お金借りる時に延滞状態の場合…

お金借りる 延滞

お金を借りる必要ができた時、すでにどこかでお金を借りていて、その返済が延滞している場合、

 

『お金を借りるのは、延滞をしている人でも可能なの?』

 

今、あなたはこのようなことが気になっていませんか?

 

実際に同じように思われる方というのは多く、さらにその中でも、

 

「借金の返済を延滞しているとお金を新たに借りるのは難しい…。」

 

と考えている方が多いです。

 

ここでは、お金を借りる時に返済の延滞をしている場合でも利用することができるところはあるのかをお伝えしていきます。

 

あなたご自身がお金を借りられる可能性があるのかを、本ページにてご確認なさってみてください。

 

お金借りるのに延滞していても利用できる場所はあるの?

お金借りる 延滞

お金を借りる時に返済の延滞をしている場合でもお金を借りることができるのかどうかですが、

 

・あなたご自身の延滞の状況次第

 

によってはお金を借りる可能性がまだあります。

 

その可能性というのは、もしあなたが、

 

・クレジットカードを使用した時の支払い請求に対する支払い

 

・カードローンなどの何かしらのローンの支払い

 

・携帯/スマホ料金の支払い

 

※機種代金を含む支払いの場合のみ

 

※支払いの内訳が機種代金を含まず、使用料金のみの場合は対象外

 

などに関して、長期の延滞や滞納をしていないという場合です。

 

長期の延滞や滞納をしているとみなされる目安期間は「61日以上」となります。

 

場合によっては、3ヶ月以上を長期延滞対象の期間とみる場合もありますが、基本的な目安は「61日以上」となさってください。

 

万が一、あなたのお金の返済を延滞している期間が61日以上経過している場合は、残念ではありますがお金を借りることは大変厳しいです。

 

なぜなら、長期延滞者は「返済の約束を守れない人(ブラック登録対象者)」とされてしまうからです。

 

つまり、お金を貸す人として信用できないと判断されてしまうということです。

 

そのため、長期の延滞や滞納をされている場合は、お金を新たに借りることはできないと思ってください。

 

お金を借りられる可能性のある対象者とは?

お金借りる 延滞

長期の延滞や滞納ではなく、数日ほど返済の延滞や滞納をされた人はどうなのかですが、この場合もブラック登録される可能性が高いです。

 

たとえ数日ほどであっても、本来の返済の期日を過ぎてしまったことには変わりはありません。

 

ですので、「返済の約束が守られない人」とみなされてしまうため、ブラック登録される可能性が高いというわけです。

 

ただ、数日ほどの延滞ということで、長期の延滞や滞納をしているわけではありません。

 

そのため、その後の返済をしっかりと行っている場合でしたら、まだお金を借りられる可能性は残っています。

 

とは言え、大きな期待はしないでください。

 

《返済の延滞をしている方は利用不可》となっている銀行や消費者金融が多いのが現状です。

 

特に銀行や大手消費者金融は審査に通らない可能性が極めて高いでしょう。

 

ですが、中小の消費者金融によっては、

 

・あなたご自身の現状を伝え、どのように返済していくのか明確な返済計画を示す(伝える)

 

ことにより、お金を借りられる可能性が出てきます。

 

もちろんですが、

 

『収入はありません(少ないです)が、お金を返していく気持ちはあります。』

 

というように、返済の確実性がない返済計画では駄目です。

 

・今のあなたご自身の1ヶ月あたりの収支をしっかりと把握し、それにより返済が可能な状態にあることを示す

 

など、お金の借り入れ対象者として信用できると判断してもらうための姿勢を示す必要があります。

 

利用するならどこが良いの?

