江戸川区でお金借りる方法ってあるの?

江戸川区 お金借りる

『江戸川区でお金を借りる方法ってあったりするのかな?』

 

あなたはこのように思われてはいませんか?

 

毎日の生活の中では様々なことが起きることがあるため、お金のことで頭を抱えてしまうことってありますよね。

 

・突然、旦那が減給された(もしくは解雇された)

 

・今月の家賃や光熱費が払えない(もしくは支払いがすでに滞っている)

 

・賃貸契約の更新が近いけど、そのためのお金がない

 

・スマホや利用しているサービスなどの支払いができない

 

・今までなんとか頑張ってきたけど、今の生活を維持していくのは限界

 

など、実に様々なことが起きたりします。

 

そういった時にあなたご自身が住んでいる江戸川区でお金を借りる方法があれば良いですよね。

 

本ページでは、江戸川区でお金を借りるための方法についてお伝えしていきます。

 

お金のことで悩まれている現状を乗り切るためにも是非チェックなさってみてください。

 

江戸川区でお金借りるためにはどうすると良いの?

江戸川区 お金借りる

江戸川区でお金を借りる方法ですが、まずはじめに江戸川区役所をご利用になる方法からお伝えしていきます。

 

ただ、一言で江戸川区役所からお金を借りると言っても、あなたの現在の状況によって利用する制度が異なってきます

 

ですので、

 

あなたが一時的にお金を借りる必要があるのか?

 

それとも、継続的に支援が必要なのか?

 

といった状況別に合わせて利用できる制度をご紹介していきます。

 

はじめに、一時的にお金を借りる必要がある場合の状況に関することからお伝えしていきます。

 

継続的に支援が必要な状況に関する記事をご覧になられる場合は、以下をクリックされることで該当記事に飛ぶことができます。

 

⇒ 継続的に支援が必要な状況に関する記事を読む

 

 

それではまず、あなたが一時的にお金を借りる必要がある場合の状況についてのお話しからさせていただきますね。

 

一時的にお金を借りる必要がある場合

江戸川区 お金借りる

あなたの状況が一時的にお金を借りる必要があるという場合、江戸川区役所を利用してお金を借りる制度では、

 

生活一時資金貸付

 

といった制度があります。

 

生活一時資金貸付

 

生活一時資金貸付は、

 

急な出費があったため、一時的に生活費を払っていくことが困難な状況にある世帯

 

に対して生活資金を貸し付ける制度です。

 

「一時的」という言葉がありますように、必要なお金を一時的に借りることができれば、今後の生活は立て直せることが見込める世帯が対象です。

 

生活一時資金貸付の内容は、

 

・1世帯…「30万円以内
(※災害、病気、葬儀などが理由の場合のみ1世帯50万円以内となる)

 

・利子…「1.5%

 

・償還期間…「25ヶ月以内

 

・保証人…「必要

 

となっています。

 

上記内容にあります「償還期間」ですが、簡単に言いますと《返済期間》のことだと思っていただければ良いです。

 

生活一時資金貸付を利用する際には審査があります。

 

また、あなたがすでに生活保護を受けていたり、勤務先で生活資金を借りられる制度がある場合は利用できませんのご注意ください。

 

あなたが生活一時資金貸付を利用できるのかであったり、利用できたとしても貸付金額がいくらになるのかはご相談内容によリます。

 

ですので、まずは江戸川区役所にご相談なさってください。

 

ご相談をされる際ですが、

 

・相談受付日…「月曜日〜金曜日(土日祝日は除く)

 

・相談受付の時間帯…午前「8:30〜12:00」/午後「13:00〜17:00

 

・相談窓口…「区民課電話番号:03-5662-6388

 

をご参考になさってください。

 

江戸川区役所でお金を借りる方法として、あなたの状況が一時的にお金を借りる必要がある場合に関しましては以上となります。

 

次に、あなたが継続的に生活の支援が必要な状況にある場合に関することをお伝えしていきます。

 

あなたが読む必要はないと思われましたら飛ばしていただいても構いません。

 

