どうしてもお金借りたいんだけど…

どうしてもお金借りたい

『どうしてもお金を借りたいんだけど、どうしたら良いんだろう…。』

 

あなたはこのように悩まれていませんか?

 

お金がすぐにでも必要となって、どうしてもお金を借りたい時というのは本当に切羽詰まっているといった緊急な時だったりしますよね。

 

毎月の生活費の支払いがもうすぐだけど、そのためのお金が足りない

 

今月の支払いが多いため、なんとかお金を工面しないといけない

 

収入が普段よりも減ってしまった

 

など、様々な事情によりどうしてもお金を借りたいという状況にあなたはおられるかと思います。

 

本ページでは、どうしてもお金を借りたい時におすすめの方法をいくつかご紹介しています。

 

今のあなたの状況を乗り切るためにぜひ本ページをご参考になさってみてください。

 

どうしてもお金借りたい時の方法には何があるの?

どうしてもお金借りたい

どうしてもお金を借りたい時の方法を本ページにていくつかお伝えしていきますが、まずはじめに消費者金融のご利用を検討されることをおすすめします。

 

なぜなら、消費者金融では即日融資に対応しているからです。

 

即日融資を希望するなら消費者金融を利用する

 

お金を借りることができる所というのはいくつかありますが、その中でも即日融資に対応しているのは消費者金融だけです。

 

あなたがお申し込みをされたタイミングによっては翌日の融資になってしまうこともありますが、それでも素早い融資を受けられるのが消費者金融です。

 

そのため、もしあなたが今日中や数日以内にどうしてもお金を借りたいということでしたら消費者金融のご利用をご検討なさってみてください。

 

とは言え、消費者金融といきなり聞かされても不安に感じられるところもあるかと思います。

 

消費者金融のイメージというのがどうしても悪いですからね…。

 

もしかしたらあなたも、

 

『消費者金融を利用すると犯罪に巻き込まれるんじゃないの?』

 

『無茶苦茶な取り立てをされるんじゃないの?』

 

というようなイメージをお持ちかもしれません。

 

ここで隠しても仕方がありませんのでこれまでのことをお伝えしますと、確かに昔は厳しい取り立てなどが行われていました。

 

ですが、現在は法律が改定されて健全な営業を行うことが義務付けられています。

 

ですので、厳しい取り立てなどが行われることはありません

 

また、何かしらの犯罪に巻き込まれるかもしれないという不安もあるかと思いますが、大手消費者金融をご利用になればそのような心配はありません

 

消費者金融も大手や中小など様々な所がありますが、中小の消費者金融の中には怪しい所がまだなお存在しているのが現状です…。

 

そのため、より安全に消費者金融を利用したいということでしたら大手の消費者金融をご利用されたほうが良いでしょう。

 

当サイトでは、大手消費者金融の中でもおすすめの所をご紹介しています。

 

おすすめする理由など、各消費者金融の特徴をお伝えしたりしていますので、よろしければ以下のページをご参考になさってみてください。

 

⇒ お金借りる前に比較チェック!

銀行の利用も検討してみる

 

消費者金融以外にお金を借りる方法として、銀行カードローンを利用するという方法もあります。

 

ただし、銀行は消費者金融のように即日融資には対応していません

 

そのため、今日中にどうしてもお金を借りたいという状況にあなたがある場合には銀行のご利用は最適とは言えません。

 

また、最近は銀行によっては融資スピードが消費者金融に近い所もありますが、必ずしも早く融資を受けられるとは限りません。

 

ですので、より早くお金を借りることを希望されるのでしたら、消費者金融をご利用になられたほうが良いでしょう。

 

消費者金融や銀行を利用できない場合の方法は?

