATMと提携していたりしますので、普段、ご自身の預貯金をATMで引き出すのと同じ感覚でお金を借りることができます。

 

お金を返済する際も、

 

・どこかに支払いをするときと同じ感覚でATMにお金を振り込むことで返済することもできる

 

など、申し込みから返済までの流れがスムーズに行うことができるので大変便利です。

 

カードローンをご利用になる場合におすすめなのが、大手消費者金融会社をご利用になられる方法です。

 

その中でも当ページでおすすめなのが、「SMBCモビット」・「プロミス」・「アイフル」の3社です。

 

▼SMBCモビット

 

SMBCモビットは、審査が最短で30分というほど審査が早く、消費者金融会社の中でもトップクラスの早さです

 

※ただし、お申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

三菱UFJ銀行や三井住友銀行、ゆうちょ銀行の普通預金口座を事前にお持ちであることが条件ではありますが、その条件をクリアしていれば、

 

・申し込みからお金の借り入れまでの全ての流れをWEBのみで完結

 

させることが出来ます。

 

申込み方法によっては、郵便物なしにすることもできますので、誰にも知られることなくお金を借りることも可能です。

 

⇒ SMBCモビットでお金借りる前に確認!良い点や気になる点はココ!

 

 

▼プロミス

 

プロミスも、PCやスマホを利用することで申し込みなどの手続きをすべて済ませることができる《WEB完結》を利用することができます。

 

そのため、親や友人などにバレることなくお金を借りることが出来ます。

 

また、限度額内であれば、1,000円から繰り返し借り入れ利用が可能となっています。

 

さらに、初めてご利用になる方であれば30日間の無利息サービスにも対応しているということから学生に人気となっています。

 

⇒ プロミスでお金借りる前に知るべきこと!メリットとデメリットはコレ

 

 

▼アイフル

 

本格的なお申し込みの前に、個人情報を入れることなく簡易審査という審査を1秒で行ってくれるので、事前にご自身が本審査に通ることが可能かどうかのチェックを行うことが出来ます。

 

WEB完結もできますし、ご家族などにバレずにお金の借り入れから返済まで全てを済ませることが可能です。

 

さらに、アイフルも初めての方限定の30日間の無利息サービスを行っています。

 

⇒ アイフルでお金借りる前に特徴を把握!審査や在籍確認などはどう?

 

 

学生がお金借りることに関するまとめ

 

学生がお金を借りる方法をいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回ご紹介させていただきました方法の中では、

 

・カードローンをご利用になられる方法が他の方法よりはお金を借りやすく、利用する際にも便利

 

ということでおすすめの方法としてご紹介させていただきました。

 

カードローンのお申し込みの際の身分証の提示に関しましては、学生証ではお金を借りるための身分証にはならないため、その点はご注意ください。

 

身分証には「運転免許証」や「パスポート」、「健康保険証」などを提示すればOKです。

 

急にお金が必要になる時というのは誰にでも起きますので、お金を借りることが即日に学生でも可能な方法であるカードローンは心強い存在です

 

お金の悩みを解消する方法として、上手にご活用なさってみてはいかがでしょうか。