お金借りる 延滞

中小の消費者金融の中でも、本ページでご紹介する消費者金融は、

 

・ライフティ

 

・アルコシステム

 

をご紹介します。

 

ライフティ

 

審査を行う際の審査基準がライフティ独自の審査基準となっています。

 

銀行や大手消費者金融では、コンピューターによる審査がメインとなります。

 

そのため、あらかじめ決められている審査基準に合わせてコンピューターで判断されてしまいます。

 

銀行と大手消費者金融ではアウトと判断する審査基準が似ている部分があったりするため、

 

・コンピューターが審査基準に合わないと判断したらアウト

 

とされてしまい、それで審査が終了してしまいます。

 

ライフティも《この場合はアウトという審査基準》はもちろんありますので、その審査基準に合わなければ審査は通りません。

 

ですが、ライフティ独自の審査基準が設定されていることにより、銀行や大手消費者金融では審査が通らなかった場合でも、

 

・審査状況によっては審査に通る可能性がある

 

ということがあります。

 

ただし、あくまでも審査基準に満たしていることが絶対条件であり、どんな人でも利用できるというわけではありません。

 

ですので、その点はご注意ください。

 

アルコシステム

 

創業20年以上という実績のある消費者金融のアルコシステム。

 

こちらも独自の審査基準により、銀行や大手消費者金融での利用ができなかったとしても、一定の条件次第では利用可能となる場合があります。

 

もちろんですが、アルコシステムも誰でも利用可能というわけではありません。

 

上記の2社を本ページではお伝えしていますが、先程もお伝えしましたように、返済の延滞をしている場合は審査に通らない可能性が高いです。

 

他サイトによっては、延滞でも利用可能な消費者金融としていくつかの消費者金融を紹介されているサイトがあります。

 

ですが、その中には、「他社にて返済の延滞がある方は利用できない」といった旨のことをしっかりと明記している消費者金融もあります。

 

このように、返済の延滞や滞納をしている対象者には厳しい判断がされてしまうということを覚悟なさってください。

 

自身がブラック対象になっているかという確認は自分でもできるの?

お金借りる 延滞

あなたご自身がブラック登録されているかどうかをご自身で確認する方法というのはあります。

 

その方法とは、信用情報機関にて確認するという方法です。

 

ブラック対象者と判断されることがあった場合、信用情報機関に個人の信用情報として登録されます。

 

銀行や消費者金融などは審査を行う際、この信用情報を判断の目安としています。

 

ですので、ここでブラック登録されていれば審査に通らない可能性が高くなります。

 

このブラック登録がされているかどうかを、あなたご自身も信用情報機関にて確認することができます。

 

信用情報機関には「CIC」と「JBA」、「JICC」の3ヶ所があり、各それぞれでは、

 

・CIC…「クレジットカードに関する情報」

 

・JBA…「銀行に関する関連(カードに関する情報も含みます)」

 

・JICC…「消費者金融に関する情報」

 

といったことを確認することができます。

 

あなたご自身に心当たりがある対象に関する情報に合わせて、各信用情報機関をご利用なさってください。

 

各信用情報機関のホームページにて、信用情報を確認する方法の詳細が記載されています。

 

「JBA」に関しましては、《JBA》という言葉だけで検索した場合、日本バスケットボール協会などに関することが主に検索結果に表示されます。

 

ですので、《JBA 銀行》という言葉で検索されると「全国銀行協会」のホームページが出てきますので、そちらをご覧になってください。

 

返済の延滞や滞納の情報は消えないの?

お金借りる 延滞

返済の延滞や滞納などに関する情報ですが、一定期間後に消えます。

 

その一定期間というのは、長期延滞などの場合は「5年間」となっています。

 

長期でない場合も「1年〜数年」は情報として登録されます。

 

この情報が消えるのは、長期延滞などのトラブルを解消したと判断されたときから「5年間(または1年〜数年)」となります。

 

長期延滞などの情報が消えない間は、基本的には銀行や消費者金融での審査はまず通らないと思ってください。

お金借りる時の延滞に関するまとめ

お金借りる 延滞

お金を借りる際に延滞している場合では、銀行や消費者金融を利用できる可能性は低いです。

 

ただ、あなたの現在の状況次第によってはお金を借りることができる可能性もあります。

 

ですので、まずは本ページでご紹介した消費者金融へご相談なさってみてください。

 

過度な期待はされないほうが良いですが、ご相談内容によってはご利用になることができるかもしれません。