⇒ 公的な貸付制度以外でお金を借りる場合の記事を読む

継続的に生活の支援が必要な状況にある場合

江戸川区 お金借りる

継続的に生活の支援が必要な状況というのは、

 

経済的に困窮していて、今のままではいずれこの先、生活そのものをしていくことができなくなってしまう恐れがある

 

といった状況にあることを示します。

 

上記の状況にあなたが当てはまる場合、「生活困窮者自立支援制度」の利用と連動して貸付制度を利用することができます。

 

生活困窮者自立支援制度というのは、先ほどお伝えしました《継続的に生活の支援が必要な状況》にあなたがある場合、

 

専門の相談員があなたの生活や就労に必要な支援を行う

 

といった制度です。

 

以下にお伝えする貸付制度を利用する場合は、生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用が原則として条件となっています。

 

ですので、生活困窮者自立支援制度を利用することの相談をされることからまず先に行ってください。

 

生活困窮者自立支援制度利用のご相談に関しましては、あなたがお住いの地域によって相談受付窓口が異なります。

 

各相談受付窓口は、

 

■区民課管内の北部や小松川事務所管内にお住まいの場合

 

・「くらしごと相談室中央電話番号:03-5662-0085

 

■小岩事務所や東部事務所、鹿骨事務所管内にお住まいの場合

 

・「くらしごと相談室小岩電話番号:03-5876-7730

 

■区民課管内の南部や葛西事務所管内にお住まいの場合

 

・「くらしごと相談室葛西電話番号:03-5659-6626

 

となっていますので、あなたがお住いの地域に合った相談受付窓口にお電話なさってください。

 

それでは以下に、継続的に生活の支援が必要な状況にある場合に利用できる貸付制度をご紹介します。

 

総合支援資金

 

総合支援資金は、離職や減収などによって日常生活が困窮している世帯に対して、継続的な支援や貸付を行うことで生活再建をサポートする制度です。

 

あなたが総合支援資金を利用する場合、上記でお伝えしました「生活困窮者自立支援制度」による継続的な支援を受けることを同意する必要があります。

 

総合支援資金に関しましては、あなたの状況によって利用できる制度が細かく分類されています。

 

ですので、あなたの現在の状況を正しくお伝えすることにより、本当に今あなたが必要な制度を受けることができるようになります。

 

そのため、ご相談をされる際は、嘘偽りなくあなたの正確な状況を伝えるようになさってください。

 

正確な状況を伝えなかったり、虚偽申告をした場合、

 

あなたの現在の状況に対して適切な制度が受けられない場合がある

 

嘘がバレた時は総合支援資金の利用ができなくなる

 

というように何一つ良いことはありませんので…。

 

総合支援資金の相談窓口は江戸川区役所ではなく、

 

江戸川区社会福祉協議会「03-5662-5557」

 

となります。

 

ただ、総合支援資金を利用する際ですが、

 

申し込みを行ってからお金を借りられるまでに「約1ヶ月」かかる

 

ということがあります。

 

そのため、緊急ですぐにでもお金を借りたいという場合はその融資スピードがネックになってしまいます。

 

とは言え、あなたの生活を再建するための支援をしてくれるが総合支援資金です。

 

生活の立て直しを図り、新たな生活を送っていきたいと思われていましたら、総合支援資金のご利用をご検討なさってみてください。

 

緊急小口資金

 

緊急小口資金は、所得の少ない世帯が、緊急かつ一時的に生活に困窮している場合に利用できる制度です。

 

緊急かつ一時的とありますように、緊急小口資金はあくまでも一時的にお金に困っている世帯のみが対象となります。

 

そのため、収入がなかったり、収入が少ないことで常に生活全般が困窮している世帯は利用対象外となります。

 

また、生活保護を受けていたり、多額な負債を抱えている場合や返済が滞っている世帯も緊急小口資金を利用することはできません。

 

上記のようなことから、緊急小口資金は本来であれば、継続的に生活の支援が必要な状況にある場合にご紹介する制度としては適切ではないと思われるかもしれません。

 

ただ、緊急小口資金も総合支援資金と同様、「生活困窮者自立支援制度」を利用し、その後も継続的な支援を受けることを同意している方が対象となっています。

 