どうしてもお金借りたい

これまでお伝えしてきました消費者金融や銀行カードローンですが、

 

毎月の返済をしっかりと行っていくことができる定期的に安定した収入があなたにあること

 

というのが、利用するために必要な条件となっています。

 

また、必要な条件だからだけでなく、実際にあなたのことを考えましても「返済していくための収入」がなければあなたが大変な目に遭ってしまいます

 

消費者金融などを利用しても返済していくための収入がなければ、最悪の場合、自己破産などをすることに繋がっていってしまいますからね…。

 

もし、あなたが収入が激減されたり、無職になられたという状況の場合でしたら、消費者金融などではなく国の制度をご利用なさることをおすすめします。

 

国の制度の中には、収入の激減や無職になったことにより「生活が困窮してしまっている方」を対象に行っている融資制度があります。

 

融資制度と言っても、国の融資制度は消費者金融や銀行などのように利子による利益を追求しているわけではありません。

 

そのため、無利子やかなりの低利子で融資を行っていますので、利子によるあなたへの負担はできる限り減らすことができるようになっています。

 

また、制度によっては、あなたの生活の再建までをサポートしてくれる制度などもあります。

 

他にも、あなたが無職の場合には再就職のサポートを行ってくれる制度もあります。

 

ですので、再就職を望まれるのでしたら、そのような制度を利用されるのも一つの手です。

 

お伝えしていますように国の制度は様々な制度がありますが、利用できるようになるまでにある程度の期間がかかってしまう制度が多いのが現状です。

 

ただでさえ、今のこの時期は新型コロナの関係ですぐにでもお金が必要なこともあるのに、利用できるまでにある程度待たされてしまうのは辛いですよね。

 

ですが、国の制度の中には本当にお金がすぐにでも必要という緊急な方のために、お金を借りられるまでの期間が比較的早い制度があります。

 

その制度というのが「緊急小口資金」という制度です。

 

緊急小口資金は、新型コロナウイルスの影響により、

 

仕事が休みになった、もしくは失くなったことにより収入が減ってしまった

 

という方を対象にお金を貸してくれる制度です。

 

※仕事があっても、新型コロナウイルスの影響で収入が減少しているという場合も対象となります。

 

お金を貸すという融資制度となっている緊急小口資金ですが、無利子となっていまして、保証人も必要ありません

 

さらに、「お金を借りてから1年間は返すことができなくても良い」という据置期間が設けられています。

 

もちろんお金を借りるわけですので、最終的には借りたお金を返済しなくてはいけませんが、借りてから1年間は返済しなくても催促はされません。

 

すでに何かしらの休業補償などを受けている場合は対象外となってしまいますが、休業補償などを受けていない方であれば申し込むことができます。

 

また、緊急小口資金は利用対象者の条件に該当すれば、正規の方や非正規の方などの雇用形態に関係なく申し込めます。

 

緊急小口資金の申込先は「あなたがお住まいの市区町村の社会福祉協議会」となりますので、詳細は各社会福祉協議会でご確認なさってみてください。

 

社会福祉協議会の連絡先を調べられる場合は、

 

〇〇市社会福祉協議会

 

というように、あなたがお住まいの市区町村を当てはめて検索されると、該当の市区町村のホームページを見つけられると思います。

 

国の制度に関しましては以下のページで詳細をお伝えしていますので、よろしければご参考になさってみてください。

 

⇒ 国からお金借りる方法ってどんなものがあるの?制度別に詳しく解説!

 

どうしてもお金借りたい時でも注意しないといけないこと

どうしてもお金借りたい

「消費者金融」や「銀行」、「国の制度」のどれを利用するにしても、利用する前に気を付けないといけないことがあります

 

それでは、どんなことに気を付けないといけないのかを以下にお伝えしていきます。

 

お金を借りる理由をハッキリとしておくことを心がける

 

「なぜ、お金を借りる(制度を利用する)必要があるのか?」

 

といった理由というのは必ずと言っていいほど聞かれます。

 

そのため、あなたがお金を借りなくてはいけない理由をハッキリと伝えることができるようにしておかなくてはなりません。

 

つまり、借りたお金をどう使うのかといったお金の使い道ですね。

 

『ただ何となくお金を借りたいから。』

 

などの理由では、まず融資をしてくれることはありません。

 

ですので、お金を借りる理由をしっかりと伝えられるようにしておくことが大切です。

 

もちろんですが、虚偽の理由を伝えるのは絶対にやめましょう

 

虚偽申請がバレた場合は審査に通りませんし、罰則が適用される可能性もあります。

 

仮に上手く審査を切り抜けたとしてもその後に虚偽申請がバレた場合には、当然ですが、借入金額の全ての返還を求められます。

 

そんな事になってしまっては、結局のところ困ってしまうのはあなたとなってしまいますので、虚偽申請は絶対にしないようになさってください。

 

落ち着いて申し込みを行うこと

 

どうしてもお金を借りたいという状況では、「少しでも早く」といったように《焦る》という気持ちになりやすかったりします。

 

ですが、気持ちが焦っていると、

 

提出する書類が足りなかった

 

申込書類に誤記入があった

 

などのミスをしてしまう可能性が高くなってしまう傾向にあります。

 

そのため、申し込みを行う際には、

 

提出に必要な書類などはどんな物を揃えないといけないのか?

 

申込書類に記入ミスはないか?

 

といったことをしっかりと確認することが大切です。

 

特に国の制度を利用される場合は、必要な提出書類が多かったりしますし、申込書の記入が複雑だったりすることがあります。

 

ですので、事前に必要な提出書類などの確認は各制度の担当窓口などでしっかりと行うようになさってください。

 

国の制度を利用されるうえで、どうしてもあなたご自身では必要な書類を揃えることや申込書の記入が大変でしたら、

 

行政書士への相談

 

をご検討なさってください。

 

行政書士は、国の制度を利用する際の手続きに必要な書類作成や相談などを行ってくれます。

 

国の制度を利用する際に必要な書類作成などは本当に大変ですので、始めから行政書士に任せるというのも一つの方法です。

 

行政書士に関することや、あなたがお住まいの地域の行政書士をお探しの場合には「日本行政書士会連合会」のホームページにてご確認いただけます。

 

⇒ 「日本行政書士会連合会」の公式ホームページを確認する

 

 

確実にあなたと連絡を取れるようにしておくこと

 

落ち着いて申し込みを行うということに関することで、上記では必要な書類を揃えることや申込書類の記入ミスには気を付けましょうとお伝えしました。

 

ですが、申し込みを行う際に注意すべき重要なことがもう一つあります。

 

それは、あなたご自身の連絡先を正しく記載することです。

 

連絡先が正しく記載されていないことにより「申込者との連絡が取れない」といったことというのは実際には結構あったりします。

 

申込者本人との連絡が必要なことがあった場合、連絡が取れなくては申し込み手続きを進めることができなくなってしまいます。

 

そのため、再度申し込みを行わないといけないといった二度手間となり、結果的にお金を借りられるまでの期間が伸びることに繋がります。

 

最悪の場合、連絡が取れないことにより、あなたが虚偽申請をしたとみなされて審査落ちになることも…。

 

そういったことを防ぐためにも、申し込みを行う際には、

 

申込書にあなたご自身の連絡先を正しく記載できているか?

 

ということをしっかりと確認されるようになってください。

どうしてもお金借りたい時に関するまとめ

どうしてもお金借りたい

どうしてもお金を借りたい時におすすめの方法を本ページにてご紹介してきましたが、ご参考になりましたでしょうか。

 

できる限り素早くお金を借りることを希望されるのでしたら、

 

即日融資に対応しているなど融資スピードが早い消費者金融

 

のご利用をご検討なさってみてください。

 

もし、あなたが消費者金融や銀行などをご利用になれない場合は、国の制度をご利用になられることをお考えになられてみてください。

 

国の制度は申込みの手続きが大変だったりしますが、困窮している生活の再建をサポートしてくれる制度などがあります。

 

ですので、

 

『消費者金融などの利用はできないけど、どうしてもお金を借りたい!』

 

という場合は国の制度をご利用になられてみてください。

 

お金をすぐにでも用意しないといけない時というのは気持ちが焦ってしまいがちですが、できる限り落ち着いて申し込みを行うことを心がけてください。

 

申し込みに必要な書類が揃っていなかったり、申込書に記入ミスがあったりしますと、再度窓口に足を運ぶことになったりと手間が重なってしまいます。

 

手間が重なればその分、お金を借りられるまでに余計に期間がかかってしまいますので、お申込みをされる際は記入ミスなどには十分にご注意くださいね。