ですので、生活困窮者自立支援制度を利用するという点では同じであるため、相談内容によっては利用できる可能性もある制度としてご紹介しています。

 

緊急小口資金は公的な貸付制度の中では融資スピードが早いのが特徴です。

 

その融資スピードは、

 

申し込み後、お金を借りられるまで最短で5営業日

 

となっています。

 

総合支援資金の融資スピードが「約1ヶ月ほど」ですので、その早さはかなり早い方と言えるでしょう。

 

緊急小口資金の内容は、

 

・貸付限度額…「10万円以内

 

・利子…「無利子

 

・返済期間…「12ヶ月以内(※据置期間は2ヶ月)

 

・連帯保証人…「不要

 

となっています。

 

緊急小口資金は、連帯保証人が不要でありながら無利子となっています。

 

そのため、本当に緊急的にお金が必要な状況の場合においてはありがたい制度と言えるでしょう。

 

緊急小口資金のご利用に関するご相談窓口は、

 

江戸川区社会福祉協議会「03-5662-5557」

 

となります。

 

お伝えしてきました「総合支援資金」と「緊急小口資金」の相談窓口は江戸川区役所ではなく《江戸川区社会福祉協議会》となっています。

 

ですので、お間違いのないようになさってくださいね。

 

公的な貸付制度以外でお金を借りる場合は?

江戸川区 お金借りる

これまでは、江戸川区役所など公的な機関を利用してお金を借りる方法をお伝えしてきました。

 

ただ、公的な貸付制度を利用する場合、

 

お金を借りられるようになるまでにはある程度の期間がかかる

 

制度によっては、「生活困窮者自立支援制度」を利用し、その後の支援を受け続けることに同意する必要がある

 

といったことがあります。

 

そのため、今すぐにでもお金が必要な場合であったり、生活困窮者自立支援制度の利用に関することがそもそも正直面倒くさい…。

 

などのことがあなたにある場合、公的な貸付制度の利用はおすすめできません。

 

その場合は、消費者金融のご利用をお考えになられてはいかがでしょうか。

 

消費者金融は即日融資が可能となっていますので、今すぐにでもお金が必要な状況にあなたがある場合にはあなたの助けになってくれることでしょう。

 

また、消費者金融が定めている利用対象者というのが、

 

安定した収入が継続的にある方

 

となっています。

 

つまり、毎月一定の収入があれば利用できるということです。

 

職業に関しましても、毎月一定の収入があるのであれば、正社員以外にもアルバイトやパートの方でも利用できます。

 

もし、あなたが今後の生活に関して相談支援を行ってくれることを望まれるのであれば、公的な貸付制度を利用されたほうが良いです。

 

ですが、

 

『相談支援とかよりも、とにかくすぐにでもお金が必要なの!』

 

ということでしたら、消費者金融のご利用をお考えになられてみるのも一つの方法です。

江戸川区でお金借りることに関するまとめ

江戸川区 お金借りる

江戸川区でお金を借りる方法を本ページでお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

本ページでもお伝えしていますが、あなたが、

 

今後の生活に関する相談支援なども受けながら生活の再建を図りたい

 

ということでしたら公的な貸付制度を利用されたほうが良いでしょう。

 

公的な貸付制度を利用するためには細かい条件などがあったり、お金を受け取るまでにある程度の期間待たされるということもあるにはあります。

 

あるにはありますが、あなたがそれらを受け入れてでも何とか生活の再建を図りたいということでしたら、

 

・公的な貸付制度はあなたにとって心強い存在

 

となってくれることでしょう。

 

ただし、今お伝えしてきたことがあなたにとってマイナスに働いてしまうということでしたら公的な貸付制度の利用はおすすめできません。

 

すぐにでもお金を用意する必要があるという状況の場合では、公的な貸付制度よりも消費者金融をご利用されたほうが問題を解決できる場合もあります。

 

当サイトでは、消費者金融の中でもおすすめの所をご紹介しています。

 

もし、消費者金融のご利用をご検討される場合は、当サイトをぜひご参考になさってみてください。

 

⇒ お金借りる前に比較チェック!